☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 主体2 | TOP | さっさと整合させるための愛の仮説 >>
メモ、「男は女を抱くものだ」
にも伝わりようのない話だが、本質的なことなのでメモ書き。
男は女を抱くものだ、それはペニスとかヴァギナの話ではなく。
霊魂のレベルで、まあこれは錯覚や妄想であってかまわないが、僕のような特殊な感覚が使える奴の場合、すれ違っただけの女をそのときに抱けるな、これは僕だからではなく「男だから」ということのようだ、男と女の霊魂ウンタラということなのだろう。
だからといって、別に何ということでもないが……ペニスやヴァギナは後付けのものであって、先に霊魂で抱いたり交わったりしているな、これはすれ違っただけでも起こるので、これなら女を抱くといって、何万人という数が稼げるじゃないか、数を稼いでどーすんねんとは思うけれども、僕はバカなのでそんなことばかり考えている。

男は、男の、肩を叩いたり、胸を打ったりするだろう。
大人は嬰児を、慈しむだろう。
ガキに対してはどうかというと、このところガキとはすれ違っていないのでわからない。
これは「気」ではなく、出会ってふれあう感触があるのは、やはり霊魂のものだな、まあうさんくさいったらないが、誰かに伝えるための話じゃないからいいだろう、すれ違っただけの女とそのときまぐわうことができる、男と女だから/ちなみに、このまぐわいはペニスやヴァギナを介さないのでセクハラにはなりません、ただ向こうはフウッと身が軽くなるもよう、マイナスにはならない(なるならやらない)、男と女だから。

霊魂のレベルでは、この世界そのものとまぐわって生きられるもよう。

僕が初対面の異性に、初めっからベタベタするのを見て、「なぜこんなことが許されるんだ?」「なぜいきなりこんなことをしているのに、『何も起こらない』んだ?」と不思議に感じた人がいると思うが、どうやら仕組みはこれらしい、身をもってベタベタするよりずっと前に、もうさっさと霊魂の側ではまぐわっているからのようだ、「もうヤッてしまったから今さら……」ということで、「何も起こらない」ということになるもよう。
この件については、男性陣はその極意を知りたがるに違いないが、三百万円を納付してくれたら、その方には「うん、キミにはそんなことできねーから」と耳打ちしてあげよう/スケベカルマが発動するようでは、霊魂なんてずいぶん後回しになるわけで、そこは話が逆だ、チンコマンコがしたい人は、それによって霊魂が閉じ込められているということなのだ、つまりチンコマンコをしたがる人というのは、僕ほど女の子のことが好きではないのだろう、僕などはチンコマンコ以前にタマシイが飛び出してしまうほど女の子が好きだから、そんなことが起こってしまうということなのだった。
えっちはいいよな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |