☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
<< 遠き思いっきりの今 | TOP | ようやく時代を取り戻すセオリーが出来た >>
キーン
い日のことをおれは何一つ忘れていない、おれにとって遠い日はいつものことで、おれには時間が流れていない。
もし擬音で表すなら「キーン」と、もちろんそんな音は鳴っていないのだが、空にも地面にも、そうして張り詰めておだやかなものが圧倒的に存在している、ここですべてのものはおれのものであり、おれはすべてのものを許している、ただしそれはこのキーンの中にあるものだけであって、キーンが消えたらまったく話は別になる、まったく別の世界のことになる。
幸いなことに、すべての女はおれのものだ、すべておれの女だ、それは当たり前のことだな、ただしおれは女を許しているので、女がおれを拒絶してみたり嫌悪してみたりすることについても許している、何をどうジタバタしてみたっておれの女には違いないのだから、かわいそうに、その上で何も無理を強いることはない、失明したい女は失明してもいい。
おれのことをいやがって、おれのことを拒絶して、おれのことを罵ってもよいけれど、女はおれの女だということを否定しないほうがいい、すべておれの女のままでおれを嫌うほうがよっぽどましだ、女がおれを拒絶したままおれの女でいることは何も不幸じゃないだろう、おれは許しているのだから/ただしおれの女であることを否定するとキーンが消える、自由になった気がするがキーンが消えてやがて別のものに縛り付けられていくだろう。

おれは他人のことをとやかく言わない、なぜおれがおれの女にとやかく言う必要があるのだ、おれの女だというだけで十分じゃないか。
ただ、おれの女でなくなるというのは大ごとだ、それは他人とかそういうものでさえなくなるということだ、わけのわからない架空の物体になるぜ、そうするとそいつに取り入って縛り付けるという器用なやつがそっと現れる。
当人はすっかりキーンが消えているのだから、もう本当にはすべて視えなくなっていて、その中でそっと現れたブキミな奴だけが、なんとなく話のわかる、話の合う奴のように思われるんだ、でもそうして解放的な気分に浸ったのも束の間、そいつこそが最も極悪な縛り付けをしてくるということに、ほとんど手遅れになってから気づくだろう。
おれの女は庇護を受けているのだ、たとえそいつかおれのことを嫌いで、おれのことを罵って、おれのことを拒絶していたとしても、それでもおれの女なら、そいつは空にも地にも張り詰めているキーンという庇護の中にある、おれの女だから庇護を受けているのだ、だからおれの女であることは否定しないほうがいい/あなたにとっておれがサイテーサイアクでも、おれにはあなたを庇護するていどの度量はある、あなたにとっておれがサイテーサイアクでも、あなたにはあなた自身を庇護する力はない、庇護がなくなればある種のものが一斉に寄ってくるぞ。

あなたがおれの女なら、おれは何もしなくて済むからラクだ。

それはたとえ四歳の童女だって同じだ、おれがあなたの尻をつねって遊んだらあなたにとってはサイテーサイアクかもしれないが、それでもあなたにサイテーサイアクなことは起こらないのだ、サイテーサイアクなことをされてもあなたにサイテーサイアクなことは起こらない、この庇護から離れると、逆転し、最善最良のことをされたって、あなたにはなぜかサイテーサイアクなことが起こる。
おれの女として、おれに尻をつねられることに比較すると、あなたがおれの女じゃなくなって、最上級のエステを受けるほうが、よっぽどすてきでいいことに思える、でも実際にはそうはならない/キーンと張り詰めたおだやかな何かのもとで、尻をつねって遊ばれるというサイテーなことが、あなたを何も毀損しないということを知るだろう、一方でそのキーンがなくなれば、尻までやさしくケアする最上級のエステさえ、なぜかあなたの魂にドス黒い死を求めさせるのだ、最善最良でさえあなたを毀損とするということに真の危険と恐怖を知れ。
正しく見ないとな | comments(0) |
コメント
コメントする










| /PAGES |