☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< かっこよくなくてどうする!!2/自己都合で解体する | TOP | WS報告009(1)/ユークリッド三角形の内角の和は永遠に180度 >>
かっこよくなくてどうする!!3/ガマンクソ顕微鏡

「わたしはブスでアホだけど、マイケルジャクソンはかっこいいよ!!」と言ってみろ。
すると、前半、「わたしはブスでアホ」のほうに、感情の大なりがあり、「マイケルジャクソンはかっこいいよ」のほうには、感情の小なりしかないのだろう。
それが「自分標準」だと言っている、そして言うまでもないが、前半部に感情の大なりがあるのは、この宇宙であなた一人だけであって、他のすべての人は文脈の後半部にしか感情の大なりを持たない/そりゃ当たり前だろ、あなたの「自分標準」は、あなたの「自分」にしか通用していないのだから。
ためしに僕が、「僕はチンカスでアホだが、マイケルジャクソンはかっこいいぜ!!」と言ってみたとする、そうするとどう考えても、前半部に感情の大なりはない、そりゃあたりめーだろ、マイケルジャクソンのかっこよさに比較して、僕のチンカスぶりに何の大なりがあるんだ、そんな芥子粒みたいなもんは顕微鏡でも持ち出さないかぎり注目の方法はないのだ。

この現象を、ガマンクソ顕微鏡という、本当はこの話は別の機会にしようと思っていたのだが、まあいい、「我慢」というのは読んで字の如く、「吾我の驕慢」を意味している、だからガマンにガマンを重ねて生きてきた人は、吾我の驕慢に吾我の驕慢を重ねて生きてきたわけで、結果、もう何がなんでも自分のことしか考えない、つまり顕微鏡で自分のことを何百倍にも拡大してオオゴトにするマシーンとなっている、このことをガマンクソ顕微鏡と僕は呼んでいる、「クソ」とついているのはもちろんただの悪口のためだ。
ガマンクソ顕微鏡というのは、まったく誇張ではなくて、マイケルジャクソンのかっこよさには十億人が注目するのに、自分のかっこ悪さには身内や共同体メンバーの十人しか注目しない、しかしそれを等価以上に扱うのだから、ガマンクソ顕微鏡は実に一億倍以上の拡大能力を持っていることになる、こんなもん電子顕微鏡のレベルだ。
どういうことかわかるだろうか? わかるも何も、きわめて単純なことだ、変数XとYを用いて、一般式「わたしはXだけれども、マイケルジャクソンはYだよ」を示したとき、ガマンクソ顕微鏡によって、Xの値は一億倍に拡大されるということだ、こんなデタラメな人生観を俎上に載せる値打ちがどこにありえようか。
このガマンクソ顕微鏡の持ち主は、自分がちょっとおちょくられると、核ミサイル発射!!! みたいな膨大な怒りを持つのだが、一方で今も世界で続いている民族浄化と殺戮のことなどについては、正直何も感じないのだ、そりゃ一億倍に拡大していりゃそんなものかもしれんな/ガマンクソ顕微鏡の持ち主は、これを「なんとかしてください」というのだが、基本的に一億倍ベースを保存したままで何とかしてもらおうとしているので、ムチャクチャだ、本人も自意識過剰を自覚してはいるのだが、それがまさか一億倍などという単位だとは思っていない。

今もなお、ガマンクソ顕微鏡の持ち主にとっては、その持ち主たる自分が主役であり、正当な視力の人のことは注目していない。

見ろ!! ガマンクソ顕微鏡の人にとっては、やはり今も自分が一億倍主役なのであって、「マイケルジャクソンはかっこいい」というようなことは、眼中に入らないのだ、自分のことだけが大なり×大なり×大なり×大なり……であって、他のことはすべて相対的に縮小していくばかりになる。
ガマンにガマンを重ねてきた人は、つまり我慢×我慢×我慢×我慢……としてきたわけだから、その拡大レンズの重なりが外れていくまでは、顕微鏡状態を逃れられない、この人にとってはまったく冗談ではなく、<<自分がメチャクチャ大きく見え、マイケルジャクソンがメチャクチャ小さく見えている>>、自分の日記は東京ドームのようなデカさだが、マイケルジャクソンの歌詞はレシートの裏に書かれているサイズなのだ、これが誇張でなく実寸はさらにデカいと思ってもらって差し支えない、こんな奇怪な「標準」を取られたら、まともな話なんかできっこない。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |