☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 何がなんでもやるのだが、どうなるのかは知らない | TOP | この世で最も薄気味悪い奴になる方法 >>
人が何をしたらいいのかは本当にわからん
大なるおれさまの、考えていることは、ちょっとここでは明かせないぐらい、常識を遥かに超えている。
考えていることというか、そもそも、何かを「考えて」いるわけではないしな……何かよく知らんが、常にブッ飛びの状態にあるのだ、偉大なるおれさまは、一般に考えつく手続きとまったく手続きを知っており、それをやらせようとする、おれ自身に対してもそうだし、おれが友人と認める者に対してもだ。
そして、それは一般的には「運」であり、人はまったく自分の思っているようなプロセスで、啓かれていくわけではないのだ、まったく別のまったくわからんことが作用していて、ふつうそんなことは誰にも視認できない/偉大なるおれさまは、それがどうやら視認できるのだが、なぜ視認できるのかはおれ自身にもわからん、おれ自身もそのときは「なんやこいつ……」と自分でドン引きしているぐらいなのだ。
まあ一般に向けては、わかりやすく、それっぽいテーマや理念や目標設定を申し立てているが、そんなもんけっきょくウソだな!! だって一人ひとり、魂は違うし、積み重ねている業(カルマ)も違うんだもの、イルカはジャンプするべきかもしれないし南国の鳥は唄うべきかもしれない、そんなものを一緒くたに扱えるかよ、そういうところでハズレをやるようでは、よりによってこのおれの珍しい値打ちがなくなってしまうだろう。

人は何をするべきかといって、何をしたらいいのかは本当にわからん。
何をしたらいいか、急に視えるのは、何かのっぴきならない窮地に陥ったとき、幸運にそれが「視える」ようになるか、そうでなければ、もうすでにそういう視力を宿している人に教えてもらうかだ、かといってそんな人に出会えるかどうか自体が運だし、仮に出会えたとしても何かしら縁が拓けていなければ「知らん」としか言ってもらえない、だって知らんものは知らんので、知らんものについては言えないだろう/すべては自分で考えるしかないのだが、その自分で考えるというときの「自分」というやつを、そもそも誰も獲得していないので話は初めから破綻しているのだった。
まあ偉大なるおれさまから見ると、人それぞれに救済プランや育成プランなどすぐに立つのだが、そんなもん特殊すぎるというか、それだって偉大なるおれさまのことを愛していないと視えてこないしな/より正確かつ正直に言うと、偉大なるおれさまを疑っているようなアホは、救済プランが「ない」というのが視えてしまうということだ、それは絶望的なことではなくて、少なくとも今はそういうフェーズにあるということにすぎない。
フェーズがそちらに固まったら、そりゃ絶望するしかないと思うが、それは老人になってから固まるべきであり、若いうちならなんとかなる、けっきょく何を信じるかで自分の魂は決定するからな/とりあえず、人が何をしたらいいのかなんて本当にわからん、極端にいうと「おでこにバンダナを巻くといい」なんて場合さえしょっちゅうある、そんなもん直接視える以外にどんな方法で考えつけるわけがあるのだ。

おれの言うとおりにしなくてもいいから、おれの言うとおりに言え。

もう長いこと、このわけのわからんブログも続いているのだが、このブログ記事の多くは、そのままあなたが口に出していえば、あなた自身の言葉となりうるように設計されているのだ、だから「人が何をしたらいいのかは本当にわからん」と、「あなたが」言ってみれば、あなた自身が啓けるように作られている、それがなぜなのかはあなたにはわからんし、おれにもわからん。
おれの言うことは、たいてい理解できるものだが、理解したところで何になるわけでもないのだ、理解なんてただのガマン比べでしかないからな/偉大なるおれさまを愛さない女は末期的なバカだと、「あなたが」言う必要があり、「あなたが」それを言えばそれですべて済むし、「あなたが」言う以外では解決の方法はゼロなのだ、偉大なるおれさまを愛してどうこうしろということじゃない、偉大なるおれさまを愛さない女は末期的なバカだと、言うだけならタダだ、そのタダで啓けるというのだからいいじゃないか。
視点変えてこ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |