☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 地の者は天の子を奉じたるあり | TOP | 「がまんびと」と「すなおびと」 >>
下の方へ行く奴

う、下の方へいく奴を、言うとったら仕方ないんデ。
ようやっとわかることだが、下の方へいく奴というのは、けっきょくカルマのほうを、偉いと思うておる、カルマこそこの世の真実と思うておるんで、りっぱなカルマの信徒である。
カルマの反対は何であるかというと、まあ光である、愛である、真の世界でもあるし、真の面白さでもある、カルマの信徒はけっきょくこの光に縁が無いんで、光を否定せねゃしょうがなくなる、光に縁が無いもんだから、別のもんで動かにゃならん、それで自分の信じるところで動くしかないものだから、カルマのほうをどうも信仰しよる/カルマのないもんなんかおらんが、それを信仰しよるかどうかは別ジャ。
まあこっそり、趣味もやっとるじゃろうな、あんがい真相いうたらそんなもんかもしれん、隠れキリシタンならぬ隠れカルマタンという具合ジャ、本人は洞窟の奥でこっそり熱心に拝んでおる、それしか自分を救うてくれんのじゃというて拝んでおる。

秘密、秘密、秘密ばっかりジャ、安っぽいエロマンガのような秘密を囲うておる、そりゃ誰でもやっとるような悪趣味を、本人はたいそうな秘密だとて隠しよるから、正体が不明になる、淫靡なワタシがステキと内心でこっそり思うておる、そんなんで光といいよっても公明正大なもんにはなりやせん。
けっきょくなんだかんだ下の方へ行きよる奴というのは、たいそうにかっこうつけて、けっきょくは洞窟の奥で悪趣味を拝んでおるだけであるから、このような奴のことを問答しとっても、いよいよしょうがない、秘密いうて一つや二つならかまわんだろうが、多層に組み立った秘密をヨッコラセと抱えて歩いておるようなものだから、他人とはふれあいようもない、本人はばっちり成り立っているように思うておるが、そのようなばっちりの組み立てをせにゃならんということ自体、己が朝一番から破綻しておるということだ、このあつかましい秘密洞窟の者を都合にあわせて構ってやれる人など存在せん、人を迷い惑わしてからでしか己の話が通じんというのに、気づかぬふりを押し通してもらえると思うのはいくらなんでも根性がドきたない。
秘密、秘密、秘密ばかりをこしらえて積み重ね、その上でやれお礼を言うてみたり神秘をありがたがってみたり、前向きになってみたり感涙してみたりするが、そんなもん秘密を抱えるのが精一杯で、己の身は本当にはピクリとも動いとりゃせん、カルマの信徒が光を見たら、根本はまず逃げ出さにゃならんのだ、自分がやっとることとはずいぶんと違うからである、手放しでよろこべんのは両手に何かを抱えておるからであって、何を抱えているともわからないのは、それを隠しておるからであって、隠しておるのは、自分を上等に見せたいからであって、つまり身のほどより良い思いをしようとしておるので、もうテンヤワンヤになるのだ、秘密が一つや二つじゃのうて十も二十もあるというのにどうして公明正大な何かができようか、自分の信じておる洞窟の億にクリッククリックを重ねていくと一番奥のフォルダにしょうもない信仰が入っておるだろう、淫靡なワタシへの陶酔がけっきょく最奥の信仰にならざるを得んのは、単に世界がド狭いからだ、本人は必死なのだろうが他人から見れば滑稽なだけであって、それでもなお下の方へ行きよる信仰を手放さんのは、もうすでにまともな知能が毒に侵されておるのジャロウ、まず毒を一口啜らんと物も言えんという奴が思いがけずたくさんおる。
色んな人に紆余曲折があるかに思えるが、ほんまは東奔西走をしているふりをして、ただ下へ下へと順調に下っておるのであって、それはただ己が最奥で信仰しておるもののところへ自然とゆくというだけである、むっつりはむっつりを信仰しとるし、淫靡は淫靡を信仰しとるし、陶酔は陶酔を信仰しとるし、シリアスはシリアス、わめく奴はわめくことを信仰しておる、そうは思えんのはもう本人もわからんようになるほど秘密に秘密を積み重ねて隠しておるからにすぎん、図書館でもこっそりスケベを考えておるという奴が大半で、光というのは逆にセクキャバでもこっそり愛や学門を考えておるということなのだが、同じ隠しておる秘密事といっても性質が反対すぎる、よってけっきょく下の方へ行く奴というのは、光のほうへ行く奴のことが「どうもウソだと思えてならん」ので、表面的にそれをなぞったり敬ったり、逆にケンカをふっかけてみたり、あるいは光の言いよったらしいことを暗記してみたりしよる、それでけっきょく時間をかけて、最後はちょっとした淫靡なワタシへころっと転落して、そのときに信仰を果たすのだ、そう前フリを長くしたところで結果はかわらん。

もう秘密を自分でも整理できんようになっておる。

秘密、秘密といって、もう本人も何をどう組み立てて表面を隠したか、構造がわからんようになったので、いずれ死ぬときにならんと自分がなにをやっとったかもわからんのだろう、それはもちろん、当人から見てもけっきょくアホのカタマリのようなことをしてきたわけで、そのときになったら自分でさえなにを必死にこんな秘密やら淫靡やらわざわざカルマを信仰してすべての時間をすりつぶしてきたのか、誰をうらむこともできんで、呆れるしかなくなるのだ、そうなると最後の最後に自分を呪うことになるが、まあそうした果て方は実に不気味な予感がするものである。
物事はシンプルに捉えたほうがよい、それで己が何をしているかというと、けっきょくのところ淫靡なワタシや陶酔のワタシ、あるいはヒステリーやむっつりや、わけのわからんものを信仰しておるわけで、それはけっきょく光がないからカルマを信仰しておるわけだが、何はともあれ己の秘密にしていることなど、本当の本当には見透かされているものだし、隠していたって仕組みの中で作用してしまうものだから、隠しとってもしょうがない、自分が洞窟の最奥で拝み倒しておるもんの結果はきっちり公明正大の場所で明るみに出てくるもんジャ、それを当人は器用に隠しておるつもりでおるが、それはすでにふらふらの酔っ払いが自分の酒気を隠しておるようなもので、隠したところでそう通用しとると信じられるのは自分だけだ、下に行きよるもんというのはずっとそうした一人芝居をえんえんと繰り返しておるものだ。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |