☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< WS報告039(2)/全身が出来事に追いつくように | TOP | They never Go >>
正しい位置にハメる
か知らんが、すべてのことは、サイコーにうまくいっている。
にもかかわらず、何か落ち着かないのだが、落ち着かないのは、書き足りていないからだ。
本当のことを書かねばならない、僕は本当のことを早く書けと、「要求」されているのだ、いやお前らに要求されているんじゃなくてな……もっと別の、古代の、ここではない王朝の上空に吹いていた、風のようなものにだ。
偉大なるおれさまという言い方も、いいかげんもう恥ずかしいのだが、恥ずかしがっている場合ではないのだ、もっと高く言わないと、ますます落ち着かないだろう/ものごとにはハメるという言い方があって、ハメるべきものを正しい位置にハメないと落ち着かないのだ、世界がきっちりハマると、そのことに本来誰も文句は言わないのだ、そこにはよろこびばかりあるから。

高い位置にハメられる奴もいれば、低い位置にハメられる奴もいるが、本来そんなことで人はブーブー言わない、なぜならぴったりハマれば、それは一体化するからだ/でもそのことは、ぴったり一体化するときまで知りようがない、そしてずっと暴れ続ける奴を、がんばってハメてやろうなんてする義理はどこの誰にもない。
低いものを低いところにハメ、高いものを高いところにハメるのは、そういう関係が出来るということで、その高低差に不平が起こるものではないのだ、関係がないのに位置だけ差分を付けられるから、「無意味すぎて草」ということで不平が起こるのだ、その場合はどう考えてもそりゃ不平のほうが正しい。
たとえば男尊女卑というアホみたいな言い方があるが、この言い方を使い出した奴は、位置関係がわからないアホだったのだ、位置関係がわからないくせに表面だけ真似ようとしたから男尊女卑というアホな言い方だけが残った/ピッチャーが座って投げて、キャッチャーが立って捕球するアホな関係があるか? 本来男尊女卑などというアホな関係はなく、男女関係という当たり前の関係だけがある、それが男尊女卑関連でモメるということは、それぞれが男でもないし女でもないということなのだ、それぞれがピッチャーでもなければキャッチャーでもないということのように。
正しい位置にハメるといって、その正しい位置というのは本当に絶妙の、特殊きわまる感覚のものだから、そんなもの「なるほど」といってアホが真似できるたぐいではないのだ、アホの組んだエンジンパーツがまともに稼働するわけがないように、すべてのものは「絶妙の」正しい位置にハメられなくてはならない/なんのこっちゃと思うかもしれないが、そんなに珍しいことでもないのだ、たとえばメガネをかけるにしたって、その位置が五ミリもずれたら気持ち悪くてしょうがないだろう、ハメるべき位置って精密にあるじゃないか。

正しい位置にハメるか、そうでないなら、その人は「天の上」か「地の底」だ。

「天の上」「地の底」の位置にあるものならば、その人は一般的には無関係だ、無関係といって地の底扱いされたら誰も納得がいかないだろうから、天の上扱いされることでしか納得しないだろう、そうしてとんでもないコドモや、とんでもない老人が出来上がる、そりゃ当人も天の上保証がされているならよいかもしれないが、その保証はないわけだし、万が一「残念、地の底でした〜」となったらどうするんだ(何を言っているかわからんと思うが、いつかのときのために漠然と聞いておいてくれ)。
「ここ」という正しい位置にハメるか、どうしてもハマらない人は天の上か地の底、ハマらない当人は天の上でないと納得しない、ハマらない人は全員「天上人」と呼んでやれば大喜びする/そんなバカなという不気味な話なのだが、実際にそうだから実物はビビるぜ。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |