☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 百億円とレイプ公認権をよこせ | TOP | シンプル悪霊説2 >>
シンプル悪霊説

ンプルに考えたい/そして役に立つなら何でもいい。
現代人は、過去の人間より、明らかに「スカしている」と思うが、何もスカしたいからスカしているわけではないだろう。
本気になればいいのだが、本気になるとダサくなるというか、本気になろうとすると、イタくなる、あるいは何か、発狂している、みたいなものが出てきてしまう。
本気になろうとすると、そういう痛々しいアンド禍々しいものが出てきてしまうので、しょうがない、だからスカすしかないのであって、何もスカしている感じに新しい価値観があるわけではない、唯一の選択肢としてスカしているだけだ。

シンプルに考えたいし、役に立つなら何でもいいので、わかりやすーく考えるが、これはつまり、悪霊が憑いているのだ。
本気になろうとし、全身全霊になろうとすると、なーんかグチャッとした「悪霊」が出てくるのだ、それが痛々しいしキモチワルイ、割とマジなレベルで禍々しい、実際内部的に「闇」を自覚している人は多いしな……全身の全霊に悪霊がたっぷりinしていれば、そりゃ闇と狂気でアタリマエだし、全身全霊なんかお見せできないというのが当然だ。
だから、悪霊退散しなくてはならないわけだが、悪霊退散のやり方なんてわからないし、そもそも自分で招き入れた&ご購入あそばした悪霊については、契約が為されているので気合いうんぬんで退散はさせられない/どこで招き入れたのかな〜どこで購入したのかな〜そんなことマジメに考えてもしゃーないけどな。
シンプルに考えればいい、悪霊退散と鼻息を荒くする前に、悪霊を思い切り「困らせる」のが大事だ、悪霊の居心地を根こそぎ悪くしてやることが大事/そして悪霊というのは「感受性」で人を操っているので、われわれが感受性以外の行動をすると、悪霊にとっては「困る」のだった。

お中元や年賀状等、「つまんねー」と感じられる文化は、もともと悪霊にとっては「困る」ネタだった。

「つまんねー」と感じるのは、その文化と行為が、感受性と無関係だからだ、感受性と無関係な行動をされると、その部分については悪霊は人を操れないので、「いかん」「まずい」「困る」「操れない」「バレる」「居場所がなくなる」と悪霊側は焦るのだった/もし悪霊なんてモノを肯定するのであれば、悪霊というのはそういうものです、「感受性」で人を操るのが悪霊です。
全身に聖水をブッかけてどうこうとか、そういうものじゃないな、「おお、聖霊よ!」とか、感受性で盛り上がっている人は、悪霊にとってはナイスパターンなのだった/その証拠に、「感受性」が爆発しているおばちゃんが、本気アンド全身全霊などやらかした日には、とても見るに堪えないものが出現するのだった、だから悪霊=感受性で合っているのだ。

視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |