☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 箸が転んでもおかしい年頃 | TOP | 恋あいについて >>
ドラえ○ん「なんでも草〜」
ンデラの指摘する、邪悪の笑いについて、現代ではついに、「草」という言葉を獲得したと言える。
これは、言うなれば、「草」は「アーメン」の反対だ、と捉えればいい、これでたとえば、次のようにわかりやすくなる。
・彼は「草」と言った、友人は添えて「アーメン」と発した。
・彼は「アーメン」と言った、友人は添えて「草」と発した。

だがしょうがないのだ、われわれは「アーメン」なんて言っても、元気が出ない、なんでも「草」と言っておけば、さしあたり元気が出る。
ああ、なぜか、急にやる気が湧いてきたな、もちろん草のせいじゃないよ、自分の所属しているところにピタッと収まれば、やる気が出てくるものだ、みんなも自分の所属するところへピタッと収まればいい。
僕は草を否定しているわけではない、そして愛を否定しているわけでもない、両者はまったく等分に思える、「草も実在するし愛も実在するじゃないか」と僕には思える。
なんでも草といえば草だし、なんでも愛といえば愛じゃないか、そのどちらが本当か、その「本当のところ」を必要としている人もいるだろうが、僕は必要としていない、なんというか、つまり僕は勝手にやっている。

草不可避は、ニュースではない。

なんのこっちゃわからんと思うが、僕はそう言っておきたい、これが核心だから/草不可避は、いつものことであって、ニュースではない、だから報告は要らない。
「なんでも草〜」「うん、知ってる」という感じだ、いやあそれにしても、時代は変わったものだね。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |