☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< やる気とやる霊(緊急的に知っておこうぜベイビー) | TOP | やる気とやる霊3/ノーブースト主義 >>
やる気とやる霊2

霊だの聖霊だの言い出すと、話はたいへんうさんくさいものだ。
エセスピリチュアルや、アホオカルティズムに陥らないために、まともなことを勧めておきたい。
「悪霊」というと「きゃあああ」と怯え、「聖霊」というと「ああああ」と拝むというような、そんなデタラメ方式はやめることだ、そういうデタラメがアホオカルトになるのだ。
そんなむつかしい話じゃなく、たとえばドクロのアクセサリーとか着けると、「ふふ、悪霊パワーゲットだぜ〜イェ〜」って気分になるだろ? という、ただそれだけの話だ、気分がアゲアゲになるのだが、それってどこから来ているんだろうねという話、これはとっても身近で現実的な話なのだった。

元気が欲しいとき、パワーが欲しいとき、意識を高めたいとき、どうしてる? という話だ、人それぞれ、「何か」やるじゃないか、そういうときって。
そういうときにする、人それぞれの「何か」が、たいてい人それぞれの「儀式」になっていて、本人は自覚がなくても、その儀式がイイやつになっていたり、アカンやつになっていたりすることがあるのだ。
だから、そんなもん毎日、どこにでも誰にでも身近にあることであって、中二病的な話ではない、弁護士だって弁護士バッジを胸元につけるじゃないか、そりゃ弁護士バッジを着けたほうが、なんとなく弁護士パワーも得られるんじゃないか、それが「気」のせいではなく「霊」のせいだという話にすぎない(気魄が満ちていたらそもそもそんな流入は起こってこないが)。
元気が欲しいとき、パワーが欲しいとき、意識を高めたいとき、どうしても「できたら強力なやつを……」と、どこかで思っているじゃないか、そういうのって結果的に、何かを呼び込むことになるよねという話なのだった/そこで一般化して言いうるのは、急激に、また極度に、アゲアゲになるのは不穏だということ、実力以上の力を帯びるのは、借り物の力としてよくないという可能性をどこかで知っておいたらいい、急なアゲアゲは急なサゲサゲを人質に取られるぞ。

実力のままが健全です。

たとえば、本当には人付き合いなんて知らない、また言葉もこころもコミュニケーションも知らない大学生が、超絶「うぇーい!!」のスイッチを入れたりしようとすると、自力では足りないので、何かを呼び込むのだ/たしかに、結果的に「超イケるっしょ!!」みたいには、確かになるのだが、その力ってどこから借りているのか、実力でないものが暴走しているみたいな様相は、冷静にみたらヤバイのだった。
たとえば、モンエターエナジーみたいなエナジードリンクがあったとして、それをコップに移しては飲まないでしょ? コップに移したら何かヘンじゃん、アガんないじゃん/じゃあ「缶のまま」から「コップ」に移したとき、何が起こっているのかという話だ、人間はそういうしょーもないことに影響を受けているのだ、健康面とは違った意味で、何かからアゲアゲ力を借りるのもほどほどに。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |