☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< No. 385 おれが何かを、おれを何かに | TOP | 「世界愛とかブッ殺しますよ」 >>
愛なきものの恣意的な陳列
おお〜とにかく愛がないとな。
どれだけ「楽しい」ふうをやられても、そりゃ違うのだ、ダメというわけじゃないが、愛がないことはごまかせない。
愛があれば、ふつうそこまでわざと楽しそーにはしないものだし、そこまでイカツイ顔をするものでもない。
「アタシ」感とか「オレっち」感がやたら強いものが目立つが、それはどうブーストしても、愛のなさから発生している感触なので、違うのだ、愛とは無関係のジャンルですという場合はそれでいいのだが、愛に関しては冷静に「違う」と言わざるをえないのだった。

うおお〜愛というのは、いっそわかりやすいのに、なぜわざわざ避けているのか、いや「わかりやすい」と感じているのは僕だけなのか? そのパターンは容易に想像がつくが、なぜこの現代はわざわざ愛のないものを選りすぐって陳列するのかと不思議でならん。
「愛」って、基本的に、所属が違えば永遠に手に入らないぜ、プールに釣り糸を垂らしているようなものだ、表面上は似ているがやっていることはまったく別ジャンルになってしまう。
「ハイになる」ってことじゃないのだ、「ラブになる」ということなのだが、人は所属が違う場合、蛇の原理でハイになるので、違うのだ、とにかく愛の原理と現象を正確に学習する必要がある(ただし、学習しても手に入るかどうかは別)。
映像を一枚ずつ見せて、「はい、ここに愛はありますか〜?」という、テストをやってやろうか、これホントに正答できないとまずいんだよ、愛がないジャンルが悪いわけではないが、そこに愛がないのがわかっていないのはまずい、蛇に帰依すれば帰依するほど人はギラギラ輝くものだしエネルギーも獲得するものだが、それは愛ではない、愛の側に所属している人って、もう皮膚感覚から「違う」のは見ていたらすぐわかるじゃねーか。

成功者と、一流選手と、著名作家と、美人女優が、四時間正論を語り合っても、愛がない場合は、愛がないのでどうしようもない。

どうしたことか、なぜ最近は、愛のないものを選りすぐって、時間をかけてエッセンス化し、それをばらまくのだろう、ここまで厳密に愛のないものだけが陳列されることには、一種のデザイン力がはたらいているのかとさえ疑われてくる。
おれと夜中にラーメンを食べに行くとして、そこに愛の存在が感じられなきゃ、こなくていーよ、なぜこのわかりやすい愛という現象にわざとらしい逡巡が取り巻くのか、僕にとってはナゾだ、愛のある世界以外に何か用事があるか?
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |