☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< くっきり道と使える原理 | TOP | 空前のオナニーブームにおける女性 >>
男型の愛と女型の愛、そして老人の性欲
というものは、自己愛ではなくて、全体の幸福と豊かさに愛を傾ける、そういうものでなくてはならない、この愛を男型の愛と呼ぼう。
女というものは、そうした男型の愛の持ち主を、まさに愛の持ち主だとこころ打たれて、無条件で愛するようでなくてはいけない、この形の愛を女型の愛と呼ぼう。
こうしたことで、男というのは、大前提としてかわいい女の全てを愛していなくてはならない/女から男への愛は、給水のラインであって、男から女への愛は、スプリンクラーのごとくでなければならない、この形を安易に逆転させることがあってはならない。
男が安易に「君だけだよ」と言えば、荒れて性質の悪い女はほだされるというか好んで合意するが、そうして都合をよくしあったものが、けっきょくは互いを軽蔑しあう感情に行き着くのだ、男はバカでなくてはならず、浅知恵で女の希望に沿うと女は当の男を根こそぎ軽蔑するのだった。

このところ、女の勘が悪くなって、自らの手で男を、己の軽蔑するタイプへと押し出すことに、悪霊じみて長けているところがある/近頃で女と付き合っている男にろくなのがいなくなるのはこのせいだ。
男は男型の愛をもつから男なのであって、この男型の愛に女型の愛で反応しているうちが女も女だ、最近は誰もこの反応が悪くなり、男も女もまず可能性を失ってから交流しようとする、このことについては最近の女性はとんでもない無能になっていると認めざるを得ないところがある。
男をまず男型の愛から引きずり下ろして、それからどっこいしょと付き合おうとするから、男もみじめだし、女もとっくに醜いのであって、そこからオスがメスの乳でも揉もうものなら、そこにはもう老人じみた性欲のやり合いしか残っておらず、何の青春の断片もない。
最近の女性は、ひどく性的興奮に貪欲で、男性がいるとなんとかして自分の性的興奮のオカズにしようと第一にするから、そのような積み重ねの果てに、現在もう女が性欲以前に男に対して恋なり愛なりを向けるということがなくなっている/男型の愛も女型の愛もすっかり枯渇していて成り立たないのだが、代わりに老人じみた性欲しか交換されていない現状については、より責任の大なるは女性の側にあるかもしれない。

愛を向けているのに、性欲だけを返してくるのはやめてくれ。

この嘆きと請求は旧来、女から男へ向けられるものだった、しかし現在は女性の男性化が進んだため、女性も痴愚の男性と等しく、常に性的興奮とオカズを探す発想しか持たなくなっている/男性は歴史的に、この痴愚について踏み止まろうとする知識を与えられているのだが、ごく最近に男性化した女性は、歴史的に知識を与えられていない、だから本当に何の歯止めもなく、平気で男性を性的興奮のオカズに見立てて良心の呵責が一切ない。
しかも男の場合、性欲のことしか考えていないというのも、まだ自覚的で笑いどころがあるのだが、女の場合、自分でそのことを認めないからずっと無言で男性を性的興奮のために眺めているのだ、その点で女性が自分を愛ではなく性欲の主だと認めることはまずないだろう/一部の男性は、今も必死で女の子たちを愛そうとしているのだが、そのことごとくを無数の無言性欲で包囲して啄むのをやめてくれ、もはやそこに必要なのは愛ではなく、男型の愛を尽くそうとする者へ覚える義のこころなのだった、彼を平気でむしり殺すな。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |