☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< マジのエコーがマジで届いてしまう | TOP | 意義と存在 >>
実にふざけた人間として
の中には、おっかない人たちもいて、おっかない出来事や、おっかない背景もあったりするので、そういったことには、関わらないでいくのがベストというか、なんでそんなもんと関わらんといかんのや、という気がする。
世の中には、こうして何かを書いているような人や、ワークショップの先生やインストラクター、恋愛のことを考える人や、カミサマはなんだろうと解き明かそうとする人が、いくらでもいると思うが、その中で僕が唯一言えるのは、おそらく僕が特級でふざけているということだ。
僕のようなふざけた人間は、何の立つ瀬も持ち合わせておらず、なんというか、なんやかんやの庇護を頂いてしか、生きられないということだ、僕はまったく「ちゃんとしていない」のだ、別の言い方をすれば、「人から尊敬されうる点がひとつもない」とも言える。
よくよく考えれば、こんなテキトーでふざけていて、ヒキョーでズルい人間なんて、僕以外はそうそういないのだったな、そう考えるとおっかないことだ、あげくに僕はまともに感謝さえしないのだから、ろくでなしの極致かもしれない、けれどもここに至って、僕が何かに感謝するようでは、僕を慕ってくれる人から見てガッカリだろう、その点はご心配なく、今さら何かに「感謝」とか、そういう似合いもしない気色の悪さを僕はやらない。

せいぜい言い訳をするなら、広い世の中、僕のような奴も一人ぐらいはいないといけないと思って……というのは、言い訳にもなっていないか。
僕は何を考えてきたかというと、人が生きることにおいて、「がんばっているんですが、さびしいのです」という人に向けて、フマジメな答えを用意してやりたかった、「さびしいのは、本当にはがんばっていないからだ」と、力まかせの答えをしたくなかった、「おれなんか、一ミリもがんばってないのにさびしくないぜ」という、根こそぎふざけた答えを用意しておいてやりたかった。
僕は善人になるつもりはないし、良心的になるつもりもない、結果的に人を笑わせたりはしているが、「笑わせたいと思った」からではなく、人を笑わせる力が降ってきて勝手に僕をそう動かすからだ、僕は何一つの美徳もやっているつもりはない/面白ければいいと思っているが、それは僕の思想ではない、それは「僕を支配している思想」であって、その思想はいつも気づくとどこかからウヘラウヘラと降り注いでくるものだ、前もってその思想で何かを決定したというようなことはこれまでに一度もない。
このごろになってというか、今日になって、色んなことが見えてきたのだ、どうやら僕は本当に特殊な奴らしい、僕はちゃんとした人として愛されるわけにはいかなかったのだ、サイテーでヒキョーな、わけのわからん、美徳も何もない奴として、愛される必要があった、そうでないと僕を愛してくれた人が、わけのわからない最上の笑いを得ることができないからだ、よりによって僕のことを愛してくれるなんて、当人としても「不思議」の極致でわけのわからない笑いが起こるじゃないか。

ワークショップで一番飛躍が期待されているのは九折さんだ。

なんじゃそりゃ、という話なのだが、来ている人はみんなそう言うからしょうがない、「九折さんが何かを掴んだならもうそれでいいんですよ〜」「バンザーイ」と、いつもそんな感じになるな、こんなことがまずふざけている、ふつうは習っている人が何かを掴まないといけないのだと思うが、なんかそんなことは二の次になっている/「わーい」「祭りだ」「おめでとうございます」というのが朝方によくある。
そうした光景は実に、世間一般からみるとふざけきっているのかもしれないが、少なくともおっかなくはないな、どれだけ正しくて有意義でもおっかないのはちょっとな/僕は何かを助けるために生きているわけじゃなし、実にふざけたことを申し上げると、僕は何かに助けられるために生きているのだ、それがサイテーの極致だというのはよくわかっているが、どうか石を投げないでくださ〜い。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |