☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 「有名」と「知名度」の違い2 | TOP | おれが自己評価ゼロで来た理由 >>
空の威容
じ話をずっとしていりゃような気が、いよいよしてくる。
何度も似たような話をしているが、いよいよはっきりしてきたのだ、おれはよく空を見上げるタイプの奴で、しょっちゅうというか常に、空に「圧倒される」タイプだ。
最近になっていよいよはっきりしてきたのだが、こうして空に(天に)直接「圧倒される」タイプ、こういう奴はやはり一種の天才なのだ、いや天才というよりもっと大事なこと、「天とのつながりがある奴」なのだ、まさかこんな単純な話だとは思わなかった。
いわゆる「人間関係」や「価値観」の中でどれだけまっとうで善良で優秀な奴でも、天とのつながりがどうかというのはまったく別のことだ、世間一般として上質なはずの人が、世間一般としてクズでしかないおれと会って、わけのわからない泣きたくなる気持ちになるのはこれが理由だ、おれは人の間に立っているのではなく天地の間に立っているのだ、おれは自慢をしているのではなくタイプの違いについて話している。

おれと一緒にいると、外をただ歩いているだけのことが、妙に楽しかったり、やたらキラキラしていたりする、ということを体験した人が多くあるはずだ。
それは、おれが「世間」を歩いていない、また「人の間」を歩いていないということによる、つまりおれは「天の下」を歩いていて、また「地の上」を歩いているのだ、だから天の下で光が妙にキラキラしていて、地の上で何かが妙に湧き上がってくる。
もはやこれはおれの自慢話ではないのだ、いいかげん必要でしかないレポートをしているだけだ、おれと歩いたときの記憶を振り返ってみろ、やけに空と地面があるはずで、やけにキラキラと光があってやけに何かが湧き上がってきているはずだ、これは本当にそういう現象なのだ、魂の現象だ、おれがエライという話をしているのではなく、ガチでそういう天地と魂の現象があるとレポートしているにすぎない。
おれはおそらく、三歳ぐらいのときに草原(ただの空き地)で空からジッと睨まれてビビって以来、ずっと天の下・地の上を歩いてきたのだ、だからおれは人間のこと・人の世のこと・世間のことが根本的によくわかっていない、別のところを歩いているのだ、そしてほとんどの人はおれの逆、天地のことが根本的によくわかっていない、別のところを歩いているのだ/おれにとって「帰るところ」はいつだってこの天地のあいだであって、多くの人にとって「帰るところ」は人のあいだなのだ、そのどちらが "実在" だろうかというナゾが続いている、そのナゾは最後まで解かれないがそれでもわれわれは選ばなくてはならない。

空に圧倒される日、あなたはおれの友人だが、空に圧倒されない日、あなたはおれの友人ではない。

奇妙な言いようになるが、おれはもはやあなたという人間を相手にしてはいない、あなたという人間はほとんど無視だが、そのかわりあなたを取り巻くあなたの天地に向けて常に語り続けている、おれはどうやらあなたという人間はあなたではないと見なしているようだ、それはおれ自身が、おれという人間はおれではないと見なしているからだ/だからおれの声と話は、いつも直接聞こえているような、それでいてまったく聞こえてきてはいないような、よくわからない届き方をしているはず。
いつぞやおれはワークショップで言霊うんぬんの話もしたが、もし言霊なんてものがあるとするならば、あなたに聞こえていないものが言霊なのだ、聞こえていたらそりゃただの音波だろうよ、そうではなくあなたに聞こえていないのが言霊、聞こえていなきゃ役に立たなくね? という気がするのだが、そうではない、何かがあなたに届く必要はないのだ、あなたという人間はあなたではないのだから、あなたではないあなたに届くことに真の値打ちがある。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |