☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< コロナ騒ぎは承認欲求チャンスじゃねえだろ24/ヒモ男に勝利せよ | TOP | 遊び主だけが世界を得さしむ >>
コロナ騒ぎは承認欲求チャンスじゃねえだろ25/「アビガンは効くっぽい」日本感染症学会
4月18日の緊急シンポジウム(日本感染症学会)で、「実際のところアビガンって効いてる?」ということのレポートが報告された。
現場で300人に投与したデータから、軽症・中等症状の人で9割、重症の人でも6割、症状の改善が見られたと報告されている/これはもちろん、「アビガンが効いたから改善した」とは断定できない、投与していなくても症状は改善したかもしれないからだ、だからあくまで「効くっぽい」というレポートだが、それはやはり「効くっぽい」というレポートだった、「効かないっぽい」というレポートではない。
今のところ、アビガンとレムデシビルが治療薬候補の双璧という感じのようだ、そして当然のことだが今は、それらをどのタイミングでどのていど投与したら一番効果的かということが研究されているだろう、そんなもん研究というより現場のドクターが複数のパターンを見て「気づく」ということの積み重ねでしかないだろうが、幸か不幸かこれから投与のケースは何十万と発生する。
相変わらず、日本での新型コロナの蔓延速度は驚くほど遅い、検査数は増やしているはずだが、それでもやはり加速度の上昇が鈍いのだ、プラス自粛要請も効いてきているので、万事が不十分であるはずが、なぜかパンデミックが「ドカーン」とならない、ドカーンを抑制するナゾのファクターがあるということになるが、そのファクターが何なのかは、むろん賢明な全員にとって「わからん!!」のだった、欧米諸国から見れば日本がドカーンといかないのは率直に言って「ズルい」だろう(本当にナゾだ)/おれは個人的に日本のデータを解析しているのだが、「陽性患者数が一週間で二倍になる」をレッドゾーンに設定しているところ、どんどんレッドゾーンから遠ざかっていくんだよな、ホントにナゾだが実際そうなのだからしょうがない。

それにしても、いかに蔓延の加速度の伸びが悪かったとしても、もう十分に医療側は限界のはずで、都心などはすでにオーバーフローを起こしているだろう/隔離した病床の設営、毎回防御と洗浄を要する検査、隔離状態での搬送ハンドリングのデザインなど、その実務は考えただけで気が遠くなりそうだ、その混乱の渦中に次々と新しい患者が運ばれてくるのだから、現場はもうめちゃくちゃだろう、「永遠に補充される無限の残業」みたいな状態になっているはずだ。
医療現場のことは、考えるだけでも背筋が寒くなるもので、せめて物資だけでも補充されますようにと祈るしかなく、さすがにここで「医療従事者ガンバレ」と言い出して自分の承認欲求を充足するネタに消費する気にはなれない/おれにできることは「防疫をやる組」としてシンパを増やして病院に行くやつを一人でも減らす(あるいは遅らせる)ことぐらいしかない。
引き続き、おれの作戦は変わらなくて、今ちょうどアビガンが効くっぽいと言われているところ、これからいよいよその薬の使い方が研究されようとしているのだから、この時期に感染するのはすごく損だ、おれはそう考えている、仮にイヤイヤ感染するとしても、おれは治療方法が一定ていど確率されてからでないとお断りする/この先もうすぐにでも治療法がアップデートされていくのはミエミエなのに、わざわざアプデ前に突っ込む理由がおれにはない、今感染しても現場と治療はいまだ「クソゲー」状態だろう、そんなところに命がけでアプデ前に突っ込むようなおれは勇者じゃない。
この先もし、1.低コストでスピーディかつ確実な検査法ができ、2.テキメンに効く既存薬投与のタイミングが判明し、3.既存薬即時投与の態勢が整ったら、「検査の結果コロナだったけど薬飲むのが早かったからすぐ収まった」というケースが続出することは大いにありうるだろう、それでも重症化してしまう人もあるだろうがそれはそれだ/わずか一か月でここまで蔓延したコロナも恐ろしいが、わずか一か月で強引に巻き返してくる人類もスゲーよ、世紀末ムードの中で承認欲求を満たしていたアホどもはまもなくこの短期間に自分が末代までの恥と呪いを受けたことに気づいて深く後悔するだろう。

素早く確実に検査できるようになり、最善の薬と投与タイミングが知られたころ、新型ウィルスはもう「未知の」ウィルスではない。

どうやらこのコロナ騒ぎのウィルスも、決して無敵不滅のウィルスというわけではなさそうなので、猖獗を極められるのはあくまでこのウィルスが「未知の」ウィルスでいられる間だけだろう、だからおれはその間は罹かってやらない/本当に無敵の感染力を誇っているのなら、今頃とっくに山手線に乗っている人たちは全滅していないといけないだろう、結果的にそうはなっていない、だから新型コロナだって感染には特定の要件があるのだ、なんだかんだ「換気されていない空間でハァハァしている奴」が感染には必要なんじゃないのか、さあそれらの情報も次第にアップデートされていくだろう。
今、周囲の友人たちの様子を見ると、こんな命に係わるような疫病の状況を、「そんなに長く直視していられない」という心境のようだ、確かに精神的にしんどいし、気が滅入るということがあるだろう、だから代わりにおれが状況をウォッチしている/今感染するのは損だ、検査法の開拓と、治療のノウハウが蓄積するまで待て、換気して、手を洗うのが重要、顔を触らないことが重要、そしてハアハアしている奴には近づくな、買ってきたもんはテキトーに消毒して、すぐ開封する必要がないものは四日間放置しておけ、そうして感染しないままのんびり来月の19日になれば……状況は必ずアップデートしているだろう、これから何十万という実際の投与が為されていくのだから、その中でノウハウが発見されないわけがない、われわれがアレコレ考えるのはその後でいいのだ。
コロナ騒ぎ(臨時) | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |