☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< パーティ報告84(1) | TOP | バリア〜 >>
パーティ報告84(2)/「自己決定」

心な、根っこの部分は、技術もヘッタクレもない、小細工は役に立たない。
「自己決定というのは、必ず感動的でなければならない。何を産み出す? お前の生きて歩いた後には何が残る? 何かを産み出しているなら、そりゃ必然的にかっこいいし、感動的になるはずだ」
「このことに関しては、他のヤツは関係ない、自分で決めることだから、自己決定だな、おれは、おれの歩いた後に、楽しくなかった土曜日なんて一日も残さねーぜ、おれの生きた日につまんねー日なんか一日もあるわけないだろ、これがおれの命なんだからさ」
「これに関しては、別に何が正しいとか、そんなことはどうでもいい、これはただおれの決めることだからな、おれは自分がどのようなクソでもかまわんが、おれを慕ってついてきたヤツに、『あの人に出会えてよかった』と言われるようでありたい、そうであれば他のことはどーでもいいんだ」

「おれの生きる世界以外に、おれの生きる世界はないからね。おれのやること以外に、おれのやることはないもの。ああ、これ単純でいいな、真理だよ、次のポスターのコピイにしようかな」
「これに関しては、待っていても、何かが降ってくることは絶対にないんだ、『おれがやりま〜す』と、手をあげて立ち上がったヤツには、何かがフッと、声をかけてくれることはあっても、その逆はない、何かを待っているヤツに何かの声がフッとかかることは決してない、逆だ、先に立ち上がって『やる』ヤツに、運が良ければ、何かよくわからん声が吹き込まれることはあるよ」
「もちろん、不吉のパターンもあるかもな。おれの言っていることかわからないか? 今、街のどこかに、○○に断固反対! みたいなプラカードを掲げて歩いている人たちもいるだろう、それが悪いってわけじゃないが、お前がおれの言っていることがわからないとして、お前は、プラカードを掲げて歩いている人たちの言っていることは "わかる" はずだ、そこのところに気づかないといけない。お前はおれの言っていることがわからず、共感できないのに、他の……誰かが言っていることはわかって、共感してしまう、それが悪いというわけではなくて、それがお前の所属だ、それに自分が満足できているのかどうかだ」
「自己決定、と言われると、何かが急に怖くて、何かピンとこなくて、どうしたらいいかわからない、どうすればいいのか見当もつかないんです……と、そのパターンはいつも見てきた。まったくいつものことだ。そして、見当もつかないと言っているのは、そもそも、自己決定している他の誰かのことを見ていないからじゃないか? その失認が、正当なのか不当なのかは、おれの感覚からはよくわからないんだ」

自己決定が要求される局面はない。

なぜなら、局面が要求してくるものは、自己決定ではないからだ、それは局面に要求されているのであって、自らに由って決定しているのではない、「お前に『自己決定しなさい』って、強制してくれる人は誰もいないよ、強制されたらそれは強制決定であって、自己決定じゃないのだから」。
「まず、自己決定をするという、そのこと自体の自己決定が要るというのも、話の筋道としてはよくわかるけれどね、正直あまり聞こえてこないや……何かの実感を待っているあいだは、自己決定なんてやってこないだろう、実感がやってきたとしたら、それはただの "願望" だろうね、そして人は願望に振り回されるのであって、むしろ願望のせいで自己決定ができないものだ/人は願望に向かってゆけるのじゃないよ、人は願望に操られ、願望が人を操るんだよ、そうして自己が願望に決定されてしまうのを自己決定とは言わない、だから実感を待って実感に操られたとしたら、その時点でキミの負けだ」

そのほか | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |