☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 子分は親分が怖いという病的風土2/「親分の怖がらせパワー」 | TOP | 「何にも勝ったことがない人」 >>
コロナ騒ぎは承認欲求チャンスじゃねえだろ39/海の外はいよいよパンデミック最盛期

日も、「コロナよ滅びなさい」と命令するためにこんな記事を書く、こんなもん命令して滅ぼすしかなく、その後はワクチンでキュッと〆ればOKだ。
東京に住んでいると、目黒も世田谷も渋谷も、「ふう、ようやくコロナ騒ぎも収まったね」みたいなムードになっているのだが、ちょっとわけがわからない、世界的には「ついにパンデミックキター」となっているのが今まさに今日このごろであり、日本人は完全にズレている/それは幸運に属することだろうが、この幸運に厚かましいあぐらをかくのはよくない、コロナが収まったという話は世界中のどこにもない、鎖国している江戸幕府しかコロナが収まったなんて話はしていない。
ともあれ、コロナなんぞは命令して滅ぼすしかないし、これで収まったというなら初めからそんな騒ぎはなかったということになるのであって、われわれは防疫を信じるのであってコロナを信じないという立場だったはずだ、ここで急に防疫を信じる魂を投げやりにすると、コロナを信じる人々によって逆襲を食らうリスクを生じる、そんなバカなことになってはいけない、引き続き、初めからコロナとかいうどうでもいいものは存在しておらず、あるのはただわれわれの防疫だ、防疫していると気分がいいから防疫しているだけだったはずだ/どうも一部の人の感覚では、役所がブーブー言わなくなったら自然現象も収まったものだと誤認することがあるらしい、そうではなく日本でコロナが抑え込まれているのはおれが滅びろと命じているからであって総理や知事がどう発言しているかの問題ではない。
というわけで、おれはまあ、公益のために今日も「コロナよ滅びなさい」と命じ続けるのだが、それは人々が防疫を信じることと引き換えなのでね、信じない人たちは信じないとおりの結果がもたらされるってもんよ、コロナが終息したというようなわけのわからない思い込みを持ってはいけない、海の外では今まさにコロナのブレイク真っ盛りであって、これは冗談でも何でもない、日経新聞のコロナ世界地図を見れば海の外の阿鼻叫喚が一目瞭然にわかるだろう。

それにしても、日本はなぜ、この世界的なコロナ惨禍から守られているのかまったくナゾだ、ふつうに考えると緊急事態宣言の解除後としてもっと大きなリアクションが起こりそうなものだが、なぜかそうならない/そもそも日本の人口密度や生活様式を見れば、日本なんか真っ先にやられそうなものなのに、なぜかわれわれは混雑した山手線に乗っても全滅しないし小中学校が授業を再開しても全滅しない、別のコロナで免疫があるとかBCGで訓練免疫ができているとかいろんな仮説が言われてきているが、それにしても「いくらなんでも不思議だ」という感がずっと残っている。
もちろんこのまま行ってくれるのが最善で、その他のいかなる悪展開も期待していないし信じていない/そしてこのままわけのわからないまま日本が助かった場合には、すべておれがコロナに滅びろと命令していたおかげだと言い張り、民草どもには値段の張るスコッチでもせびろうと思っているのだが、まあ権威ある命令ひとつでコロナ騒ぎを抑え込んだのなら酒をタカるぐらいの権利はあるだろう、さあそのことのためにもコロナは滅べ、偉大なるおれさまの御名が称えられるためにコロナは滅べ、そう言われるとコロナ側としても拒絶のしようがないであろう。
とはいえ、あくまで世界規模で考えれば、コロナ騒ぎは今まさに最盛期で、いよいよここから最終形態を見せるかというようなドキドキのシーンだ、こちら東京の街中のムードを見ていると「さすがにそれは違うだろ」と思うので、今一度あらためてノーコロナの掛け声が必要だ/ノーコロナ! 居酒屋でギャーギャーやっても無事な人がたくさんいるのが事実だが、しょせんそれらはすべて偉大なるおれさまのおかげでしかなく、調子をコイたらいつでも流れが変わっちまうぜということをこころに留めておかねばならない。
どうもおれの見る限り、「換気しているところには蔓延しない」というわかりやすい事実があるように見えてならないので、換気してマスクして手を消毒してりゃなんとかなるんだろう、コロナ騒ぎは断じて認めないが防疫騒ぎは今後とも今年のブームとして続くべきだ/特効薬がまだ見つからないのが難点だ、どうせみんな年末には「一年間あっというまだった」みたいなことを言うのだから、そのあっというまの数か月間をこれまでどおりなるべく防疫して過ごすように、もちろん油断してしまうのもわかるしそういう場面も出てくると思うが、コロナ騒ぎが終息したというような寝言は海の外を見てまったく違うということをさすがに理解するように、事実海の外では新規感染者数の増加は「今までにない数値」に及んでいるのだ。

先日まではムードでヒステリーを起こし、今日になってムードでお花畑になっているのは、コロナとは無関係のビョーキだ。

自粛警察などという、KKKのようなマッドな人々が日本の水面下に存在しており、それがムードひとつで田んぼの穴から出てくるなんて、この国の人々ヤベエと思わないか? まして今になって自粛警察の人々は「愚かでやりすぎたことでした」と頭を下げて謝罪会見をするわけではないのだ/コロナ騒ぎが終わった「ムード」だけが勝手にあって、コロナ騒ぎが終わったという事実はまだ世界のどこにもねえよ、「マラソンのような長期戦になる」と言っていた人たちはムードひとつでコロッと別のお花畑になったのか、そんなに自分のやったことを完全に忘れられる性質は不思議だ。
一か月前まで「日本のコロナ蔓延はそこまでではない」というスリルの状態であって、今は「日本のコロナ抑制はそこまでではない」というスリルの状態だ、ただそれだけなのに、なぜ万事が追い詰められた結婚願望おばさんみたいにヒステリーレベルでしか反応できないのだ、とにかくこんなムード次第のヒステリー風景は見たくないので、おれとしてはますますコロナを滅ぼしに熱が入るのだった/さあコロナよさっさと滅べ、偉大なるおれさまの御名を称えるために悪いものが滅ぶというのは、何もコロナに限らず悪いものすべてにとってよいことだ、だから喜んで滅べ。

コロナ騒ぎ(臨時) | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |