☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ささやかに見えて決定的な「みんな視点」 | TOP | 第86回Quali's Party[11月10日(土)]無事盛会! >>
「現在」を認識することはむろんできない
生日だということで、お祝いされて、箱根に一泊してきた、箱根はもういつものところに投宿し続けている。
今回は、飲めや歌えではなく、とにかく湯に浸かりたおしてきた、僕は恢復に快楽ではなくネイチャーが必要なタイプだ、繰り返し湯に浸かって山の麓を歩かせてもらうと一気に恢復した。
帰りに、新幹線を使わせてもらったのもよかった、小田原から新横浜なら16分で着くんだな、ワープしたみたいでびっくりだ、新宿からロマンスカーで行くのはいつもステキなのだが、新宿の雑踏を抜けるのがやや疲れるのだ、温泉帰りに巨大な広告群の中を歩きたくない。
それでまあ、帰ってきたが、この気温でも汗が出る出る、ふつうこんなに入湯すると湯あたりをするものだが、こんなことにも慣れがあるのだろうか、オッサンがもはやアルコールに悪酔いなんかしないように、いつのまにか湯あたりというのも深刻にはしなくなった。

これから月刊ワーQの編集をして、僕自身も寄稿して、明日はワークショップで、明後日はパーティか、しかしもう体調は万全だ、身体は動く動く、こりゃいくらでも遊べるだろう/ということで、たくさんの人の祝福とバックアップに、まとめて御礼申し上げます、まとめてというところがひでえ横着だが、まあいいだろう、僕が横着でなかったためしはこれまでに一度もない。
明日はワークショップで、基礎から確認し直して、あとそろそろ、慣れてきた人には次のステップに進んでもらおうかな、テメーらが接触しているのはまだまだ奥義なんかじゃねーよということを、また目撃してもらってため息でもついてもらおう。
忘れないようにメモしておこうかな(ひどい記事だ)、命令法は空間そのものに触れているというのが本質だし、金魚法は「何もしない」がイコール「止まらない」ということでもある、釣り合い法はある意味、「相手を掴んでいないから接触している」ということでもある/「止まらない」ということは「未来に進んでいる」ということでもあり、未来というのはつまり、永遠にやって来はしないものだ、やって来たらそれはもう現在だからな。
われわれは、現在そのものを認識する能力を持たない、なぜなら「認識」という機能そのものが、時間を消費するからだ、云わずもがなゼロ秒で認識はできないのだから、「現在」のつもりで認識している瞬間は、それが認識である以上すでにコンマ何秒か「過去」だ、だから「現在」の中を活動しようとすると、認識が発生する以前の中で活動するしかない、これを未来法と呼ぶ……べきだが、まあどう呼ぶかはまだやってみないとわからないな。

ピッチャーが球を投げる前に、一塁に走ってよい。

人間は、しょうもないルールにあっさりと縛られるもので、ピッチャーの投げた球をヒットしてからしか、一塁に走ってはならないと思っているのだ、そんなアホなルールはこの世界のどこにもないぞ、ピッチャーがまだ球を投げていなくても、おれはとっくに打ったのだ、それをお前らが認識できていないだけで、そのお前らの認識に都合して物事を決めようとするから、物事のすべてはガッカリ残念の虚しいカスみたいになってしまうのだ/まあヒットを打ってからしか一塁に走ってはならないというのは、百歩譲ってわかるとしても、ヒットを打つのにわざわざピッチャーが球を投げるのを待つのかね、そんなヒマなことをしている時間がどこにあるんだ。
もし、ピッチャーが投げる前にバッターが走ったら、「野球にならない」ということであれば、それはもう出来合いの、誰かがやった「野球」を二番煎じでなぞっているのだろう、もうちょっと自ら能発的に物事をやったらどうだ、辞書に載っている野球は過去の野球であって「現在」に営まれている野球ではない、そうして一度たりとも「現在」に踏み入らずに最期まで過ごすつもりか。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |