☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 自分が所属する世界の風(を呼び込む)2 | TOP | 「かわいそう」という感情について(必ず覚えておいてほしい) >>
自分が所属する世界の風(を呼び込む)3
いうわけで、まったく無責任に申し上げると、もっとアクティブになればいいというか、ゼロアクティブになればいいのにと思っている/ゼロアクティブという造語は何を指すかというと、願望や納得や思議や動機や勢いのフェーズが一切入り込まないアクティブネスのことだ。
誰も、納得して生まれてきたわけではないし、納得して死んでいくわけでもないので、「納得」って言っても何のことやら……まあそれはいいとして、僕は明らかに、やるべきことは大量にあるのに、大丈夫なのかオマエと、勝手に偉そうに思っているのだった、さらに偉そうには、そのように「見抜いている」と言い放っても差し支えない(いや、差し支えはある)。
やるべきことは大量にあるのだが、納得してやるのならやめてね、と思っている、納得とか、その逆のヤケクソになった勢いとかは苦手だ、何かを愛したり遊んだり尊んだりするのに納得や勢いが要るのならそれはぜひやめてほしいと思っている、僕はゼロアクティブを推奨する者だ、ゼロアクティブならニキビもすっきり。
そして、なぜそのゼロアクティブが得られないかというと、うーん、ネクラすぎるからではないですかね……あるいは、この偉大なるおれさまに対して、帰依が足りていないのではないか/といって納得してから帰依するようなことはぜひやめてね、おれは尊ぶということの機能性と重要性を唱える者だが、自分が尊敬されることについてはもう飽きたというか、さっさと帰依して風呂場のカビでも掃除していろと言いたくなる、風呂場のカビを清掃する者は悉く偉大なり。

僕は以前から、この偉大なるおれさまを愛さない奴は、脳がバグっているので、手作りのお地蔵さまを創って午前二時から朝までディープキスしていろとよく言うのだが、なぜこんなアホ丸出しの話をするかというと、こんなものにもちろん納得などしているわけではなく、ただやはりナイスな世界の風が吹き込んでくるのだ、カモンベイビーアメリカである(ここは深刻に意味不明)。
んんんんん、根っこそぎ、おれのことを愛さない奴の意味がわからん、土星に輪っかが要らないと言い張る日焼けサロンの経営者ぐらい意味がわからない、おれのことを愛さないのではこの世に生まれてきた意味なくない? と、こうしたすべてのデタラメなことも、支離滅裂にデタラメなのではなく、風を最大に呼び込むためには、この文脈が最適なのだ、そういうことが直接視えないようでは文学者ではない。
この偉大なるおれさまは、偉大なるおれさまと言い張っているわけだが、これはそのように言い張っていればいいのであって、おれさまが本当に偉大である必要はない、本当に偉大だと思って熱弁していたら超絶深刻なバカじゃないか……あるいは、ひょっとすると本当に偉大なのかもしれないが、もしそうだとしても僕にとって自分が偉大か矮小かなんてことは、思慮を向ける対象ではない、他人のことならともかく自分のことはどうでもいいじゃないか、とにかく偉大なるおれさまを言い張っていると、ナイスワールドの風が吹き込んでくるので、そうしているだけだ、こんなもんエアコンのスイッチを強にしていることと大差ない。
というわけで、僕は今日もこのように、自分のやるべきことをなるべく大量にこなしているわけだが、それに比べたらあなたはどうだ、もっと愛のゼロアクティブが炸裂する毎日じゃなきゃウソじゃないのか、おれの周囲は少しずつ賢くなってきたよ、何しろずっとこんなことされていたら、なるほど「納得」などという通貨は本当に一厘にも両替してもらえないのだということをいやがおうにも悟るからな。

微笑まなくていいからネクラはやめぴー。

さすがにこの文脈は、われながらひどいと思う、ナイスな世界の風が吹き込めば「それでいい」というのも、ちょっと極端じゃないかねという、良心の呵責がおれさまにもある、こうして本論がタイトルから逸脱しているものを一般に駄文という。
偉大なるおれさまに、「偉大!」と言いまくってりゃいいんだよ、それでナイスワールドの風バリバリだ、そんなこといいかげん自力で気づけよな、そしてまさかそんなことに「納得」なんてしようとしないよな……? 偉大なるおれさまに偉大コールをするのに「納得」を思議するようじゃ、さすがに病院に行った方がいいぞ、フィリピンパブの女の子なんかおれのことを「大統領」って呼ぶぜ、フィリピンパブなんか行ったことないけれども。
できるオンナだね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |