☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 搾ると奉るの性質 | TOP | 卑屈主義からの脱却 >>
人の世と天の国はそっくりで正反対だ
はやこんなこと誰にもわからないだろうが、たとえば同じ折り紙で一羽のツルを折るのでも、魂は真上の統合に向かっていたり、真下のバラバラシュレッダーに向かっていたりする/目の前に出来上がるツルはまったく同じだし、それを折る工程もまったく同じだ、けれどもそこに魂の「統合」が見られたり、魂の「バラバラ」「分割」「砕け散り」が見えたりする。
人の世も天の国も、「奉る」「搾る」において同じなのだ、天の国においても人は何か偉大なカミサマを奉り、身を粉にして自分を搾りあげるだろう、そして人の世においても人は何か偉大な徳川幕府などを奉り、平民をコナゴナにして搾り上げてきた、そして人の世はいかにもダメだという繰り返しが人類の歴史になった。
なぜこうも、人の世が天の国にそっくりになるかというと、いやがおうにも、人は「人の世」を「天の国」に模してしまうからだ、意図的に似せるつもりでもなくても、どうしても自動的に似たもの・天の国のイミテーションになってしまうのだ、だから人の世と天国はそっくりでありながら、それぞれ魂は真下向き・真上向きなので正反対といえる、だから人の世と天の国は「そっくりで正反対」だ。
「奉る」「搾る」において、魂がどっちを向いているかなんてフツー誰にもわからないし、まして折り紙で一羽のツルを折っているだけで何が起こっているかなんて誰にもわかりっこないだろう、人の世というのはそれだけで真下向きの魂バラバラ・砕け散りに向かっている、それはいっそ人の世の定義みたいなものだ、そりゃ天の国じゃないのだから真下向きに向かっているのが当たり前だ/それで、じゃあどうやったら真上向きに一羽のツルを折れるのかなんて、そんなことはますます誰にもわからないのだった、少なくとも目の前でそれをされても「わからない」としか言えず、まして自分でそれをやれなんて言われたらわかるわけがないのだった。

つまり、おれのやっていることはわけがわからないのだ、本当にもう完全に「わからない」ものになっている、これが魂の上昇と統合とバラバラ致命傷を回避するなんてことも、本当にそうなのかあるいはなぜなのか、そんなことも含めてもう誰にもちーっともわかりようがない状態にまで来てしまった。
こんな「100%完全にわからない」ものを奉るなんて不可能だろうし、奉るのが不可能であれば、どうなるか、そりゃけっきょくおれを搾る側に転じるしかないのだった、そのことはおれ自身が見ていても「そりゃあな」と苦笑したくなる、おれにはハッキリと「これ」と視えているのだが、ハッキリと視えれば視えるほど、「こんなもんわかるわけあるか笑」というのもハッキリと理解できるのだ/どう考えてもおれを砕いて搾ることのほうが万人にとって「これはよくわかる」というものになるだろう。
人の世もふざけているわけではなく、おれだって優秀なドクターに掛かって健康を維持してもらっているが、そういうことと魂のうんぬんはまったく別なのだ、魂はけっきょくまったく人の世のものではないので/人の世だってふざけているわけではなく、何かを信仰しようとしてガンバっている人もある程度いるのだろうが、「人の世で信仰する」ということと「天の国」はまったく関係がない、残念ながらまったく関係がないのだ、人の世のものが天の国の何かに寄与することは一ミリもない(残念というか無念というか)。
人の世と天の国は、正反対のくせに外形上は「そっくり」だから困る、そっくりのまま天の国とはまったく正反対のほうへグングン向かってゆき、正反対のまま魂はコナゴナのバラバラに砕け散っていくのだ、それが外形上は天の国にそっくりなのだからひどい話じゃないか、一方でおれの言っていること・やっていることは本当にさっぱり100%わからないのだから、まったくどうしたらいいものやら方途がない/方途がないが、せいぜい言えるなら、おれに視えているものをわかるのはまず不可能だということぐらいだ、完全に無味無臭で無色透明のガスをわかれと言っているようなもので不可能も極まる。

おれを搾って済むならこんなカンタンな話はないし、誰かを搾れるならこんなカンタンな話はない。

だけどそういうわけにはいかないのだ、おれを搾ったらどうなるか、わかりやすくなる代わりにどうなるかということを、正直おれだけがはっきりと知っているのだ、いいかげんこれが「どうなるのかな」と実験するのはわざとらしすぎて飽きてしまった、どうなるのかはすでに知っているのに今さら知っていないフリをするのもわざとらしくてダサい。
ごくごくまれに、本当にごくごくまれに、おれを搾らず自分を搾ってくれる人がいて、おれは逆にそういう人を見ると、「超能力でもあるんじゃないか」と驚いてしまう、そういえば昔はもう少し人々にそうした超能力みたいな直観があったように思う/おれはいつも理論的に考えるので、理論的にこの100%わけのわからないブツを奉ることは理論的に不可能だと断じているのだが、中にはそういう理論をすっとばして先行して自分を搾っておれを奉る人がいる、それはおれの理論より先にやられてしまうのでおれとしてもどうしようもないという感じだ、人の世と天の国はそっくりで、まったく同じように考えてまったく同じようにする人でも、真上の統合に向かう人もあれば真下のバラバラ砕け散りに向かう人もいる。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |