☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< いわゆるレディファーストというイベント | TOP | こころの採算と黒字転換 >>
いわゆるレディファーストというイベント2
じさんがキャバクラなどに行くと、当然、おじさんは下にも置かぬ扱いをされる。
これを、世間的な言い方になぞらえれば、「おじさんファースト」ということになるだろう。
一方、僕などは、女性も含めてパーティ等になると、なんだかんだ、おれが盛り上げるぜ〜ヘイヘイ〜となる。
そういうときはいつも、「おれが先陣を切るぜ」という状態なので、これは原義的な意味で、「おじさんファースト」ということになるだろう/誰がおじさんや! まあそれはいいとして、あくまで本来の言葉から考えれば、僕はほとんど習慣として、女性に対してはエスコートとおじさんファーストを天然にしている。

で、なんというか、僕としては今さら、男女のことなんかどうでもいいので、言葉の問題だけなんとかならないかなと思う/男女のうんぬんはどうでもよくても、言葉のうんぬんはどうでもいいとは言えないからだ。
だから、願わくばこの先、男性に「レディファースト」を要求するのではなく、「おじさんファースト」を要求するような世の中であってほしいと思う、そうしたら言葉の由来としては正しいところに帰参できるのだから。
レディファーストという語が誤認されたままでは、いつぞやの「都民ファースト」とかも、誤認のまま使われた言葉の黒歴史ということになってしまうではないか/言葉の間違いというのはコワイのだ、「我慢」という言葉が邪悪を指しているということを知らず使い回してきたことがえげつない悪霊を育ててきたように、○○ファーストもこれからの悪霊育成の土台になりかねない。
だいたい、「ladies and gentlemen」といって、レディの対語はもともとジェントルマンではないのだから、そこも不気味だ、このあたりの不気味さとリスクを、ただ一言「おじさんファースト」と言い回すだけで解決できる、だからこれからはおじさんファーストでいこうじゃないか。

僕がやっているのはレディファーストではなく「おじさんファースト」なのでよろしく。

これで言葉は正しく使われることになる、言葉さえ正しけりゃその他の価値観なんぞはどーでもいいのだ/おじさんファーストの理念によって、僕は誰にも僕より先に動くことはさせないだろう、そりゃ技術的におれより速く動ける奴がいないのだから、卑怯なまでに僕のおじさんファーストは成り立つ。
女性が本来、レディファーストでしか輝きえないように、男性だって、おじさんファーストでしか輝きえないのだ、それならガンガン己がファーストを取っていけばいい/そもそも「歓待」されて人の何が輝くというのだろう? 歓待されるとアガるという人の神経が僕には未だ一ミリもわからないままだ。
視点変えてこ | comments(1) |
コメント
すごくいい話!先陣を切るか!
2018/11/22 10:37 AM by 九折さんかっこいい!
コメントする










| /PAGES |