☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< コロナ騒ぎは承認欲求チャンスじゃねえだろ41/ワクチン試験は好結果らしい | TOP | 痛みと卑屈とオピオイド >>
女性当人が言う、「女の下ネタはエグいよ〜」について
時期、「女の下ネタはエグいよ〜」みたいなことを、女性当人が言うことが流行った。
それでいうと、下ネタがどうこうというより、男女でいえば女性のほうが具体的な「シモ」そのもの、つまり性器におけるエグさが勝っているように思う/たとえば卒業アルパムにクラスメートのチンコ一覧が並んでいたらジョークみたいで笑えるが、マンコ一覧が並んでいたらそのページはえげつないだろう、さすがに当の女性もマンコ写真がずらっと並んだページなんか見たくないはずだ。
だから、「女の下ネタはエグいよ〜」ではなくて、先立って言われるべきは「わたしのマンコはエグいよ〜」であるべきだと思うが、なかなかこのことは女性当人からは言われない、それぐらいガチでエグいからしょうがないのだろう、その点で男性はチンコが「エグい」とまでは器質的にならない。
男性の性器呼称に「魔羅」なんて当て字をすることがあるが、どう考えても外見上でモンスター・デーモンの威容に近いのは女性器のほうであって、母親でさえ自分の娘に向けて自分の性器をおっぴろげて性教育はしないはずだ、まあこのあたりアダムとエヴァ以来「身も蓋もないこと」になってしまったのだなあとテキトーに理解しておこう。

不思議なことに、男女の交合においては、具体的には男が清で女が穢だ。
大きな才能を有する女性が、すぐれた男性に愛されて、しかも彼女はその男性のことを信じて身を捧げている、という状態でなら、例外的に女性器は穢という感触から大きく離れていくのだが、そんな例外をアテにしないかぎり女性器の実体は感触として穢だ、その実体はあの苛烈な思春期の少年の性欲さえ一撃で減退させてしまうことがあるほどだ。
これは女性の悪口を言っているのではなく、あくまで一種のレポートとして、「すぐれた男性に愛してもらう」「その男性のことを信じて身を捧げている」ということが成り立たないかぎり、「女のシモはエグいよ〜」は解決しないということを報告しているだけだ、なぜそんな具体的な部分の性質が行為や精神によって変化するのかはナゾだが、実際にわれわれは万事を見て「汚い人」と「清らかな人」という直観を受けるのだからしょうがない。
ここ十数年、特に男性はアニメを根拠に、女性にマンガチックな「清楚」を投影することが基本になり、一方で女性はというと、男性というと常に女性に対する汚らわしい犯罪者、汚物、ゴミ、という扱いがフェミニズムの方面から一般化した、その結果、誰でも知っていることだが男女両方ともが単純に「破壊」された/もともと男性は女性自身の言う「エグいよ〜」からは無縁のものだったのに、このごろは男性も股間のエグさを持つようになった、そして女性が男性と出会ってきれいになるとかそういうこともなくなったので、もうセックスというとこのごろはエグみの交換でしかなくなり、じゃあ同性愛でもいいかという人が増えているのだ、ここは趣味によると思うが、おれはもともと女がエグみから離れてきれいになる瞬間が好きで、女のシモのエグみが好きなわけではまったくなかった、だからエグみ趣味セックス派の人とはおれは話が合わないだろう。

「きれいだよ」のつもりで女性器を抱くと、女はよろこぶが、女は破滅に向かってしまう。

これまでおれが女を落としてきた瞬間というと、つまり女が内心で「この人の清潔さには及ばない」と屈したときだったし、なぜか交合というと、女のそれを「清らかではないもの」として抱いてやらねば、何かが崩れていく・破綻していくということが繰り返されてきた、それがなぜなのかはよくわからないが、女性のほうを女性の願望のまま「清らかなもの」と扱うことは、女性を高揚させつつ、ほとんどのケースで女性を滅びの道へ追いやっていった。
とはいえこのことは、現在ではほぼ本来の形には成り立たないのだ、だから絵空事と言っていい、われわれは社会的に全男性を Kill してきたのだし、また男性自身もそのようにされるべき失墜がすでにあった、そしてかつて女性はこぞって自分では及ばない清潔さの男を見つけてはその下に自らもぐりこもうとしていたが、今はそんなことはありえず、基本的には絶対平等か、そうでなければ膝下にねじ伏せるのを基本関係にしているはずだ、こんな状況に至ってはすでに、つまり戊辰戦争後に江戸幕府に戻そうという話ぐらいに無理がある、おれは今なにを手に入れろという話をしているのではなく、何を失ったのかについてレポートしている、女性自身が言う「女のシモはエグいよ〜」について、「かつては解決される方法もあったんだよ〜」と報告しているといえよう。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |