☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< I am 最上位 | TOP | これから知っておくべき「想像を絶するキモさ」について >>
キングダム
ングダムには王がいる。
王に入国を許されたものは、王国の民(臣民)となる。
「客」になんかなりたいか? 寿司屋にいくわけじゃあるまいし。
「主人公」という言い方を当てはめたのは坪内逍遙らしい、もともとは禅の言葉だった。

キングダムは、王ひとりのために存在している。
臣民のために存在しているのではなく、祈る王のために臣民たちが存在している。
また王のために臣民がいるということが、民たちの幸福でなくてはならない/そのために、人々は王国の門を叩いた。
王の姿は、常に祈りの姿だ、それを主人公という/民たちは主人公のもとで祈りの恩恵を受ける、王は祈り、民は祝福を受け、民は王の栄光を喝采する、彼らは王国の民であって客ではない、客というのは実につまらないものだ。

王の前に客なし、王はただ旗を守っている。

王の旗は、王国の旗だ、王は神々の祝福を使役して王国の旗を守り、王国を求める民を呼び集める。
王国において、主人公は王ひとりだ、主人公が二人以上いる例は特殊でしかない、主人公は常に王ならざるをえず、よって主人公の前に客はない
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |