☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 是正は悲劇を縮小するが幸福をもたらしはしない2 | TOP | 是正は悲劇を縮小するが幸福をもたらしはしない4 >>
是正は悲劇を縮小するが幸福をもたらしはしない3

っと簡単に話をすると、たとえばあなたが女性だったとして、あなたが僕の目の前にいたとしよう。
そのとき、僕があなたを、差別的に扱ったとしても、あなたは幸福にならないし、平等的に扱ったとしても、あなたは幸福にならないだろう。
僕があなたを、「姫」のように扱ったら、一時的にあなたは浮かれて満足するかもしれないが、そういった満足が人を幸福に至らしめることはけっきょくない、翌朝の頭痛で一気に本質的不幸を思い出すだろう。
あなたが幸福になりうる道筋は唯一、あなたが僕を愛し、僕があなたを愛し、あなたが世界を愛し、僕と共に世界を愛して歩くことだ。

男女平等と男女格差を、フライパンの上で次々にひっくり返しても、次第に両面が焦げていくだけで、そのことは避けようがなく、できることはただの時間稼ぎでしかない。
事実、僕が大切な女性に、靴磨きをさせても、その後オステルリーにエスコートしても、どちらのときもその女性は幸福だ、それがその女性の幸福にならないなら、僕はその女性との時間を持たないだろう、僕は男尊女卑といわゆるレディーファーストを同日のうちに入れ替えても何の破綻もしない。
幸福な女は、ただ僕によって幸福なだけで、僕による格差で幸福なのではないし、僕による平等で幸福なのでもない、そして不幸になる女は、ただ不幸の海に向けて出航するだけで、どの航路に舵を切ってもやがて不幸の海に到着することは変わらない。
「不当」は、さっさと「是正」されたらいい、「悲劇」なんて可能なかぎり縮小するべきだからだ、だが不当の是正はけっきょく不幸な人々をまったく救済はしないだろう、あなたはただ僕の前で、愛せないし愛されない、という事実に虫食まれていくだけだ。

誰かがあなたに、「ビューティフル」とは言ってくれない。

それはただの不幸であって、悲劇でも何でもない、いかなる不当を是正したとしても、あなたに「ビューティフル」と言ってくれる人はいないだろう、それは「ビューティフル」ということをあなたがナメすぎだからだ/僕だってなんとかそのように言ってもらえることがあってほしくて、これまでさまざまなことをして生きてきたが、その中でますます、「ビューティフル」なんて身分が遠いことを痛感する。
誰もわたしに、ビューティフルとは言ってくれないということは、激しく悲しいことだが、だからといってそれは「悲劇」ではない、あなたの劇的な感情が悲劇を定義するわけではないからだ。

視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |