☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
パーティ報告64
「今の自分がかわいくないと思うなら、思うだけじゃだめ、"戦わないと"いけない」と僕は言った。
彼女はそれをよろこんで聞き、二分後、ずっとうれしそうなまま、「ねえさっきの、もう一度言って」と言った、彼女は確かめたがっていた。
自分はどんな人間なのか、また目の前の人はどんな人なのか? 「そんなのは、その人が戦うまでわからない、戦っていない人に『どんな人』もないよ」。
「その人がどう戦うかで、その人がどんな人なのか初めてわかるのだから。勇敢な人、卑怯な人、ideaのある人、粗雑な人……」。

人間には世界を体験する能力がある、僕はその能力を仮に「世界機能」と呼んでいる。
世界機能が、現実にビタッと張り付いているとき、世界はそこにあり、世界が体験される、ひとつの町、一月の梢に木漏れ陽などが体験される。
ところが自分と世界との間に膜や壁が張られたとき、世界機能は捉えるべき対象を失う、世界機能は「壁」の前に空転する。
壁があり、捉えるべき対象がないので、世界機能は壁に空想の「イメージ」を描き始める/俗に「イメージが膨らむ」というのは対象を失った世界機能が迷走した結果にすぎない。

戦いが見えない人は、すべからく情緒不安定になる。

逆に言えば、情緒不安定の原因は「戦いが見えていないから」とも言いうる、誰だって口に出してみればわかる、「戦わないと」ということ、その正気さ。
当パーティは正気の戦いにまっとうな人間を見るものです、来月もよろしく。
そのほか | comments(0) |
第64回Quali's Party無事盛会!

1/23 Quali tweet> すがすがしい朝だった。次回もよろしく。

日時:2017年1月21日(土)
場所:原宿DinningBar CLIMB

 

次回(2/18[土])参加エントリはこちらから!

おかげさまで今回も無事正解でした! 次回もよろしくお願いします! 九折

宣伝コラム「パーティへの誘い その1」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その2」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その3」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その4」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その5」はこちらから!

そのほか | comments(0) |
平成二十九年のラ・ボエーム
――あなたは神様を信じるだろうか?

「平成二十九年のラ・ボエーム」を本サイトにアップしました。


みなさま今年はお世話になりました、来たる新年もどうぞよろしく。
(というわけで大急ぎで酒を飲みに居間へおりる、「笑ってはいけない」を観るのだオレは)

九折より
そのほか | comments(0) |
パーティ報告63
「堅実に生きていくってのは、大前提で約束だよ、生きていくってのはそういうことなんだから」と話した。
「堅実にってことは、やけくそにならないってことだ、たとえば何かを思いつめて『就職活動しませんでした』とかいうのはアホのヤケクソじゃないか、そういうのはナシだよ」と言った。
「やけくそになるなんて、一番弱いことで、やけくそになった人は自然にトラブルを起こすよ、交通事故とかね。だからこそ『そういうトラブルで人生観を作りたくねぇ〜』『クソだ』って思うんだ、それでこそ運が向いてくるから」。
「で、堅実に生きるってのは約束だよ。その意志決定の上でだ、それでもただ堅実に生きただけじゃ、自分が生きたことにはならんわな。そこでどうする? シンプルな話なんだ、堅実に生きた上で、プラスアルファをいよいよどうする?」。

五歳から十五歳が、少年少女期、十五歳から二十五歳が、いわゆる青春期だと思う、二十五歳ぐらいまでは社会人としてもほとんど使い物にならない新人だからね。
それで、年長者としてわかることがあるんだけれど、十五歳から二十五歳までに何かを掴んだ人は、二十五歳から先に"やることがある"んだよ、「十五歳〜二十五歳」から「二十五歳〜三十五歳」に、"リレーがつながった"と言える。
で、厳しいけれど当然の話としてね、「十五歳〜二十五歳」に何かを掴めなかった場合、二十五歳から先はもう「やることがない」んだ、これは厳しいけれど当然のことでね、二十五歳から先に「やること」があるなんてすごく恵まれた人なんだ、優秀な人なんだよ。
「十五歳〜二十五歳」に何をすればいいか? それは「手がかりを掴む」ことだと思う、「十五歳〜二十五歳」のうちに何かを"為し遂げる"なんてふつうできないからね、そうじゃなく手がかりを掴む、何が手がかりかといえば、"自分の持っている以上の能力が出た"という瞬間のことだよ。

自分を破壊して、一瞬「自己」を掴む、それが青春期「十五歳〜二十五歳」。

続いて、一瞬だけ掴んだ自己を手がかりに、今度はその自己を拡大して当たり前の「土台」にしていく、それが二十五歳〜三十五歳だ、その先にさらにリレーがつながる人はよっぽど優秀な人だろう。
堅実に生きなゃいけないが、堅実に生きただけじゃ自分が生きたことにはならない、さあそこで「自分が生きる」ためには自己への意志決定をしなくてはならないが、この意志決定をしないことを「やけくそ」という、人はしばしば沈黙というやけくそを選択する。
そのほか | comments(0) |
第63回Quali's Party@原宿!

というわけで、第63回のQuali's Partyもやります!
やります、が、もうアレコレ忙しすぎてなぁ、今回は新規参加者の募集はナシです、いつものメンバーでただの忘年会にさせてくれ。
どう考えても今年の一年、特に後半は、無理しすぎたんだよ!! 手が回らん、もう年内は店じまいだ!!
というわけなので、また来月よろしくね、来月、つまり来年の1月21日(土)にまたやるのでよろしくね、たぶんまた原宿でやるでしょう。

こうしてまたパーティもワークショップもやるので、まあ懲りずに遊びましょ。
時代の流れなんか感じていても、運気が落ちるだけだからね。
遊び続ける根性のあるヤツだけが生き残るのだ。
ではでは、メリークリスマース(投げやり)。

九折より
そのほか | comments(0) |
パーティ報告62

生日月ということで、巨きな花束をもらってしまった、そしてモンサンクレールのケーキも美味かった、ありがとう。
何人来てくれたんだっけ? 覚えていないが、感謝はしているのだ、こんなていたらくで申し訳ない。
その他にも色々あった気がするが、そんなものはどうでもよく、誕生日を祝われたということで十分だ。
その他の色々は、あったかもしれないけれど、あんなもの何かあったことのうちに入らない。

けっきょく僕は、自分を曲げるつもりがないので、世相を知ってもしょうがないということがあり、つまりは世相のすべてに興味がないという結論に行き着く、これまでずっとそうだ。
世相に興味ゼロで、ただ自分を貫く……そんなことが可能なのかどうか? という、その問いかけにさえ興味がないのだった。
僕はかわいい女の子を隣に置いてお酒を飲むか、かわいい女の子を隣にほったらかして花火を見上げるか、そのどちらかしか興味がない。
つまり、仮に参加者が僕だけになったとしても、僕はパーティ企画を継続しうるということだ、だって僕のやることが他人の動向で変化したらいかにもヘンだからね。

他人に冷たくしないということは、他人に興味を持たないということだ。

他人に興味なんか持ったら、どうせ他人の調子に合わせていくだけになるだろ、そしたら彼女は僕という面白い奴に出会えなくなる、世界でこれほどかわいそうで冷酷なことはない。
僕が隣の女の子を好き放題にいじるのは、興味がないからいじっているのだ、興味があったらセクハラじゃないか、当パーティではセクハラとかいう悪臭の行為は固く禁じられているのでどうぞよろしく。

そのほか | comments(0) |
ワークショップおよびパーティのご案内

足 Quali's 身体操作ワークショップ 11/1更新
「ちゃんとできるよーになりましょーよー教室」
【第二十八回】11月11日(金)19時〜マイレッスン三軒茶屋スタジオ
【第二十九回】
11月12日(土)19時〜マイレッスン三軒茶屋スタジオ
【第三十回】
11月18日(金)19時〜マイレッスン三軒茶屋スタジオ

※必ず靴下か室内履きをご持参ください
(→マイレッスン三軒茶屋スタジオへのアクセスマップはこちら)

(服装は自由です、仕事上がりも可)
(スタジオレンタル料の
実費がかかります。人数にもよりますが、だいたいカラオケ代ぐらいです)
→ワークショップ参加エントリはこちらからメール


酒Quali's Party
「ちゃんとするのやめましょーよー集会」
【第62回】11月19日(土)19時〜23時@原宿DinningBar CLIMB
♂5000yen ♀3000yen
(ほんのり合コン的な格好でよろしく。そしたら点数アップ)

→パーティ参加エントリはこちらからメール


どうしてこうなった……まあいいや。
「ちゃんとする」と「ちゃんとできる」はまったくの別物だ。
ちゃんとできていれば、ちゃんとする必要はない。

(だからおれはちゃんとしないのだと強弁)

みなさまのご参加をお待ちしております。 九折

(ワークショップの各カリキュラムは以下続きをご参照ください)

続きを読む >>
そのほか | comments(0) |
削除についてお詫び

(記事「オリジナルの眼光4〜8」および「お詫び」につき、ダセェので削除しました、大変申し訳ありません。九折)

そのほか | comments(0) |
パーティ報告61
ぜだ、徹夜も酒も以前より身にこたえなくなり、どんどんヨユーになってしまう。
なぜといって、あれだろう、ワークショップもどきのあれが利いているのだ、胴体と内臓がイケイケになっているのだ(アホだ)。
相変わらず楽しくやったが、今、楽しいということは時代的に注目されていない。
楽しくなければ論外だが、それよりも今、「覚醒」を手探りしていくことのほうが時代的に注目されている。

みんな、「どうやって生きていくか?」、その問いかけが背後にある。
そのことについて、僕にはいちおう年の功というものがある、それで色々みんなに向けて話すことが出てくる。
重要なことは何なのか? それを探すべきではあまりない、重要なものなど存在せず、それよりは「全方位、すべてのものが重要」と捉えたほうがいい。
人は不安になると、保守に傾き、安定を求めて「これ」と方針を決めたがる、だがそれこそが「迷い」だと僕は経験上確信する、重要なものなど存在しないし、重要でないものも存在しないのだ。

どんどんやれ、ただし重要だと思うな。

重要だと思っていたらやれない、たとえばこのブログにしたってパーティ企画にしたって、「重要」だと思っていたらとてもじゃないがやれない、面倒くさくて精神が摩耗する。
あなたの目の前にあるもの、それは「重要でない」のだ、だからさっさとやれる、重要でないものに躊躇や逡巡は要らない。
そのほか | comments(0) |
第61回Quali's Party[10月15日(土)]無事盛会!

10/16 Quali tweet> 年々、徹夜がヨユーになっていくという逆行ぶり。

joined:ひろみ、まいこ、ゆか、りお、こりん、ゆうさく、よーへー、くおり
日時:2016年10月15日(土)19時〜23時
場所:原宿DinningBar CLIMB

 

今回も無事盛会でした! 次回もよろしくお願い致します! 九折

 

次回11月19日(土)加エントリはこちらから!


宣伝コラム「パーティへの誘い その1」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その2」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その3」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その4」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その5」はこちらから!

そのほか | comments(0) |
パーティ報告60
「思っていること」と「見えていること」は違う。
見えていることはやれるが、思っていることはやれない。
たとえば、受験勉強が見えている人は受験勉強ができるが、受験勉強を思っている人は受験勉強ができない。
人は見えているところには向かえるが、思っているものには向かえないものだ。

何も見えていないまま、思っていることだけを滔々とのたまうのをやめよ。
未来に向けて何を見ているかを問われたとき、未来に向けて何を思っているかを答えてごまかすのをやめよ。
「思っていること」はイメージであり、「見えていること」はイマジネールだ。
物事をイメージし、「思っていること」を加熱し、何も見えないまま取り掛かろうとしてすべては義務化したタスクみたいになって、疲弊する、投げ出す……というような、こんな馬鹿げたサイクルはさっさと放棄することだ。

目隠ししてダーツゲームをやらされるように、「見えていない」は不利に尽きる。

目隠しして「見えていない」状態にし、そのままダーツの練習をしたとして、スコアが出るわけがないし上達もするわけがない、その状態で勝っただの負けただのは完全に不毛で時間の無駄だ。
「見えている」という状態を得るためにはどうすればよいか? 目隠しを取ればいい。
そのほか | comments(0) |
第60回Quali's Party[9月17日(土)]無事盛会!

9/16 Quali tweet> 時間が……時間がああああ

joined: なさん(新)、ゆか、ひろみ、りさ、りお、かなみ、まいこ、かなた、ゆうさく、とむ、よーへー、ゆうすけ、くおり
日時:2016年9月17日(土)19時〜23時
場所:原宿DinningBar CLIMB(待ち合わせ:明治通り、竹下口交差点ムラサキスポーツ前


今回も無事盛会でした! 次回もよろしくお願い致します! 九折

次回[10月15日(土)]加エントリはこちらから!


宣伝コラム「パーティへの誘い その1」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その2」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その3」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その4」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その5」はこちらから!

そのほか | comments(0) |
パーティ報告59
んだな……
僕は色んなことを話すのだが、そのとき、まるで「生まれて初めて人が"話す"のを聞いた」みたいな顔をされることがある。
いや、されることがある、というよりは、はっきりそういう顔をされる、と言っていいだろう、今さらごまかしを利かせてもしょうがない。
色んな技術やノウハウについても話すが、うすうす気づいてくれているように、本当はそんなところに技術なんて野暮なものは混入しない、ただ僕は何かを話していただけだ、それを無理に分解すれば技術的な側面も言い張れるというだけで。

「パーティ」を再開してから三年が経った、三周年記念だった(花をくれた人ありがとう)。
最近になって格段に、色んな人が色んなやり方で、僕そのものを尊重してくれるということを、はっきり感じるようになった。
はっきり感じるようになったといって、そりゃあれだけ手厚くかばってくれたら誰だってそう感じるだろという話で……そしてそこにはまた例の「生まれて初めて」という類の戸惑った表情がくっついている。
何も悪いことはない、ただおそらく、自分のこころに何かが起こるということが、本当に「生まれて初めて」という感じで、本人も自分に何が起こって何をしようとしているのかわからないのだろう、僕は強欲なのでそちらがなるべく大きく花開けばいいと思っている。

原始人がインターネットに触れたときの表情と、現代人がこころに触れたときの表情は、似ている。

どちらも「生まれて初めて」という感触で、自分が何を体験しているのかわからず、自分が何を感じているのか、初めてのことなので戸惑っている、そういう表情だ。
原始人が急にインターネットを使いこなしたりはできないように、現代人も急にこころを使いこなしたりはできない、だから……どうする、僕は強欲な人間だ。
 
そのほか | comments(0) |
第59回Quali's Party[8月20日(土)]無事盛会!

8/19 Quali tweet> 遊んだねえ……

joined: ゆか1(新),ゆか2(新),ひろみ、まいこ、かなみ、あきら、こりん、ゆうさく(新)、かなた(新)、よーへー、くおり
日時:2016年8月20日(土)19時〜23時
場所:原宿DinningBar CLIMB


おかげさまで無事盛会でした!
次回もよろしくお願いします! 九折


次回(9月17日[土])加エントリはこちらから!
費用男性5000円 女性3000円
参加資格ブログorサイトのファンであること
→その他詳細はこちらから

宣伝コラム「パーティへの誘い その1」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その2」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その3」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その4」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その5」はこちらから!

そのほか | comments(0) |
パーティ報告58
ーティ報告するの忘れてた!!
どんなだっけ? まあ朝まで楽しーくやったのは覚えている。
もう夜から朝から昼からずーっと遊び続けるから何がなにやらわかんなくなるんだよな……
あ、ある若い女の子が、お肌超ツヤツヤになって帰ったのは覚えている、周りの人も驚いていたもんな、でも若いってのは本来そういうものだ、お肌超ツヤツヤ。

ワークショップのほうも引き続き順調にやっている。
今のところ毎回、新規参加の方がいらっしゃるのかな? たぶんそうだが、もう僕も把握しきれなくなっている。
あ、もちろん個人的には、誰が誰だったかは把握している、お礼のメールくれた方ありがとうね、返信できていなくてごめんね。
誰にでも夢と希望があるとは思わないが、少なくとも僕にはある、そしてそのことにしかおれは興味ねえよと、そのことを強くアッピールしておきたい。

自分と他人は、あまり関係が無い。

もし僕が、他人と関係のあるものなら、僕だってとうの昔に夢も希望もなくなっていただろう。
それは冷たくて無味乾燥なことではまったくなく、僕は目の前の誰に対してもそのとき「ご自由にどうぞ」と言いたいのだ、そうでないと遊べないから。
そのほか | comments(0) |
本日土曜日のワークショップは雨天ですが強行です
イトルどおり、雨だけどやるよ。
雨だからなんだってんだ!!(やけくそ)
集合場所は世田谷公園噴水周辺[自販機のある屋根の下あたり]になります、ご確認ください。
あいにくの雨ですがみなさま奮ってご参加くださいませ(やけくそ)。

昨夜の19時から始まって、ついさっきまでやってんたんだぞ、そして寝て起きたらまたワークショップじゃないか、ふつうこんな時間スケールでやるもんかね、ブラック企業の就労時間みたいじゃないか。
まあでも……あれだけ楽しそうにされると、もう正直胸が苦しくて、やってやらないわけにはいかないと感じられる、なんなんだこりゃ。
今はとりあえず、スタートダッシュ期間だから、雨天でも強行してしまおう、雨天だろうが何であれ来てくださる人には必ず一定の満足をぶちこむ所存。
雨も夜深くには収まるみたいだし、まあ世田谷公園には屋根ついているところあるからね、なんとでもなるだろう、だいたい何かができるようになるというのはややこしいことの中でだしな。

お待ちしております。

とにかく"身をもって重要な遊びをする"ということが、これまで足りていないんだろう、みんな来る来る、熱心とかいう次元じゃないな。
寝て起きたら、世田谷公園に行くだけだな、それで済む、まあ毎回必ず面白くしてやる、それだけで何の問題もないからな。
そのほか | comments(0) |
ワークショップ「ちゃんでき教室」第四回ご報告

っきょく夕刻の世田谷公園に新しい方含め十一人も集まり夜通し地面を踏み続ける音が遠くパン、パンと響くような時間が続いた。
「もう夜中の二時だよ」「かれこれ十時間もやっている」「うそぉ!?」、すべての人が疲労の無い時間を過ごすのがまるで初めてという面持ちだった。
18時の開始からけっきょく十五時間におよび奇妙な教室は飽きられもせず続き、「われわれは少なくとも、十五時間遊んだね、コストもかけずに」ということが言われた、すると期せずしての拍手が起こった。
僕は肚の内部に明瞭な二条の熱を覚え(大腰筋というらしいが、知らない)酒を飲んで休むのに帰宅したが、残った数人はその後ついに二十四時間を超えるまで話し込んだらしい、そのことは本来健全な若さの表れに感じられる。

集団で取り組んでみてようやく気づき始めたが、どうやら根本的なこととして、「胸」に具体的な衝撃を受けたことが少なすぎるようなのだ。
具体的に「胸」に衝撃が流れ込み、「胸」がそのことに鍛えられれば、人間の発想や精神は勝手に変わる、勝手に健全に陽気に堅牢になり、たくましい情緒を生き始める。
そのためには、足を踏み込んで地面にパンと止める、その衝撃を"胸に流入させて受け止める"(するとナゾの力で人がポーンと持ち上がるオマケつき)というワークがとても有効なようだ、一晩でも人々の顔つきや気配や発想の方法は変わっていく。
身体をねじって体重を左右に移動するとき、指差して「ここ、胸の左右に"引っかかり"が生じるだろ? これが人に接近するときに使えるんだ」、或る女子大生はようやく実感として「すごい……」と言った、僕は「な? 本当に使えるんだって」と応えた。

膝が抜けると、肩が入る、力強くなり、これが美人になる。

次回の「ちゃんとできるよーになりましょーよー教室」は、7月8日(金)および7月9日(土)の両日19時からを予定しています、参加ご希望の方はお手数ですが本サイト経由でテキトーにメールにてご連絡ください、青空教室なので雨天時は延期ですが、今のところ完全無料で開講しています。
どうせ冬になり寒くなると、露天でやっていられないので、ハイペースで開講するのは今だけです、この夏はそういう遊び方をしてみようと決めました、今後ともどうぞよろしく。

そのほか | comments(0) |
第57回Quali's Party無事盛会!

6/20 Quali tweet> 逆にもうおれがキッチリ教えたるわ、という流れ。どうしてこうなった。

joined: ひろみ、かなみ、りお、あきら、まなみ、こりん、まいこ、よーへー、くおり 日時:2016年6月18日(土)19時〜23時
場所:原宿DinningBar CLIMB

おかげさまで今回も無事盛会でした! 次回もよろしく!! 九折

次回(7月16日[土])エントリはこちらから!

宣伝コラム「パーティへの誘い その1」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その2」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その3」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その4」はこちらから!
宣伝コラム「パーティへの誘い その5」はこちらから!

そのほか | comments(0) |
コラムレポート
以下、本サイトのほうにアップロードしました。どうぞよろしく。

No.364 時間は実物だ
No.365 地面と付き合うと何が起こるか
付録 インド旅行記っす(2000年11月1日-12月12日)

現在、「(六日目)怒りの日、夢を見るユニット」を書いていますが、時間が掛かっております。しばらくお待ちください。
つまり今月はおれがあちこち旅行にいって忙しいのでオマエらは指をくわえて待ってろフハハ
どうぞよろしく。

九折
そのほか | comments(0) |
パーティ報告56(2)
年経っても、僕の中で変わらない考え方が一つある。
「事情に屈するの? 本当に」というのがそれだ。
家庭の事情、経済的な事情、体調の事情や、「心理的に……」というのも事情の一つだ。
それらの事情は、誰にだって「ある」し、誰だって「わかる」、わかるが、「それに屈するの? 本当に」ということをいつも考える、屈するかどうかは本人の意志次第だから。

僕は事情を粉砕する。
「よろこびがわからないんです」「そりゃお前ぐらいショボかったらそうだろうな」。
「自分がどう生きているかわからないんです」「そんな人間は一人もおらん、世界中でお前だけだ」。
目を覚ませよ、たとえ足を骨折していたって、谷底から出るというなら「出る」んだろ、そんなこと野生動物がいくらでもやっているじゃないか。

「事情」のほとんどは、ベトナム帰還兵ほどではない。

色んな状況の中、「針のむしろ」ということがよくある、僕は針のむしろでない状況なんかほとんど体験してきていないが、どうせいつか針のほうが折れるからいいのだ、針には針の自負があるんだろ。
目を覚ませよ、ただただ「谷底から出る」ということだけを見てきた骨折者は、十年後に谷底から出ていないと思うのか、「目指す」ってのは身体をひきずっていくってことだ。
そのほか | comments(0) |
<< | 2/7PAGES | >>