☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 現実とリアリティの違い2 | TOP | WS報告039(1)/稽古は「出来事」、気魄は「出させる」もの >>
ガッサー

分で有言実行とか言っておいてアホだと思うが、終わらねーよ、本当におれはアホなのではないだろうか。
いいかげん自分に呆れたので、あえて晒すが、A4サイズで42頁になったぞ(pdf)、今からこれを校正していくのだが、こんなもん間に合うわけねえべ、いつ寝るんだよって話だ、今日はまたワークショップだぜ?
そもそも原稿用紙150枚分を「コラム」とか言い張っているのが、頭おかしいのだ、ふつうコラムってもっと、間に挟まっているちょこちょこっとしたやつだろ、誰がこんな膨大なものを書けと言った。
さっき最後までいちおう書いて、読み返していないので知らないが、いちおう初めのほうはちゃんと書けているらしいのが自分でイヤだ、しかもおれの脳みそはどこかで「もっとやれ」と言い続けているのだ、もっとやるのはいいとしてこれ一体だれがトクしているんだ。

フツーの人って、急に突然「階層構造」とか言い出さなくない? しかもそれで、パパッと短時間寝て起きたら、今度は胴体の「右半身と左半身を入れ替える」とかやるんだぜ、「消えて動く」とか「ミリ秒で終わる」とか、こんなのリア充っていうかキチ充って感じじゃない/これで「理学部化学科出身でむかしは総合商社に勤めていました、趣味は手品です」とか言い出すんだぜ、いくらなんでもワケがわからなすぎる。
うおお〜自分がイヤだ〜毎回書くたびに「誰が読むねんコレ」と思いながらアップロードするのがイヤだ、と言いながら数時間後にはマンキンで演劇的表示とかやっているんだろうな、今日も滑稽劇をひとつ作るかな〜あるいは漫才のネタひとつ作るかな〜。
ふう、いっそ逆に落ち着いてきたぜ、そういえばむかしブラックホール特集がテレビでやっているのを観ながら、メモを取りつつメシを食っていたのだが、友人のKに「自分、いつ落ち着くん?」とマジで訊かれたことがあった、だって当時はYouTubeがなかったのでメモを取りたかったのだよ、今でも酒を飲みながら「映像の世紀」を大マジで観ているのには誰も協調してくれないが……
ところでさあ、よくパーティに来てくれた人とかが、まっさきに言うことだけれど、「もっとコワイ人だと思っていた」って、実物のオレはそんなコワイ人じゃねーよ、むしろ圧倒的にゆるくてのんびりした奴だよ、逆にいうとこんなことキリキリしながらやれると思うか/昨日はペペロンチーノを作るのに「白ワインを入れたら酸になるわけで、油とゆで汁の小麦分が乳化剤になるのだから乳化はソッコーで済ませられるだろ」という実験をしていた、それは割とうまくいった(ウマかった)。

商社マン時代、朝、寝ながら歩いて、サザンカの植え込みにガッサーと突っ込んだことがある。

あのときもそれなりに反省した、といってもあのときは部長が連日おれを六本木に連れて行き、毎回夜中の三時に放り出していたのが悪い、毎晩放り出されているので路上の客引きのガーナ人に憐れまれたんだぞ、うるせえチョコレート野郎と言ったら笑っていた、あのガーナ人はいいヤツだった、おれは板橋まで歩いて帰った。
ところで今週のワークショップ以降、数日スケジュールが詰まっているので、ちゃんと校正して感成功を(←誤字を直すのが面倒くせえ)アップロードできるのは少し後になるかもしれない、まあ別にいいだろ草稿でもどうせ大差ないからテキトーに読んどけ。

バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |