☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 年長者の一面は、過ぎた時代へのガイド役 | TOP | WS報告057(1)/カミワザの出し方、使い方 >>
方法はゴミ箱へ、おれはずっとあがいているだけだ
くづく、独り相撲というか、僕一人でまるで見当外れの、世の中からズレたことをやっているのじゃないかと思う。
まあでも、他人のことは、けっきょくわからないので、わかったふりをせず、おれはやはりいつもどおりの、ぶっちぎりのおれでいるしかない、と思っている。
いつも偉そうなことを言っているが、なにひとつ、前もって準備できたり、自信を持ったりすることはできず、いつも白紙の暗中模索だ、何かに落ち着いて取りかかれるということはたぶんこの先にも一度もない。
ただ僕が知っているのは、ふとしたときに、何かのフタがあくのか、底が抜けるのか、完全に大丈夫、という、完全な成功に接続する瞬間があるということだけだ、いつもそのフタはまぐれで開き、どうやって開くのかは未だによくわからない。

何かに落ち着いて取り組むとか、何かに安心するとか、そういうことは一度もなくて、ひょっとすると僕自身、常に極大の不安に晒されて生きているのかもしれない、こんなことは他人と比較できないが、ひょっとすると他人と比べると極大の不安のさなかにあるのかもしれない。
何しろ、こうして一文一文書くだけでも、何が正しいとか、どういう技術があるとか、アテにしたことは一度もないし、それでも一行でも面白くないと、それは面白くない奴なんだからな、けっきょく何かについての方法論とかノウハウとか、そんなものは持ったことがないし、アテにしたことも一度もない。
わけがわからないからいつも、最終兵器を出すしかないという具合だ、最終兵器はいつも、偉大なるおれさまならなんとかするんだろうという、自信さえアテにしない自信だ、いくらおれに自信がなくても、偉大なるおれさまはなんとかする、何しろ偉大なんだからそういうものだろうという、間違っていれば間違っているほどアテにできるという感触だ/よっておれに何かを相談するということは常に間違っている、相談で解決できるものならおれが誰かにすべてのことを相談したい側だ。
何の補償もない、何の権威もない、何の頼りもない、だから不安があるというよりは不安だけが100%を占める中で、「それ以外に面白いありかたは存在しない」というのが僕の考え方だ、とことん不利になり、とことん武器をなくせということ、何かに頼るこころが1%でもあったら、それは「弱い」ってことだと思うんだ、まあおれがズレているのは知っている、ズレてなかったらわずかでも安心みたいなものが芽生えるのだろう、だから最もズレているところに立ち続けるしかない。

おれよりあがいている奴がいたら、おれの負けだ。

おれは自分自身に対してタチが悪いのかもしれないが、おれはわずかでも、計算して妥当にやっている自分が見えると、その途端に自分を粉砕してしまう、何万字書いてあってもその瞬間にすべて消去してしまう、おれは自分に対する積み立ての一切を、一ミリたりとも許さない、おれの意志がそのようにあるのではなくて、何かが初めからおれの積み立てを一切受け付けず、そのとたんに弾いてしまうのだ、コイツは初めからそれを許す気がないので、粘ってみても必ず時間の損にしかならない。
方法はない、方法と呼べる一切のものには何の面白みもない、かといってヤケクソのものなんてゴミにしかならなくて、すべてのことは度肝を抜くほど計算されつくしていなければならないのだ/何の方法も積み立てもなしに、つまり計算なしに計算しつくせというのは矛盾だが、よくよく見ると矛盾ではない、まだ発見されていない数式に接続すればいいのだ、数式は入念な計算の究極にあって、まだ発見されてないのだからそれは手元に方法としては存在していない、まあそんな理屈をこねていてもどうにもならないが、これは何の話をしているかというと、おれが一番あがいているんじゃねーのという、根拠のない自慢話をしたかったのだ。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |