☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 初期投資にカネをかけない | TOP | 夢中で生きてきた2 >>
夢中で生きてきた

はろくでもない人間かもしれないが、それにしても、夢中で生きてきたのではあるのだ。
もうしょうもないことに気を遣ってやるのはやめて、はっきり言っていけるといいな、僕が人並みと比べてどうかということについて、正直僕は一度も考えたことがない、人並み以下だろうが以上だろうが、そんなこと自体考えたことがない。
夢中で生きてきたし、今もそうだし、たぶんこれらかもそうなので、夢中で生きない人とは、きっと生涯一ミリも話が噛み合わないのだ、そりゃそうで当たり前じゃないか/「話が噛み合う」なんてどれだけ幸せなことか、どうして「そんなもの得られるわけがないよ」と義務教育の教諭は教えないんだ、自分の人生にヒビが入るからか。
僕はクズなのかもしれないし、サイコーなのかもしれないが、僕はこれまで自己評価とか誰かの批評とかを、気にしているヒマがなかった、そんなヒマっていつ訪れるんでしょうね、どうしておれが、夢中で生きていない奴と話を合わせてやらなくちゃいけないんだ、おれには何の楽しみもない、楽しむなんてヒマつぶしをさせてもらえる時間がおれには与えられないからだ。

おれの話がわからない場合、おれが噛み砕いてやるべきではない、わかりたい奴だけが背伸びをすればいいのであって、そして背伸びの上で絶望すればいいのであって、噛み砕くって何の話だ、それは母親が嬰児に離乳食を与える場合だけじゃないのか、噛み砕いたら理解できるような男に惚れる女がこの世に一人でもいるのか。
冗談ではなく、すでに致命傷を負っている人もいるのだ、どうしてそのことを誰も言ってやらない? たとえば六本木のハードロックカフェは、全席禁煙なのだ、ハードロックカフェなのにだ、つまりハードロックが本当にわからないという、致命傷を負った人もすでにいるのだ、だとするともうどんなポーズもハンドサインも似合わなくなるのだが、この場合ハードロックが死んだのじゃない、健康な人々が健康なまま死んだのだ。
僕はどうせ、人より経験が多いので、わかるのだ、この場合僕がアホみたいで、事実アホなのかもしれないし、人に笑われるのは僕であって他の誰かではないのだが、わかるのだ、夢中になって生きるアホでないと、けっきょく最後の橋が渡れない、荘重な船でクルージングしている人たちは、ずぶぬれの僕がアホに見えるだろうが、そうじゃない、そのクルージングはどうなるか知っているか、世界のあちこちを見てまわって、しかしどこにも接岸できないから、どこにも上陸できず元の港までのんびり帰るんだぜ、そして元の港に着くころには本当にジジイとババアになっていてもう取り返しはつかないんだ、快適なクルージングとずぶ濡れのアホの違いがそれだよ、おれはどこにでも上陸できるからな。
まともに生きていく第一のコツは、赤の他人に「すげえな」と言ってもらえるところまで行くことだ、東京大学に入ったり個人で毎年一億円を稼いだりだ、そして第二のコツは、赤の他人が「すごい」といって、その足許と魂が震えるところまでぶちかましてやることだ/「すごい」って言われたことあるか? 「すごい」と言われる人がまともで、このことは自分で捏造しないほうがいい。

「すごい」と言われることがない人は、これまで「すごい」と言わずに生きてきたのだ。

魂が震えて「すごい」「すげえ」と、魂の震える先に向かって生きてきていたら、十数年後には自分もそれなりに、魂を震えさせる力を持っているものだ、そういうあからさまな事実をなんとかしてねじ伏せようとする人がこのごろ多くて、泣き落としや精神トラブル、健康被害やハラスメント問題と、さまざまな方法で抵抗活動をする、しかしそんなことをしても事実は変わらない、夢中で生きてこなかった人が、今さら魂を震わせる力を持つことはない。
僕が小学生だったとき、担任のN先生が、出来の悪い僕のために、特別の懲罰席を用意して、僕と友人Mをその席に座らせ、一年間恥を掻かせたのだが、僕とMはその席で授業中にイヤホンでラジオを聴いていた、最終学歴はけっきょく僕のほうがN先生より上だと思うが、N先生は夢中で生きてきたのか? 僕は誰も責めるつもりはない、ただ夢中で生きてきたのかどうかだけを訊きたい、その上で責めるとしたら、N先生が自分で自分の生を責めてしまうんだろう、でもその条件は僕だって同じだ。

バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |