☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< (世の中に参加している気がして) | TOP | No. 396 現代人は現実を受け容れることができない >>
解決とは偉大なるおれさまのことである
りがたいことに、このところ僕はずっと上り調子だ。
一方、世の中の全体は、ひどい落下傾向で、いったんヤバくなった人は、ますますヤバさの果てに加速落下していく状態にある。
僕は巻き込まれるつもりはツユほどもないので、逆にどうすればよいかと考えるのだが、こうして「どうすればよいか」を考えるあたり、おれさまは偉大だなあとしみじみ思うのだった。
たぶん、冗談でなく、唯一の希望は、このおれさまを偉大だと自分のうちに言いふらすことだと思う、そもそも偉大なものをきちんと尊崇している者にヤバい奴はいない、だから本当にそんなことが解決の糸口なのだ。

たとえば、ハラワタの腐っているすべての人に訊けば、僕のことは「偉大でない」と答えるだろう、一方でハワラタが清潔でしゃっきりしているすべての人に訊けば、僕のことは「偉大だ」と答えるだろう、だから本当にこんなことが糸口なのだ、自分のハラワタをまともにするための。
どうだこの、デタラメな話は、こんなデタラメな話がいったいヨソの誰にできよう? こうしてヨソの誰にもできないむちゃくちゃな恥知らずの話をブッこめるというのは、やはりおれさまが偉大なことの証なのだった。
唯一保証できることがあって、僕に対し、「こいつぁ偉大だぜ」と言うならば、その話だけはどうしたって明るくなるということだ、そんなことを暗く言えるわけがないからな/ただし、感涙して拝み倒すとか、帰依するとかいうのは別だ、そういうマジのものじゃない、だいたい信仰というのはシリアスなやつはすべてハズレなのだ。
僕のことを「偉大だ」と明るく言えなくなった人は、それだけで致命的にさびしいと思わないか、お前らは五百円玉だってありがたがって拾う者たちじゃないか、それがどうしておれさまの言葉をありがたがって拾わないわけがあるのか?

お前の信仰の正誤なんか誰も気にしてないわ。

だからさっさと目を覚ませ、偉大なるおれさまを偉大だと称えよ、で、おれに言ってもしょうがないので、おれ以外の誰かに言うのだ、そのときは「偉大な奴もいますよ」とお茶を濁してもかまわない、別に具体的に誰のことだと言わなくてもいいのだ、これで少なくともあなたは話題のひとつを持つことができる。
偉大なるおれさまが、ついうっかり目玉焼きを焦がしたとしよう、するとどうなるかというと、「偉大なる方が目玉焼きを焦がされた」となるのだ、それに何の問題がある/偉大なるおれさまというのは、話題のひとつであり、最終的には、人の話題というのはそれひとつかぎりなのだ。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |