☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 邪ンル | TOP | しょうがないこと(listen) >>
美女更衣室
というのはいつだってキツく、そうしたものだけがうつくしくあれる。
僕がこんなしょうもないところに、しょうもない何かを書き遺しているのも、誤解があるのかもしれない、僕は何かを発信しているのではない。
僕はこうしたことを、 "やめられない" ので、ここに書き続けているだけだ、街中でガキを殴り続けて暮らすわけにはいかない、その点ブログ記事なら誰にも通報されないだろうということで、続けているだけだ。
重要なことは、ブティックに行ったら、着替えている美女の試着室に、首を突っ込むことだ、それ以外に何がある? 僕が女物のセーターやコートを見てホエーとくつろいでいたらどうなる、それはクソみたいなデパートだ、この世界に首を突っ込むということは、女の試着室に首を突っ込むということだ、そこに首を突っ込まないと見えないものが当然あるのだ。

連想ゲームほど、つまらないものはない、だからこそ連想ゲームはお茶の間でウケる、最も退屈な脳は連想という尿を漏らすからだ。
夢中で生きてきたという話をした、あれはいい話だった、けっきょくみんながどう足を引っ張っても、おれをスポイルはできないらしい、だからよかったな、あなたの知っているこのヤバイ人は、あなたのせいで墜落したりはしないみたいだ、よかったな、このヤバイ人はけっきょくあなたの話なんか聞いてなかった。
夢中で生きてきた、今もそうだしこれからもそうだが、夢中で生きるということは、あなたと違う生き方をするということ、夢中で生きるということは、秋の微粒子に首を突っ込むということだ、人には夢中でしかやれないということがあって、夢中で首を突っ込めばネオンランプの光や秋の匂いを嗅ぐことができる。
物事にはいろんな捉え方がある、たとえば人の身のカルマであったり、聖書がいうところのアダムとエヴァであったりだ、だが夢中で生きている者はそうした複雑な捉え方を必要としない、捉え方を必要としている人は捉えていないから捉え方を必要としているに過ぎず、またそうした捉え方でけっきょく何かを捉えることは永遠にできない。

おれが夢中になりたかったのではなく、夢中から出る方法がわからないだけだ。

もともと三連符が聞こえている奴がいて、つまり夢中に首を突っ込んだままの奴だ、こいつがやむを得ず夢中のことを表記するのに、五線譜に三連符の記号を表示することを思いついた、ただそれだけであって、三連符を見てからそれをなぞったとしても三連符が響き始めるわけではない、三連符だってなぞればジャンルだ、なぞれば何だってジャンルになる、そのことを永遠に繰り返すわけのわからない奴もいるみたいだ、それはけっきょく何にも間に合っていない。
おれはけっきょく何百人の女と寝たのかわからないが、とにかくその大半、99%を覚えていない、カネで買ってはいない、おれを罵るメールが毎朝届いて、送り主が誰だかわからなかったことがある、おれには何のジャンルもわからない、おれはガキのころからカレンダーに何が書かれてあるのかがわからない、あの数字の行列がおれの前方にあったためしはない。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |