☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 音と光、音のうたと光のうた | TOP | おれが愛してやらなければ >>
一般という感覚を持たないこと
般に分かるようには絶対に書いてやらん。
そもそも、「一般に分かる」ということ自体が致命的なハズレだ。
いつの時代からか、人は人に対して冷淡になり、同時に、人に対して気を遣うようになった。
冷淡なのに気を遣うというのはどういうことだ、フレンドリーな工作で自分の一生をつぶす気かよ。

なぜ「冷淡な親身」になり、「ハズレフレンドリー」になったのか、理由はよくわかっている。
魂が見捨てられたからだ、場合によってはカミサマから切られたと言ってもいい、そうなるともうどうやっても人とつながるようなことはできない/そもそもつながりを得ようとしている人はつながりを失ったからそれを得ようとしているにすぎない。
一般に分かるようには絶対に書いてやらんが、そもそも、現代における「一般」というのが、もう「終わっている人」と同義だ、人って本来もっとワガママなもので、そのワガママな世界の中に特別な連中を得たものだろう。
ヒューマニズムを主題にする時点で、もう誰ともつながりはないし、何の世界も残っていないのだ/初めからそれは何かを得ようとしているのではなくて、すでに失ったものを、これから得るものだと恣意的に誤解してごまかしているだけだろう、これは「死ね」と言っているのではない、それでも死なずに最後まで自分を見届けるべきで、だからこそキツいだろと言っているのだ。

生にせよ命にせよ、ハズレていない奴は主題なんか持たない。

恣意的に「主題」を設定すれば、あたかも自分には道が拓けているように見えるが、それは錯覚だ、まともな奴は自分のやっていることに興味なんか持たないし、自分のやっていることを意識したりしない。
どのように解決のすべがあるかというと、解決のすべはないのかもしれないが、ただ本来あるべき唯一の状態は、「一般」という感覚を失うことだ、おれだけは周囲の一般的状況を認識しない、それでおれは少しだけ女がデートする価値のある男になるだろう。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |