☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< この世の中には当たり前の隠し事2 | TOP | 兵士は兵士の夢を見る >>
「何もできない人々」(何も創り出せない人々)
ろいろあっておれはゴキゲンだ。
ふとわかったのだが、現代、この世の中には、「何もできない人々」「何も創り出せない人々」がいて、この人々が現代に特有の物騒さと喧噪をもたらしている。
「そういう人たち」は、いわゆる批判的な人たちで、攻撃的な人たち、否定的な人たち、また炎上仕手的な人たちだが、それは表面的な行状に過ぎず、本質的には「何もできない人々」「何も創り出せない人々」だ。
「何もできない」「何も創り出せない」から、結果的に「そういう人たち」になっていく(定義)/本人の選択としてそういう人たちになったのではなく、「何もできない」「何も創り出せない」という不能のまま、ウェブ通信端末とトピック群だけ与えられると、自動的に「そういう人たち」になっていくのだ、当人らはその気質と人格を選択したのではなく、その「陥穽」を選択したということになる。

われわれは一般に、すぐれて魅力的なideaをひねり出そうとし、そのideaは共有され、そこにコストが注がれることで、何かが創出される、という生き方をしている。
けれども、「何もできない人々」「何も創り出せない人々」においては、まずideaを持つ機能が不能化しており、当然その共有も不能になっており、何事も注入される「コスト」だけが目につくようになっている、それで「何もかもがダルい」「自分の払うコストにはすべて腹が立つ」「対価なく消費するときだけやや満足する」という気質になる、あるいはそれを己の「信仰」にしてしまう。
現代で目立って流行するものは、たとえば「イベント」に対して便乗的であったり消費的であったり、他人の造作や営為を写真でアップロードしたり、ニュースや新作のアニメを材料に口論したり、あるいは「コスプレ」のように、二次創作的(というよりは、オリジナルに寄生的)であったりする/これらは単に流行しているのではなく、自身が「何もできない」「何も創り出せない」ということから必然的に生じるまとまりとして流行している。
すべてのことは、「お前が創り出せ」と言いつければ明らかになる、「お前のideaを表示しろ」「お前のideaが共有されるようはたらきかけろ」「なるべく最小のコストでそのideaを実物にあらわせ」……/「何もできない人々」という本質は、こうして<<ideaの壇上で頓死する>>ということで明らかになる、「そういう人たち」は、一義選択的に批判と攻撃の物陰に棲みついたわけではなく、<<ideaの壇上に載せられることから逃げるため>>に、そこに棲みついているにすぎない。

常に「告発」で頭の中をいっぱいにしておきたい、という病状に陥る。

常に「告発」で頭の中をいっぱいにしているあいだ、己が「何もできない」「何も創り出せない」というクリティカルなテーマからは目を背けていられるからだ、よってこの当事者は、常時己の保存と防衛のために、「告発」のユニットとして機能していなくてはならない、だからこの当事者は、朝起きた瞬間からすでに、脳が「告発」を探すように機能している/この暮らしは実に暗鬱なようでいて、実はその当事者をディフェンスしている。
賢明な人たちは、あるいは賢明になろうと望む人たちは、このような土壌から生じてくる際限のない「告発」の喧噪を、真に受ける必要はない、それは彼らの呼吸のようなものであって、彼らが「何もできない人々」「何も創り出せない人々」である以上、彼らの溜飲が下がって穏やかな日が訪れるということは決してない。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |