☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 空の威容 | TOP | 肉体は父母から、魂は天才から >>
おれが自己評価ゼロで来た理由
ったくどうでもいい話だと思うが、おれが長いあいだ、自己評価ゼロで来たことのナゾがついに解けた。
それはなんと、縮尺の問題だった、といっても何のことかわからんと思うが/おれはまったくアホみたいだが、魂のサイズとして、ずっと「天」と勝負していたのだ、そんなもん勝てるわけねー、それでおれは数的に自己評価を「ゼロだな」としてきた。
おれは長いあいだ自分のことをゴミ虫と扱ってきて、なんとなく女を笑わせ続ける愉快な奴としてきたのだが、何度も言うとおり、おれがそれを続けているとギャーと悲鳴をあげて泣き出す女が出てきた、それも一度や二度ではないのだ、似たようなことというか同じことがあちこちで起こるし、中には救急車まで呼ぶハメになったケースもあるわで、「これは事実上ダメだ」と引き取ってきた、いつからかおれの「自己評価ゼロスタイル」は禁忌になってしまった。
その後もおれは、自己評価ゼロスタイルを禁忌として、しょうがないから「偉大なるおれさま」というふうにしてきたのだが、頑張ってそうは言ってみるものの、ふと気を抜くとけっきょく、自己評価がゼロになっているのだ、おれにはずっと自己評価を形成するという方法がわからなかった、そのナゾがついに解けた/そりゃ「天」と直接勝負してりゃ、向こうは魂のサイズが無限大なのだから、どれだけ比較してもおれのサイズは数的にゼロになるわな、おれはその中でぐぬぬぬと言い続け、「どうやっても自己評価が発生しない!! なぜだ!!」と迷い倒してきたのだった、なんというか珍しいアホのケースだ。

信じがたいがマジな話、おれはその「縮尺」を、「天 vs おれ」のパターンでしか持っていなかったのだ、おれは「おれと誰か」の魂を向き合わせる縮尺を持っていなかった。
それでつまりどういうことになるかというと、おれは自分の魂をゼロ評価するのに対し、誰かの魂を勝手にゼロ評価はしないものだから、おれに相対する誰かの魂は、天そのものと同様のスケール、つまり無限大の魂を持っていないと整合しないということになるのだ、無限大を分母とする分数がゼロ以外の値を取るには分子も無限大にするしかないということだが、そんな奴がキリストやブッダ以外にどこにいるんだよ、まったく馬鹿げたアホの話としか言えない。
おれはどうやら本当に、人のあいだで生きておらず、天地のあいだで生きているので、縮尺が「対・天地用」しかなかったのだ、だからおれと相対する誰かの魂は必然的に「天地と同等サイズ」でないといけないということになっていた、おれがそう設定したつもりはまったくないが、何しろ縮尺が「それ」しかなかったので、自動的にそうなっていた。
今や、中にはおれを拝み倒すようなパターンも一部のネタとして定番になったが、このネタが定着したのは、一種の危険回避として具合のいい手段だったと言える、なかなかうまく考えたものだ/おれは一種のド天然で、「天に対する」しかできないから、油断しているとおれに相対する者は、自動的に天の玉座に座らされるのだ、その資格がありゃすっぽりそこに収まるかもしれんが、どこの誰にそんな資格があるというのだ、それで資格のない者がそんなところに座らされたらどうなるかというと、そりゃギャーということにも当然なる。

やっとわかった、みんながおれに「うおお」と圧倒されているのは、おれが天に「うおお」と圧倒されている縮尺と同じだ。

アホみたいな数字に置き換えるとして、「1」の400倍は「400」だし、そのさらに400倍は「160000」だ、おれはいわば「400」の立場から「160000」を見上げるしか縮尺を持っていなかったということになる、そして「160000円に比べると400円なんてゼロも同じだ」と、自己評価をゼロにしてきた。
で、おれは人のあいだにあるべきものとして、「1」と「400」を向き合わせる縮尺を持っていなかった、だからおれに対して「うおお」となっている人のことがよくわからなかった、それで「???」と首をかしげてきた(アホだ)/そして、おれはそっちの縮尺がよくわからないからといって、おれ以外の全員を「160000」の場所に座らせようとしてきたのだ、そりゃパニックにもなるし恐慌状態にもなるわなぁ、とはいえおれにすべての責任があるわけじゃないぞと言い張ってはおく。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |