☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 美女更衣室 | TOP | 邪ンル2(命あるものは暴走する) >>
しょうがないこと(listen)

イプ被害者にチンコを吸わせて何が悪い?
おれが加害したわけじゃない、おれは腕力の一切を毛嫌いしている。
もしおれが、まともな男で、女に何か、まともなことをしてやれるなら、それは女をレイプ被害者でなくしてやることだ。
女がまともな青空とまともな未来を見上げられるようにしてやることだ。

しょうがないのだ、世界を創るためには、これぐらい当たり前でなくては。
世界を創るというのは対話をやめるということだから。
あなたに救われたんですと言われることは多かったが、おれは救った記憶はない、救ったつもりはないし、そもそもおれは過去を持たない。
考えたら負けという言い方がある、Tさんはよくそういう言い方をした、おれはもちろん侮蔑した、考えたら負けというより、そもそも負けの可能性がある時点でそいつはとっくに負けている。

しょうがないのだ、世界を創るためには。

僕のことを、道徳の側面から、あしざまに罵ることは可能だ、とてもイージーなことだ、ところがその当事者は何も面白くない、正当な人にいつも言えることは「お前の話は面白くない、それも生涯に亘って」だ、この問題に向き合うからにはしょうがないのだ。
作品を通してしか、伝えられないことがあり、直接おれに会いに来た人は、みな「九折さんがやさしくて穏やかでびっくりした」と言う、おれは自分の連れている女に世界を創らせるような苦行をさせるつもりはないからだ、だが世界を創ろうとするのにおいては、魂の厳しさはしょうがない、負けの可能性がある時点で、そいつはとっくに負けている。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |