☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 合気道は和合のm(ry3 | TOP | 植民地が世界を救っていた >>
相手の世界を奪うこと
ることが多すぎて顧客満足なんて考えてらんねーよ。
必要なのは、「世界」のこと、しかもむしろ、世界を「奪う」こと、向こうの世界をなくすこと。
向こうの世界とこっちの世界がぶつかると、たいへん居心地の悪い、見るに堪えないものになってしまうからな。
おれがまともなことを話す必要はない、それよりは、少しでもかっこよさがあるほうがマシだ、かっこいい人ってのは、失った世界を取り戻させてくれる人のことだ/そのためにはまず、世界を「奪う」ことが大前提になる。

どうしようもないバカだっているよ、このご時世だから。
でも、そのことは問題じゃない、共に生きているのだから、なんであれ助け合わなくちゃいけない、こちらは向こうにとって一番必要なものを提供しているんだから……そのことについては、傲慢に、さらに、もっと高い能力と集中力を持とうとおれは思っている。
観客のこころを掴むって、よくそういう言い方をされるけれど、そうじゃないんだ、それ以前に、奴らを観客に「してやる」ということが大事なんだ、観客にしてやるということは、向こうの世界を奪ってやるということだよ、向こうの世界が残っていたら向こうはジタバタして観客になれないもの/観客になれなかったら、もう何も入ってこないんだよ。
だから、アメリカ人や、とにかく西洋人のほうが、映画を作るのはうまいんだ、なぜなら植民地政策を敷いてきた歴史があるからだよ、この植民地マインドが必要なんだな、単なる帝国主義じゃない、植民地を持って当地の人々を植民地の民にしてやるという発想が常識レベルに必要なんだ、むろん今は政治や戦争の話をしているのじゃない。

植民地が世界を救う。

だからこの文章だってマシだろ? こんがらがった、世界ではない世界の容れ物にすぎないものを、とっぱらって本当の世界を与えてやるには、まず向こうの持っている世界を奪って、世界をなくしてやることが必要なんだ、それで初めて赤子のようにもう一度世界に出会うことができる/何度でも繰り返すぞ、最重要なのは、相手の世界を「奪う」ことだ、世界は二つも要らないんだから。
ここでは何のドラマも始まらねえよ、だって、ドラマよりもっと大事なものを与えているからだ、ドラマってのは基本的に飾りなんだよ、世界がぶつかったまま味付けの濃いドラマを見せつけられることほど不快なことはないものだって、まともな奴なら誰だって気づいているもんだぜ。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |