☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< よい兆し | TOP | 健康になる実力勝負と、不健康になる勝負事 >>
地に足をつけて自立することと、天に束ねられてつながりを持つこと

は自立を考えねばならない、つまり自分の足で立つということ、それは明らかに「地面」に根ざしている。
一方で、人は「つながり」を考えねばならない、つまり一緒に歩いているということ、それはわかりづらいが、「天」に束ねられている。
芸能人が不埒なスキャンダルをしたということに、わけのわからない憤りを向けている人がいるが、そういう人は猛烈にヒマなのだ、物事の本当の仕組みが見えていないので、朝起きたときから「自分が何をしたらいいのかわからない」のだ、それでワイドショー的なネタに「何っ」と食いついて、自分が命をもって生きているというふうに己を欺瞞している。
自分に被害があるぶんはともかく、他人の不出来や不始末に、真っ向勝負のようなイライラを起こす人は、本質がわかっていないのだ、こんなことは僕のような年長者の言うことをよく聞いておくべきだ、そうしないと今度はあなたがその「不出来で人にイライラされる」というしょうもない役目を背負わされることになるだろう、それを「しょうもない役」と言ってはいけないのかもしれないが。

当たり前だが、この世界は、誰もが成功できるわけではないし、誰もが幸福になれるわけではないのだ、ということは、見方を変えれば、失敗して生きる役、幸福になれず不幸に呻吟する役、というのも存在するということになる、この見方がミソだ。
「ドラえもん」でも、のび太役と出来杉くん役があるように、不出来な人や悪質な人は、自分でそれを選択したにせよ、そういう「役」を担っているのだ、だからこの不出来役が、どう教育されたところで、「出来る人」の役にはならない、これはいっそ荘厳なぐらい、括り付けられて脱出不能のものだ。
だから、その荘厳を見なくてはならない、具体的に何を見たらいいかというと、「人は己の引き受けた役割によって、このように不出来になり、このように不幸になり、このように苦しむことになる」という、実際のサンプルを見ればいいのだ、真っ向から感情的に正面衝突する必要はない、「この人はこういう役で、今目の前にあるのはその実物サンプルなんだ」と見ること、それが天に束ねられた「人のつながり」ということになる。
われわれは、人に対してイライラするとき、「どうしてこの人はこうなんだろう」という、やりきれなさで苛立つものだ、そこで「どうしてこの人はこうなのか」について、「そういう役割を背負って、今この場に晒されているからだ」とはっきり見ること、そうしたら苛立ちはなくなる、お互いにどうしようもないものとしてその場の実物をやらされているのだ/世の中には色んな人がいるが、色んな役があって、ひとつの終劇に向かっているにすぎない。

ひどく不出来な人は、「ひどく不出来な人」として天に登録されている。

だから、ある意味「天才」なのだ、この世界のすべての人が「天才」と考えていい、ひどく不出来で、しょーもなくて、情緒不安定で、近所迷惑な人は、そういう人として天に登録されてしまっている、どこかのタイミングで自分をそのように申請して登録してしまったのだ、そしてそういう役も全体の劇作に必要なのだということだ/自分もうかうかしていると、どんな形で天に登録されるかわかったものではない、それを警告する存在としても、目の前の不出来な誰かにイライラしている場合ではない、自分もわけのわからないイライラさんとして天に登録されてしまう見込みがある。
地に足をつけて自立、という、片面だけを考えず、天に束ねられてつながる、という側面も考えねばならない、そうして見たら、すべての人が何かしら、不本意であっても役をやらされて機能している、おどろくべき格差の中で役をやらされているのだ、そのつながりをよく見るようでないと、自分もどの役に追いやられるかわかったものではない。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |