☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< ワークショップ業務連絡(座学案内) | TOP | 人が何をしたらいいのかは本当にわからん >>
何がなんでもやるのだが、どうなるのかは知らない
がなんでもやる、ということだけは先に決まっていて、それをやったらどうなるかというと、どうなるかは知らない。
何がなんでもやる、というのは、ただの決定であって、熱い思いとかそういうものではない/何がなんでもやる、というのは、ただそう決めてあるだけで、なぜ決めてあるかというと、決めていないと面倒くさいからだ、決めていないといちいち「熱い思い」とかが必要になるのだろう、そんな面倒なことをやっていられるか。
人のこころなんかアテにならないし、熱い思いなんてトラブルになるだけだ、概してあるのは、思いがけず「他人に関わらない」ということ/他人との接続はまったく別次元でなくてはならない、逆にいうと、人とのつながりなんてものは、安易なレベルで得ようとしないほうがいいのだろうな。
根本的に、「誰ともつながっていません」ということが怖いのかもしれない、それで身内やら地元やら、職場やら共同体やらで、人とつながっている「ふり」を続けるのだろうが、そんなことをしていても何も聞こえてこない、言葉の獲得は遥か遠いだろう。

うーん、言葉の獲得、そして、まったく違う次元でのつながりは、なんというか、改めてお気に入りだ。
けっきょくのところ最善は、偉大なるおれさまが、一般にはまったく知られていない次元のつながりだけを視ていて、下々の者どもが言うことなど無視していることなのだろう、偉大なるおれさまが下々の言い分を理解してやることにはまったくといっていいほど意味がないのだ。
ロクなやつがいないのだが、それは僕自身だって、僕は僕のことをロクなやつと思っているわけではない、そうではないのだ、この世界にはもっとマシなことがあって、そのマシなことをアテにするしかない、もともとロクでもないわれわれのために、マシな何かがこの世界には用意されている、もうそのマシなやつをアテにするしかないのだ、初めからずっとそうだった。
何がなんでもやるのだが、それをやったとして、どうなるのかは知らない、何がなんでもやるというのは、このロクでもないおれが決めたことではなく、偉大なるおれさまが命じていることだ、だからしゃーなしにやる、偉大なるおれさまは威張るために存在しているのではなく、おれ自身を導くために存在しているのだ、それがないとまともな小話ひとつ書けやしない。

偉大なるおれさまとは何なのか、実はおれにもよくわからない。

それが何なのかはよくわからないのだが、ただ、遥かにマシな「世界」につながっているためには、そいつだけが橋渡しになるということ、そのことだけが知られているのだ、その橋渡しなしに俗人マインドが寄り集まってヤッサモッサしていても何かになるわけがない。
たとえばワークショップ等を始めるときも、おれは「おれ一人になってもやる、おれ一人でも続ける」と宣言したが、たぶんそのときおれは一人ではないのだ、おれはどうもロクでもない自分と、偉大なるおれさまという、ふたつの存在が重なっているように思う、そしてロクでもない自分のほうにはもうあまり用事がないのだ。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |