☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< コロナ騒ぎは承認欲求チャンスじゃねえだろ35/わけがわからんパンデミック | TOP | 評価されているヒマはない >>
この世界がハッピーになる方法
の世界がハッピーになるためには、おれがハッピーでいつづけるしかない。
おれがハッピーなら世界はハッピーだろう? せいぜい問題は、おれのハッピーを忘れて自分のハッピーを模索するような奴の存在だ。
どう考えたって、まともな奴は、おれがハッピーだということを知ったら、ハッと目が覚めて「よかった」とこころが改まるはずなのだ、まあおれのことを知らん人はハッピーになりようがないからしょうがないが……
この世界において勝利するということは、おれのハッピーを知って目を覚ますということなのだ、おれのハッピーを聞いたら目が覚めるだろう? そうしておれのハッピーに殉じることだ、そうしたらすべての霧は晴れてうつくしい夜が正体を現す。

おれのことがきらいな人は、おれのハッピーを聞いて悲劇的なショックを受ける。
おれのことを愛している人は、おれのハッピーを聞いて衝撃的な安堵を得る。
テキトーに言っているようだがこれはマジの話だ、そして前者、おれのハッピーを聞いて悲劇的なショックを受ける人は、実はおれのことなんか関係なくて、自分のアンハッピーを信じているのだ、だからハッピーになる方法はなく、さらに言えばハッピーになることを本当には求めていない。
フハハハハ(と突然笑ってみる)、あなたの友人と知人、そして身内のすべてを思い出せ、その中でおれのことをきらうであろう人を並べてみろ、すると共通項が浮き出てくる、その人たちは「本当にはハッピーではない人たち」のはずだ、その人たちはハッピーがきらいでハッピーにきらわれた人たちなのだ。

ハッピーな奴がハッピーな奴をきらうはずがない。

その証拠に、おれはアンハッピーな奴が苦手だ、おれはアンハッピーでない人は何かが誤っていると思うのだが、アンハッピーな人は自分が誤っているとは絶対に思わないので、ハッピーなおれのほうを何かが誤っていると捉える、まあそんなものだ、これは何も複雑なのではない、逆にシンプルだ。
面白い話だが、潜在的に、ハッピーそのものを攻撃する人が多数いるのだ、むしろそちらが潜在的には大多数といえる/なぜハッピーを攻撃するのか? ハッピーを攻撃して永遠に遠ざけて何の利益があるのか、まるでわからないだろう、それはまるで罰のごとくだが、つまりは「傲り」だ、傲りによってハッピーそのものを攻撃せざるをえない身分に落とされたのだ、さきほど浮き出てきた共通項を再確認しろ、彼らは「本当には傲慢な人たち」のはずだ。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |