☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< バリア〜 | TOP | やる気とやる霊2 >>
やる気とやる霊(緊急的に知っておこうぜベイビー)

は「やる気」を起こそうとする、「やる気出そうぜ」という言い方をする。
でも本当は、人が何かを「やる」というのは、「気」のものではないのだ、「霊」のものなのだ。
本質的には、「やる気が出る」のではなく、「やる霊が入る」のだ、いいコトであろうが悪いコトであろうがな……ちなみに「気」だけが満ちていると、いいコトにも悪いコトにも「やる霊」は入らない。
魂魄という言い方があって、霊魂と気魄があるわけだが、基本的に霊魂は自分に「IN」するものであり、気魄は自分から「OUT」するものなのだ、「やる気を出したい」という考え方は本質的には誤りで、人が何かを「やる」のは「やる霊が入る」から「やる」ことになる、これはスピリチュアルなやつではなく、もっと現実的なやつのことだ。

まあ、そんなこんなで、人は自分に「やる気」を欲しがるじゃないか、そしてやりとげる力とか、人並み以上の能力とか、「力」のほうも欲しがるわな。
それで、「やる気、欲しいっス」「力、欲しいっス」と求める中で、知らず識らず、 "呼び込んでしまう" わけだ、何かしら霊的なモンをだ、そして現在の自分の身分以上に、やる気やら力やらを求めているわけだから、知らず識らず「力、貸しまっせ」という悪霊のほうを呼び込んでしまう。
なんというか、「アクマに魂を売る」という言い方があって、アクマに魂を売ると、そのぶん、強固な意志や急激な能力とかが得られそうじゃない? 割とそういうことは本当にあって、微弱にもあるものだから、人は知らず識らず、アクマに魂をチョイ売りし、悪霊の力を借りていたりすることがあるのだ/なんとな〜く、「あの人、あのときやけに目立ったけれど、実力としてはどうなの?」と感じられる人はほとんどがこれだ、なんとな〜く、 "身分が低いのに高い地位についたように感じられる人" は、みんなこれだ、そんなえげつないパターンでなくても、微弱にもこの現象は発生している。
数字に頼ったり、血や液体に頼ったり、特に「シンボル」に頼ったりだな、「モチベーション」を得るつもりで、知らず識らずのうちに「儀式」をしていたりして……そして、そこから「力」を借りていた人は、後になってやはり、魂を切り売りしたぶんの、ツケを支払わされるものだ、薬物におぼれたり、犯罪に走ったり巻き込まれたり、健康やセクシャリティがおかしくなったりする/まあそれはしゃーないというか、かまわないのだが、問題は当人がそのことをまったく知らないまま、自覚なしにやっているということだ、知らないまま契約のほうは進んでいっていたりするのだ。

「やる気」の問題じゃない、正しく「やる霊」が入るしかないのだ。

これは本当に考え出すとむつかしい話になるので、とりあえず緊急的に知っておいたらいい、人は「やる気」で動けるものでは本当はない、ここを誤解していると、自分の知らないうちに、自分は何かを呼び込む儀式をいつのまにか、こっそりやっていたりするものだ、それで「モチベーションが出てきた」と言い出したりして、本当には「アカンアカン、何か悪いモンが入りましたがな」というケースがよくある。
例外的に、強力な力を呼び込んでおきながら、その後になお聖霊的なモンに帰依しなおして、巻き返すスゲー人もいるけれど、そうでないかぎりは、まあ後になってツケがくるものだ/よく有名人が後になって「どうしてこうなっちゃったの?」と不思議に思えるケースがあるが、そのケースの構造をよーく見てみればいい、わかってしまえば割とシンプルな構造のものだ。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |