☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 第94回Quali's Party[7月20日(土)]無事盛会! | TOP | パーティ報告94(1)/話の真相 >>
余談、「笑う」というのはまったく別のことなのだとして

笑い芸人宮迫博之さんを中心に、お笑い芸人と反社会勢力とのつながりが、金銭授受も含めて明るみに出て、誰をどのようにパージするか、大きな問題になっているらしい。
それについて、僕は宮迫さんその他の直接のファンというわけでもなかったし、当事者的な危機意識は起きようもないのだが、ここで先輩格の松本人志さんが後輩全体の救済と庇護に向けて、企業上層部にはたらきかけるらしいということを聞き、そういうことならば例外的に、掛かる事態が思いがけぬ慈悲ぶりで特赦されることを祈る態度に、僕の内側は切り替わった。
僕は社会的に自分に与えられた選挙権および、それに付随する政権監視の義務以外は、社会的なことに対しては行使もしないし履行もしない、古い言い方でいえばいわゆるノンポリの人種だし、社会問題に見せかけた、実は一企業の背徳トラブルにすぎない他人事に倒錯して気勢を挙げる気質は持ち合わせていないけれども、今回に限っては例外的に、松本人志さんのはたらきかけが、功を奏しますようにと祈り、ささやかに気を送るつもりでおりたい。
松本人志さんは、今すでに妻子を持たれ、筋骨を隆々と鍛え上げられているけれども、元より笑いをもって、人々から魔を祓うということを、それと知らず続けていらっしゃった方だと思う、それが今現在の松本人志さんにとってどのような形態になっているのかは知る由もないが、今もなお不穏な魔のほうが祓われ滅びますように/端的に申し上げるなら、僕は宮迫博之さんの姿を再び見たいと心底から望む者ではないが、松本人志さんの往年よりの笑いの信奉が今一度勝利するところを見たいと、心底から望んでいる。

このところ、芸能人のスキャンダル騒ぎと炎上が続いているが、それをもって、僕は芸能人を「信用できない」とは今さら思わないし、「裏切られた」というような心地も覚えない。
僕が今覚えている確信は、むしろ逆方向で、信用できないのは芸能人ではなく、日本国民のほうだ、僕は掛かる事態の連続を見て、日本国民全体に対し、「この方々は、温情や仁愛を持たない人々なのだ」と判断せざるをえなくなっている/「この方々は、快感と不快感しか覚えない人々なのだ」。
何が嘘で、何が裏切りだったかというと、お茶の間でテレビを見て笑っている、温厚そうな日本国民が「嘘」だったのだなと、僕は捉えている、彼らは本当には笑っていなかったし、本当は、そのときがくればいつでも堂々と、今まで笑っていたものを手槍に持ちかえて、即日にも処刑の執行人になるつもりだったのだ、日本国民とそのお茶の間は、実はそうした真実の姿を隠蔽しているものにすぎないのだと僕は判断せざるをえない。
当該の騒動につき、被疑者が釈明にあきらかな嘘を申し立てたということがあったようだが、僕はそうした個人の嘘については何も思わないし、状況的に「そりゃあ嘘も出るだろう」としか思わないが、日本国民全体の「嘘」については別だ、日本国民全体が「嘘」をつき、しかもそのことを自分たちでも気づいていないというのは、善悪というより恐怖の対象たりえる……日本国民は温情を持たず、いつでも隠した手槍を取り出して、人を磔(はりつけ)にして呵責を覚えない人々なのだ/そう考えると今、そうした処刑の怨霊徒たりえない松本人志さんに、今一度勝利の凱歌があがることを、やはり祈念するよりない。

宮迫はあまり面白くないが、それより、日本国民の愛のなさのほうがひどい。

もし僕が、当人の前で「宮迫はあまり面白くないが……」と言ったとして、僕は宮迫さんが「ちょっと待って、今何て言った?」と、威勢良く食いついてくるようであってほしい/一方で、もし僕が "当人ら" の目の前で、「日本国民には愛がない」と言ったとしたら、そこに可笑しなものは何も食いついてこず、ひたすらシリアスな呪詛ばかりがのしかかってくるだろう、それでいてこの国民は他人に対してだけ異様に誠実さを要求してくるのだ。
宮迫博之さんとその他の一派は、掛かる事件によって通例的に、いわゆる「イメージが悪く」なり、広告やスポンサードのストレートな看板たりえなくなるかもしれないけれども、そもそも「お笑い芸人」というのは、人々に商品を好印象でイメージさせるコンパニオンユニットではなかったはずだ、ここで「お笑い芸人」を処刑するというのはそもそもの筋道がおかしい/「笑う」というのはまったく別のことなのだと、このたびは今一度、松本人志さんが勝利してほしい、そのことを祈念して、ここに僕は場違いな話をした。

恋女のマインドね | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |