☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< "麻薬的にはたらく" という仕組み | TOP | 実にふざけた人間として >>
マジのエコーがマジで届いてしまう
んでもないことに気づいてしまった。
ワークショップで、余韻法とか命令法とか、エコーだの呼応だのと、色々やっているのだが、ちょっと僕にしかやりようのないレベルのこととして、厳密なエコーを発信してみると、驚いたことに、通りすがる赤の他人さえこっちをハッと見るじゃねえか……なんだこの現象。
コツは(←注:できねーよ)、「あなたはわたしである」ということ、あるいは「コイツはおれである」ということ、あとは厳密なアクションとエコーをミリ秒でかけること、するとやはり、通りすがりの人がハッとこっちを見やがる、しかもそのときに、ぶっちゃけ間違いなく「出会って」いる。
長いこと、本サイトのほうなど特に、「出会いと恋あいの」「恋あいエンターテインメント」と号してやってきて、僕自身、人と人とが何で「出会って」いるのかを、積年のナゾとして追求してきたのだが、それってつまりコレだわ、厳密にやると「これ」で人と人は出会っているわ(←注:できねーよ)。

問題は、そうした機能は、何割かが明らかに現在も所有しているのに、その機能で反応している当人が、その機能のもたらしてくる情報とまったく異なる「認知」「認識」を、前もってブッこまれているというところだ。
いわば、どれだけ正統な、精密な、上質な、ともすれば歓喜や瑞宝かもしれない「それ」を受け取ったとしても、当人はそれをまったく認識せず、まったく異なる認識や判断や行動を取ってしまうということだ/この現象を、目の前で精緻に読み取れてしまうというところが、いいかげん自分でドン引きしてしまう、何が起こっているのか手に取るように視えるようになってしまった。
これはもう、正直なところ、ひとつの能力の歴然たる覚醒なのだろうが、かといってバンザーイという気にはなれない、なぜなら目の前で精緻に読み取られる「ちぐはぐ」は、もう「どうしたらええねん」というぐらいズレまくりだからだ。
たとえて言うなら、ハチミツの香りがしたらバットを素振りする、というぐらい、わけのわからない認識・判断・行動を取ってしまう、そしてそのときに、人の内部でガガガガガと、挙動のエラーとひずみに異音が鳴っているのが聞こえるのだ/もとからある機能に対してインストールされている応答プログラムがメチャクチャなのだ、それがハッキリ見えれば見えるほど、「これはもうちょっと、にわかにはムリでっせ」と感じられて、ちょっと途方に暮れる思いがする。

愛の中、エコーはミリ秒で生じ、余韻となって届き、本質的な情報が一気に得られる。

もうこんな話、とても信じてもらえる気はしないし、流布する気さえ失せそうなところだが、もしウソをつくなと言われたら、僕は逆にこのことをマジだと言い続けねばならない/何なら、隣人愛のエコーでさえそうやって届いてしまうのだから、世界愛のエコーはもっと大きなインパクトで届いてしまうとも、予言せねばならない。
うーんこんなことを、マジのこととして話さねばならないときが来るとはな、予想もしていなかった/こんな話、もうめんどくせえので、誰かうまいこと一冊の本にまとめてくれないかな、人に知られるべきだが僕自身で知らしめてまわろうとするのは趣味に合わなさすぎる。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |