☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 数年来のナゾ、「本当にダメな人」2 | TOP | 恐怖心と強さの錯覚 >>
カミサマと相と自己決定
「たとえば、テレビに出ている笑福亭鶴瓶さんなんか、典型的なエビス顔というか、大黒様の顔だね」
「ああいうふうに、何か特定のところに到達した人は、特定の人相になり、特定の姿になっていくよなあというパターンを、昔の人は見てきたんだよ、それでこれは、"何かあるな"と、賢い人が見抜いたんだ」
「人が、単純な自分の性格や選択や、個性だけで、そういうところに到達できるものじゃない、そういう特定の"相"に到達するってことは、その背後に"元になる何か"があるってことを看破したんだろうね、それを"カミサマ"と呼んだにすぎない」
「だから、カミサマといって、何かもう、わけもわからずありがたがって、わけもわからず拝むってわけじゃないんだよ、何か武術の人は、行き着けば帝釈天や毘沙門天の相を顕わしてくるかもしれないし、お医者様は、何か地蔵菩薩のような相を顕わしてくるかもしれない、カミサマってそういう、われわれにとって具体的なモンなんだよ」

「だから、これから自分がどうなっていこうかという、"自己決定"を考えるとき、単に自分の願望で決めたり選んだりするのではなく、"どのカミサマと縁があるかな"という視点でも考えたらいい」
「われわれは、単に優秀になるだけではダメで、単に優秀になるだけでは、根本的に面白くないし、そんなことでは満たされないんだよ。そうじゃなく、"えも言えぬ何かの好さ"に到達しないといけない、少なくとも、それを目指すのでなければならない。そして、そういったえも言えぬ何かの好さというのは、けっきょく人為のものじゃないんだ、だからカミサマのことを見る必要がある」
「そういったものを目指さないのでは、そもそも、目指すということに荘厳さがなくて、やる気になれないものだよ。やる気になれないからこそ、願望とか、モチベーションとかが必要になってくる。そしてそうした願望的モチベーションを自分に注入することは、己の身にとって基本的に"毒"なんだ」
「願望から何かを目指そうとすることは、けっきょく、自分で自分のカルマに油を注いでいるだけにすぎない。ヒートアップはするだろうけれどね。そうではなく、自分が"どのカミサマと縁があるかな"と考えること。自己決定は重要だよ。こればっかりは、自分でこれぞと、掴みにいかなくちゃいけない」

「自分から求めてはならないものと、自分からはっきりと求めなくてはならないものがある」

この話を、あるときしたのだが、「それってすごく素敵な考え方ですね」と、マジできらめいて言われてしまったので、そのまま書き記しておく/僕にとっては当たり前のことが、他の人にとっては斬新で真新しいことだったりすることがよくある。
僕の場合、あるいは誰の場合でもそうあるべきだと思うが、"えも言えぬ何かの好さ"が好きだった、それでいつの間にか、そのことへ導かれようとしていた、自分でも気づけないほど、僕ははっきりと自分でそのことを掴みに、飛びかかっていた。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |