☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 自分が所属する世界の風(を呼び込む) | TOP | 自分が所属する世界の風(を呼び込む)3 >>
自分が所属する世界の風(を呼び込む)2

はいえ、これはきっとすごく大切なことだから、もっと丁寧に話しておいたほうがよいかもしれない。
人がナイスな世界に所属できない場合があるのは、ナイスな世界の風が吹き込んできてくれないからであって、なぜナイスな世界の風が吹き込んでこないかというと、そういう世界の行を身口意に積んでいないからだ、じゃあなぜそういう行を積めないのかというと、ナイスな世界とやらに「納得」がいっていないからだ、と話した。
ただ、本当に重要なことを、正確に述べるのならば、僕だって「納得」がいっているわけではないのだ、ただいつもどおりにやっていると、ナイスな世界の風が吹き込んでくるので、いつも「なんでだろうなあ」と不思議がっているだけなのだ、別に感謝しているわけでもないし、ありがたいと拝んでいるわけでもない/それに不思議がるといっても、「そりゃおれの知らん仕組みもあるでしょうよ」と思っているだけのことなので、本当にあるのは「納得」どころか、その逆の「知らんし」のほうが近い。
だからそもそものところ、「納得」といって、僕は自分自身の「納得」という機能そのものを、あまりアテにしていないというか、そもそも重用していない/だから本当のところを正確にいうと、僕はこのアホみたいな書き話しを続けることに、そんなに納得しているわけでもないのだった、まあそんなことを言い出すと、僕は何をするにしても自分の「納得」などを必要としたことがそもそもないのではある。

たとえば新春には、目隠しをして「福笑い」をするのかもしれない、今時そんなことで盛り上がるとも思えないが、仮にそうして目隠しをして「福笑い」をするとしたら、なぜ「福笑い」をするのか、それがどういう行為なのかを、わざわざ「納得」してからやろうと発想する理由はない、「目隠ししろ」「ほい」「福笑いをやれ」「はいよ」と、とりあえずやってみて、「なんじゃこりゃ」と思ったら、その「なんじゃこりゃ」のままそれを続けている。
つまり僕の行為の決定は、納得度というパラメーターに支配を受けていないということになる、僕はほとんど吉凶の予感しか尺度にしておらず、なんとなく凶相が予感されることについては「ヤです」「やらない」と拒否している/僕はたいへんワガママな奴なので、どれだけ納得度百パーセントでも、なんとなく凶相が予感されるものについては逃げ回り続けるのだった。
まったく、「不思議だなあ」というだけの、無責任さに尽きるのだが、本当にそうなのだからしょうがない、身口意がどう行為を積み重ねたかによって、自分の所属する世界が決まるのだが、その所属の決定は、自分の納得なんて関係ないのだ、われわれの納得とは無関係な何かの法則で決定している。
たとえば、男性が脱ぎ散らかした靴を、「女性が揃えたら?」などと言うと、そんなことはもちろん現代においてわずかも「納得」されないので、アサルトライフルでメッタ撃ちにされるのだが、そんなことを納得せずに行為してもだめだし、納得して行為してもだめなのだ/僕はなるべくたくさんの女の子を無条件で笑わせようとするが、別にそのことも「納得」してやっているのではない、僕は僕が納得することに何の値打ちがあるのかがよくわかっていない、ただ世界の風が吹き込んでくる。

納得は「思議」なので、もう「不思議」は期待できない。

納得するかどうかという、思議のフェーズを経たら、もう間に合っていないということなのだろう、前もって「納得するぞ!」と決め打ちしてあってもだめだ、もうタイミング的に「行」の速度に間に合わない/納得にせよ不納得にせよ、僕にとってはその納得関連のフェーズじたいが「しんどい」のだと思う、なんとまあ面倒くさがりも極点に来ていると思うが、納得関連のフェーズが省けるのなら僕は省いてしまうのだ、そうして少しでもラクをしたい、そうしたらなぜかナイスな世界の風が吹き込んでくる、なぜそうなるのかはあくまでも「知らん」。
自分の積んだ身口意の行為が、自分の所属する世界の風を吹き込んできますよと、ただそれだけのことで、そこに納得関連のフェーズが挟まる人には、当然ながら「思議」という世界の風が吹き込んでくることになるだろう、それは明らかな道理だ/そして「思議」の世界の風というのは、常にひしめく疑いの風、呪縛にがんじがらめにされた世界、いっときも安らぎが得られない地雷原のような世界の風だ、そんな世界でむりやり微笑むのはしんどいな。

できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |