☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< WS報告007(1) | TOP | WS報告007(3)/「長かった」 >>
WS報告007(2)

回思うが、ワークショップの後は、全身全霊を「使い果たした」感があって、「もうアカン」と気を失うように眠るのに、数時間後にはパンパカパーンというように目が覚めるのだ、これは休憩とか恢復という次元じゃねえな、何か毎回新しく誕生したかのように起床するわ。
これから麻婆豆腐を食ったら、まーた今日もアレがおっ始まるわけだが、なんというか、例によっておれは冷静だ、冷静だが、日常的なことをするのでは、けっきょく何の足しにもならないだろう、もう他人がどうこうの問題じゃないな、おれはおれの出会うべきおれと出会うべきであって、その他のことはノイズでしかない、まるで冷血漢センセーみたいだがそういうことじゃない、そういうまともな奴を見ない限りは最終的な足しにはならんってことだ。
「ワークショップ」「教室」という言い方にはいつまでたっても慣れないが、おれはワークショップだから気合いを入れているのではない、おれは自分の一日を無駄にしたことがないのだ、おれにとって二十四時間とは時間のことではなく遊興費のことだ。
マジメは特にないし、青春ごっこもありゃしねえ、スピリチュアルなんか論外で、運動は運動マンのものだよ、じゃあおれは何をやっているのかというと、おれはまた、新しいどこかに行きたいだけなんだろう、「大切なこと」の一切は他人に任せるようにおれはしている、おれはどーでもいい不必要な、しかしおれだけが知っているうつくしいものだけを担当する、そのおれのわがままを貫くことだけが、おれのできる最大の社会貢献だと思っている。

いろんな人に、いろんな悩みがあって、どういう悩みがあるのかというと、悩みはない、そいつらにとってあるだけで、おれに悩みはない。
悩んでいる人は、悩みのある世界、つまりワタシという世界の中に住んでいて、その世界から呪いや嫉み・僻みが消え去ることはない、別にそれが悪いというわけじゃないだろうし、その世界で何が起こっているのかは僕は知らない、僕はわざわざそんな世界に留学する必要がないからだ、僕はパスポートを持っているがその世界に行くつもりはなく、彼らは自分の世界を出たいのだがパスポートを持っていないので外の世界には出られない。
解決策は、あるのかもしれないが、ないのかもしれないな、解決策がない、ということも大いにありうる、ただ僕がいつも思うのは、「解決しちゃったらもうお前じゃないよ」ということだ、それはただ文言のままで、別に永遠に苦しんでいろと言っているわけじゃない、「解決しちゃったらもうお前じゃない」という、ただそれだけのことだ、どうせ理解不能かもしれないが、理解しちゃったらもうお前じゃない。
そういえば昨夜は、なんだかんだ、十二人も来てくれたんだな、例によってそんなアホなことをして朝まで過ごしている集団は、世田谷公園の中でわれわれだけだった、あるいは世田谷区全域でわれわれだけだったのかもしれない、あるいは二十三区内、あるいは東京? あるいは日本とか、アジア、世界……となって、僕のほかにどれだけ同レベルのアホがいるのかはよくわからない、ただ僕は天才でセンスがあって女にモテてこころがあって超絶カッコよかったとしても、そんなことは何一つ誇りには思わない、誇りとかいう廃棄物はヨソの国に輸出して、劣等国の人民どもに処理させるようにしている、どうせそれを何に使うのかは僕にはまったくわからない、今夜もまたワークショップがあるのだが、ワークショップが「ある」などという意味不明なことは存在しない。

今こうして、何も欲しておらず、同時に何かがクッソ満足ということは、何かがよかったのだろう。

何がよかったのかはわからないし、そんなものがわかる人間はこれまでブッダを除いて一人もいた試しがないが、僕はいつも世界愛のことを言っていて、世界愛だからいいのだろう、そして世界愛のことはただ世界に伝わればいいのであって、誤解している人はそこを誤解している、ただその誤解をやめてしまったら、もうそいつはそいつではないだろう、別に沈没する船が悪いというわけではない、たたおれがそれに乗船するのは全力でイヤというだけであって、僕は沈没する船を否定はしていない、他人事のニュース記事をつい楽しみにしてしまいぐらいには僕は性格は悪い。
「思い出」ならぬ、「思い先(おもいざき)」という現象があるようで、おそらく今さっきそれを目撃したようだが、まあこれはこれなのだろう、おそらく僕は今さっき、とんでもないものを見たのだ、イヤな感じのものが何一つない世界を見た、世界愛と渾身のセックス(←これに該当する言葉がありうるのか知識がない)をして、そりゃとんでもないことというか、まっとうなことになるだろう、なぜそれを僕が「思い先(おもいざき)」と呼んだのかはさっぱりわからない、それはきっととんでもない何かだったのだが、とりあえず麻婆豆腐を食ってこよう、僕しか知らん空腹とメシがあるからな。

そのほか | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |