☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 次なる恋愛フォーマットのゆくえ | TOP | 人の愛なんか要らない2 >>
人の愛なんか要らない

「神の愛がどうこう」とか、アホみたいなことを言っていてもしょうがない。
本当のことは、もっと信じられないレベルでやってくるからだ。
禁断の知恵の実という伝説は、本当に禁断の知恵の実だったのかもしれないな/大人になり、成長していくと、「知る」ということが増えるのだが、この「知る」というのが業(カルマ)であって、ハズレなのだ。
仮に、真実を知ったということがあったとして、知ったのであればそれは真実じゃねーよ、ド神様であれド悪魔であれ、その作用は常に「未知」の領域からやってくる/われわれはみな、「わたし」を知っていると思っているが、それがハズレなのだ、なんなんだこの仕組みは、ホンマモンの「わたし」はカミサマと同様、常に未知の領域に存在している、この未知が既知になることはありえない。

これに「身を投げこめ」ということね、そりゃまあ話の筋道はわかる/知っているものなら、身を投げ込むのは別に怖くないし、投げ込むのもわかりやすいものな。
でもそういうことではないのだ、「どれに身を投げ込めばいい」といって、「お前の知らんやつに投げこめ」「ええええ、知らんとこには無理ですやん」という、この構造がずっと続くのだ、だから厳しい、ラクになることがない。
そして、僕はこの「身を投げ込む先」「身を投げ込む対象」について、心当たりがある、その対象を既知にはできないが、営為の形態は知っているのだ/これがかつて、僕の自殺を止めたやつだ、昔のおれの自殺を数度にわたって止めたやつの正体がこいつだ。
こんなもん、ノウハウなんかないが、もしノウハウがひとつでもあるとすれば、「失敗を恐れるな」だ、それは失敗にひるまず果敢に挑むということではなく、何かを「失敗」と、「知って」しまっているということ、これがもうハズレだということ、もう説明する気にはなれないが、どうせたぶん、例によって一般には想像を絶するようなことなのだろう、僕にとってはなつかしい再会であり、「またお前か」「やっぱりお前か」という気もするのだけれども。

心臓がバクバクする、これは、人の愛ではない。

人の愛というレベルではないし、高揚でもない、自律神経という感じもしない、そして、集中力の向こう側まで行ってしまう、<<自分の知らないものに集中してしまう>>からな/これは人の愛ではない、なぜなら、<<人の愛なんか要らない>>というのがわかってしまうからだ、この愛はむちゃくちゃだが、この愛に人が抗せないことを、僕は感覚的にも経験的にもよく知っている。
人の愛なんか要らない、つまりおれの愛なんか要らないし、おれの才能なんか要らないのだ、おれが「おれのもの」と思っているものは、単におれが「知っている」ものというだけでしかない、そして「知る」という範囲に収まっているすべてはハズレだ/おれが正しくなる日は永遠に来ないな、だからおれは間違い続けるしかないのだ、おれはそういうやつが好きだったし、そうすることでしか自分がアタリをかすめることは起こらないからだ。

正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |