☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 月刊ワーQショップ 第三号「軽薄」 | TOP | 恋あい論への準備 >>
しょせん
を助けることに価値があるのであって、女そのものに価値があるわけじゃない。
音楽を聴くという風習は僕にはない/景色にはいつも向こう側がある。
固定されたものはすでに死んでいるというか、受け身には一ミリの値打ちもない。
価値を受けていても生きる理由にはまったくならない、それではドラゴンの一匹でさえ倒せない。

誰かのことが大切なのではなく、護り助けるために戦うだけだ、それではじめて、景色の向こう側へ向かえる。
価値を認識せずに済むのだ、いやそんなごたくもすでに飛んでしまった。
僕はけっきょく、先生には向いていないな、僕が本当に知っていることは限定的すぎる。
便宜上は、愛とか光とか呼んだりするのかもしれないな、だが僕にわかるのはせいぜい、かっこいいということぐらいだ、何かがわかっているときの僕は、もう僕でも何でもないのだけれども。

わかるものは要らない、ひとつになった世界とやらも要らない。

守り助けるために突っ走った、景色の向こう側へ、そのときだけで十分だ、僕にはこの世に生まれ落ちたような記憶はない。
僕にはこの世界のことと世の中のことが何一つわからない、それは疑問を持ったことがないからだ。
恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |