☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 新たなナゾ、「自分から教わろうとする」ということ2 | TOP | 新たなナゾ、「自分から教わろうとする」ということ4 >>
新たなナゾ、「自分から教わろうとする」ということ3

ーるほど、わかってきたぞ、自分でナゾと言っておきながらただちに解決するのはどうかと思うが、まあわかってしまったものはしょうがない。
おそらく多くの人は、「学ぶ」→「わからん」という順序なのだ、これは大損をしている上に脳みそにダメージしか蓄積しないので、訂正する必要がある、耳をかっぽじってよく訊くように、順序が逆だ、「わからん」→「学ぶ」というのが正しい順序だ。
この順序を逆にしているということは、女性の場合、正しくは「洗顔」→「化粧」となる順序のところを、「化粧」→「洗顔」としているようなものだ、そんなものメチャクチャになるに決まっている/冗談じゃなく、それぐらいこの順序の取り違えは精神がおかしい、ブッ壊れているといってよいレベルだ。
多くの人は、「学ぶ」→「わかる」という手続きのつもりでいるので、毎回ストレスで破裂するのだ、ただちにこのことを発見するように/<<あなたの手続きには「わからん」という段階が組み込まれていない>>、だから毎回「わからない……」と焦ってパニックになるのだ。

物事を、信じられない速度で学習・吸収・習得していく奴がいる、そういう奴はどうなっているのかというと、単に「わからん」に到達するのが速いのだ、ただそれだけだ。
「学ぶ」→「わかる」の手続きだと思っている人には、永遠に見えてこないことだが、そうではない、物事を学べる奴からすると、「わからん」ということは「学べる」ということなのだ/よって、どれだけ速く「わからん」に到達できるかが、どれだけ速く学べるかということの支配要素になる。
人によって、「これをどうすればいいかわからないのです」ということに到達するのに、生きながら二十年かかる人もあれば、自分でやってみてただちに、「これをどうすればいいのかわからない」ということに、二十秒で到達する奴もいる、速度差は3153万6千倍だ、まるでドラゴンボールみたいな数値で、こんなレベルの差をつけられていては話にならない。
不毛な仕組みは即刻やめるように/「学ぶ」→「わかる」のつもりでいる奴、これは「学ぶ」→「わからん」となると、パニックになるんだろ、それは根こそぎアホすぎるじゃないか、正しくは「やってみる」→「わからん」→「学ぶ」→「なるほどムズイっすわ」なの、そして「わからん」→「学ぶ」の速度はだいたい誰でも同じぐらいだ(誰にとっても「ムズイ」のだから)、ただ「やってみる」→「わからん」の手続きは、人によって何千万倍の速度差がある。

「学ぶ」→「わかる」方式でテストの点数が獲れるのは、「そういうふうにテストが作ってあるから」です。

こんなもん、どこまでアホなんだ、授業があるからテストが課されるのじゃないぞ、テストが課されるから授業があるだけだ、授業なんてテストの設問を水で薄めて生徒に飲ませているだけだ、よくよく考えろ、学校の先生と一度でも学門の談義をしたことがあるか?(ある人はごく例外的で幸福だ)そして入学当日に全教科テスト満点を取れてしまったらそいつは授業を聴く理由がもう何ひとつないのだ、少なくとも現在のところ、学校はテストのためにしか存在していない(もちろん幸福な例外が多数あることを祈ってはいる)。
学校の授業というのは、90分のテストを、15回の授業に薄めてあるだけだ、一方で最先端の物理学者たちを見ろ、あいつらは毎日「わからん!!」という最前線にぶつかり続けている/なぜあなたにはわからんことがないんだ、「水は100℃で気体になりますけど、常温でも水蒸気はあるし、洗濯物はフツーに乾きますよね……?」と考えたとき、なぜ「わからん!!」とならない、その「わからん!!」に到達するまであなたが何かを学ぶということは決してない。

できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |