☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 肉体は父母から、魂は天才から2 | TOP | キーン >>
遠き思いっきりの今
かを思いっきりやる必要があるが、今そんなことをしても炎上するだけだし、思いっきりやるとなると、けっきょくそいつの所属が出てしまう。
ふと気づけば、何も思いっきりやらないタイプを芸人として集めて、そりゃ使いやすいかもしれないし騒動は起こさないかもしれないが、代わりに何一つ面白くなくなったな! そりゃ当たり前だ、元気のない飼い慣らされたタイプを集めて何ができると思ったのか、冷静に考えればバカみたいな話だ。
何かを思いっきりやるとなると、その人が庇護されていることが直接必要になってくる、庇護されていない人が何かを思いっきりやっても迷惑になるだけだし痛々しいだけだ。
そうして、痛々しい何かになるだけだと前もって知っているから、何一つ思い切りはやらないのだろう、おれは意地悪を言っているのではない、大真面目に「それで正しい」と言っているのだ、おれもお前も別に腐っているわけじゃない。

おれが何かを思いっきりやろうというのは、それによって何かになるという意味ではなく、それによって何かにはならないという意味だ。
おれは庇護を受けているので、何を思いっきりやっても、何にもならないのだ、だから安心して思いっきりやれるということ/そういえば、この意味で「安心」って大事だよなあ、いまどき大学生でも安心して思いっきりお酒を飲んだりできないものな、もう十代のころから糖尿病とか気にしているって聞いたぞ。
おれがここで今話している、ナゾめいた「庇護」について、普段は「なんじゃそんなもん」「わけのわからん、いかがわしい」という感じなのだが、いざ何かを思い切ってやろうとすると、「やっぱりそれいるじゃん」と内心で嘆くのだった/なぜかおれだけ何もかもを思いっきりやれるということが不可解で不平等だろう。
何かを思いきりやらないとだめだし、かといって何の庇護もないのだから何かを思いっきりやったりしてはだめだ、大人がテキトーに言う「思いっきりやれ」みたいなものを真に受けちゃだめだぜ、大人も何がどうなっているのかとっくの昔にわからなくなっているんだ/どうしたらいいかはさっぱりわからないが、たぶんお前が何をするということじゃなくおれが何をしているかをお前は知るべきなんだ、そうしたらお前が思い描いているすべてのものがどこかで吹き込まれたインチキだって気づくだろう。

奇妙なことだが、おれとお前は違わない。

お前はきっと、自分とおれとが何か違うと思って、その違いを見切り、その差を詰めようとしているんだろう、だがそうじゃない、奇妙なことに、おれとお前に違いはないのだ、違いはないからその差は埋められない、差があるなら埋められるんだが差がないのじゃ埋めようがないだろう、どれだけ首をかしげてみてもけっきょくこれだから差は埋まらない。
おれとお前に違いはなくて、差はないから、おれはもう埋める差がないことに満足している、動きようのない満足に定義されている、お前は埋める差があると思っているから、埋まることのない不満に定義されているだろう、もしおれがお前だったらおれは満足していたし、もしお前がおれだったらお前は不満だった/おれは変わらない満足のもとで思いきりやる、お前は不満を動機に思い切りやろうとしているだろう、だから庇護がないので、思い切りやれなんて吹き込まれてだまされるべきじゃない。
バカをやろうかあ | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |