☆いい女☆で行こう!

   〜オトコ視点からの、恋愛の知恵ノート。 Copyright 2007 Quali,
「できない」というすばらしいこと2(理法が違う)

しいことを教えられたとき、「で、できね〜」と反応する人はすばらしい。
なぜなら、「理法が違う」ということに気づいているからだ。
「理法が違う」「自分のやっていることと違う」「やり方がそもそも違う」ということに気づいているから、「で、できね〜」となる。
この、「理法が違う」ということに気づいていない人は、「できね〜」ではなく「むつかしいですね」という反応になる、こちらは新しい理法への切り替えが起こらないので、そのままでは何もできるようにはならない(だから損だ)。

たとえば、ゴミ箱にゴミを投げ入れるとき、ゴミ箱が近ければ「かんたん」で、ゴミ箱が遠ければ「むつかしい」だ、これはただの難易度の問題だ。
単に、ゴミを投げ入れるだけなので、「かんたん」でも「むつかしい」でも、理法は同じだ、これまでどおり、「狙って投げる」だけでいいし、それ以外に方法はない。
だが、これまで人に「意識」を向けていたものを、急に「意識を向けず、胴体に流れているものを向けて、相手とつなぐ」なんて言われた日にゃ、それはもうまるっきり理法が違う/ここで、この「新しいこと」に飛び込んで、「で、できね〜」となるのはまったく正しい反応だ。
ここで、まるっきり別の理法が示されているということに気づかず、どことなく楽しそうに、「がんばります」「むつかしいですね」と反応している人は、これまでの自前の理法のままを続けてしまうので、転換が起こらない/それどころか、これまでの自前の理法をけっきょく強化することになり、見当違いのパワーアップをしてしまう、これは合目的的に見て損だ。

「わたしを認めないでください」が最短の入口だ。

僕自身、思えばそのことを第一に繰り返してきたわけだ、「おれが面白くないのに愛想笑いをしないでくれ」「おれのやっていることが視えなければお追従(ついしょう)しないでくれ」「はいはい、それでいい、もっとプレッシャーをかけてください」と/それらのお追従を剥ぎ取ったとき、真実何が届いているのか、それとも何も届いていないのか、そこをさっさと暴き立てないでは時間がムダになってしょうがない、僕はいつも「絶対に視えるようにやるので、視えるまで勝手に動かないでください」と言い立ててきた。
こちらが愛想良くし、人好きする意識を向ければ、向こうも空気を読んでそれに付き合ってくれる、それもひとつの理法ではある、だけど僕がわざわざ教えようとする理法はそれとは異なる、別にどちらの理法が正しいというわけではないが、僕がお追従の理法を「できねー」のと同じで、お追従の側は僕の理法を第一に「できねー」はずだ。

できるオンナだね | comments(0) |
「できない」というすばらしいこと
ークショップの途中、「で、できね〜」「コンタクトできね〜」という人がいた/これはとてもすばらしいことだと思う。
なぜなら、率直に言ってアホちんは、そういうときに「むつかしいですね」と言うからだ。
この、「むつかしいですね」は、たいへんに鬼門であって、これが出てくる人は、基本的に万事が何一つ進まない。
この人にとっては、戦闘機の操縦も「むつかしいですね」だし、エベレスト登頂も「むつかしいですね」、トリプルアクセルも「むつかしいですね」、ダークソウルRTAで一時間を切るのも「むつかしいですね」、般若心経も「むつかしいですね」、ムーンウォークも「むつかしいですね」、ハーバードに入るのも「むつかしいですね」、三船十段の空気投げも「むつかしいですね」だからだ、それで本人の実力はというと、初代スーパーマリオもクリアできないのだが、そうしてすべてが「むつかしいですね、うふふっ」で過ぎてしまうのだ。

こういう「無敵マン」の人はけっこうな割合で存在していて、何が無敵かというと、この人はどんなことでも「誰かが教えてくれれば」、すべて超一流で出来るという前提でいるのだ、これは誇張でも何でもなく、いわゆる幼児的万能感というやつだ。
だからこの人は、たとえば目の前に超一流の板前がいて、その彼がとんでもない味覚の繊細さと、人間離れした静寂の包丁さばきを持っていたとしても、「自分も同じだけ習えば同じようになれる」と思って眺めているのだ、だから「すごい!!」と感嘆しない、ただ本人に包丁を握らせると、リンゴの皮むきにさえモタモタするので、「むつかしいですね、うふふっ」という感じになる/そして、誰もわざわざ習うようなことではないはずのリンゴの皮むきでも、「皮むきの仕方を教えてください」と他人任せモードに移項するのだ、そのとき、やはり根底で「ちゃんと教わればわたしはぜったいにできます!」という怒りのような確信がある。
たとえば、車の運転がヘタな人は、もし運転を上手になろうとするならば、何かを根本的に「変える」必要があるはずだが、無敵マンの人は大前提として自分を何か「完璧」と思っているので、自分の何かを「変える」という発想がない、<<ちゃんと教わればできるはずだ>>と思い込んでいるので、自分を変えることはまったくないまま、やり方を教えてくれる人に丸投げする態度になる、それこそが無敵マンの人にとっては「誠実で一所懸命、努力」という感覚なのだ、これはもうマジの話なので責め立てる気にもなれない。
大変まずい話、「むつかしいですね」が口から出てくる人は、「できる」「できない」でいうと、すでに「できる」側の感覚でいるのだ、だからできないことへのアプローチは構造上一切の不可能になる、まあ幼児的万能感の保持のほうが優先なら致し方ないのだが、合理的に考えると「で、できね〜」のほうが利益的だとおすすめしたい。

「で、できね〜」と言っている人のみ、「何が違うのか?」を見つめる眼差しを持っている。

「むつかしいですね、うふふっ」のパターンの人は、あとは努力すればできるので(と本人は思っているので)、「何が違うのか」を見つめて探す眼差しがないのだ、そりゃそんなもの必要ないのだから、そんな眼差しは出てこないに決まっている、だからこのタイプの人の努力は必ず盲目的になる、盲目的になるので、「やっていることが違う」ということに何十年経っても気づかないままなのだ。
たとえば僕の場合、速い球を投げる人や、サッカーボールを蹴って遠くまで飛ばす人が、どうやっているのか「うぬむむぐ、さっぱりわからん!!」のだ、そして自分でやってみると、「んぬくえおおおあ、さっぱりできん!!」のだ、なーにが違うんだろうなと思って、よくyoutubeを見るのだが、どれだけ解説されても、「わからん!」「できん!」のだった、それでいいのだ、「むつかしいですね」とはまったく思わない、自分ができねーのにむつかしいもヘッタクレもないわ。
できるオンナだね | comments(0) |
手を使うこと、「その手があったか」

そらく、どんなジャンルでもいいから、まっとうなことに、「複雑に手を使う」という作業が、暮らしの中であったほうがいい。
ピアノを弾くことや、タイピングすることでもいい、あるいは編み物であったり、料理や洗い物でもいいかもしれない、「力を使うのではなく、手の複雑な形を使うこと」だ。
どうも、僕の経験上、たとえばバットを振り回したりダンベルを持ち上げたり、腕立て伏せをしたり、重量物を運んだりするだけで、手の複雑作業というと「うーん、スマホのフリック入力ぐらいかなあ」という人は、何かの「相」が悪い気がする、根拠はないので、ただの与太話だが。
僕の経験上、ルール脳の人、あるいは、何かに「触れる」という能力がバカになっている人は、長い間、「手」の複雑な形を使っていない、という印象があるのだ/手先が器用かどうかの問題ではなく、手の「形」が限定されていることに、何か悪い相を感じてならない。

仏像を見ると、その手は投げ出されてはおらず、たいてい何かしらの「印」を結んでいる、その印が何を意味するのかはまったくわからないけれども、とにかく仏像の「手の形」はかなり幽玄に複雑な形をとっているのがわかる。
あくまで仮説というか、与太話だが、どうも僕の直観上、われわれはなるべく単純作業でない複雑な「手作業」「手でものに触れること」で、知らぬまに手がいくつもの「印」を結んでおり、その中で啓かれていく何かがあるんじゃないのかという気がする、もちろんひとつひとつの印なんてわれわれにはわかりっこないので、「たくさん複雑に動かしている奴のほうが格段に有利」というだけでしかないけれども。
僕はいつも、古くから使われている言葉、漢字、熟語などを学門の手かがりとして重要視するが、それこそ「手がかり」というのも手という字を使うし、「手段」「一手」「手ほどき」「手抜き」「手こずる」「打つ手がない」「その手があったか」等、「手」に関わる熟語や慣用句は極端に多いのだ、どうもこのあたり、以前から、「何か、『手』というのは、思っているよりもヤバい器官なのか?」という気がしてならない。
僕には、人の手相を見るというような趣味はないが、手のひらのシワがどうこうというより、「手」そのものの印象として、手が「見えない」とか「くぐもっている」とか「固まっている」「こわばっている」「手そのものがない」とかの印象を受けることはよくある、そして「手」がトラブって見える人はたいてい、ロクな状態にないものだ、たぶん暮らしの中で、フリック入力しか手作業はしませんというのは見えざるレベルで「ヤバい」のだと思う。

あなたの「手」がこれまでに付き合ってきたものを思い出してみよう。

誰だって生活上、小銭に触れながら生きているはずだが、それは手品師がコインに「触れてきた」ということとは、内実が違うだろう、その意味ではあなたの手は何に触れてきたか/逆に考えれば、あなたの手垢が最もついているものは何だ。
僕はこれまでに、千匹以上の犬に触れてきただろうし、トカゲやらカエルやら、もちろん女性にも、そして十代のころは手品師だったし、ずっとゲームコントローラーを握っていたし、指揮棒に触れていた時期もあったし、手巻きタバコを15秒で巻くし、今も僕のデスクのシートは手を乗せる部分で剥げ、チェアの肘当ては両側とも穴が空き、キーボードの刻印は指で擦られて消えかかっているのだが、もし「手」そのものに学習と「印」を結ぶ能力があるのだとしたら、これまで「手」が触れてきた対象と経験の量は膨大な差を生み出すはずだ/ひょっとすると単純に、「手を使い込んできた奴には勝てっこない」という現象があるのかもしれない、だとしたら暮らしの中に手の作業がないのは損だ。

できるオンナだね | comments(0) |
ルール脳と学門脳3

「人間の身体は、力を入れると"止まり"、力が抜けると"動く"ものだ、だから力で動いちゃダメ、『抜けて動く』の」と説明する。
すると、どうしても、「えーっと、抜けて動くんですよね」と確認される、僕は「そうだね」と答えるしかない。
僕は学門の話をしているのだが、どうしてもルール脳の人は、「抜けて動く」というのが「ルール」だと思うのだ、そしてそのルールを守れば何か正しい動き方ができるという発想になってしまう。
もちろん、そんなルールがもしあれば、守ればいいのかもしれないが、別にそんなルールは「ない」ので、ありもしないルールを守ったところで何にもならない、そして困ったことに、そのありもしないルールを守っているつもりの当人は、誰より自分が「がんばっている」つもりになるので、誰よりも興奮するのだ、それで手が付けられなくなってしまう。

テーブルの下に、手のひらを上にして、前腕を入れてみる、そしてテーブルを持ち上げてみる、そして次に、今度は手の甲を上にして、前腕を入れてみる、そしてテーブルを持ち上げてみると、なぜか手の甲を上にしたほうがラクに持ち上がるということがわかる。
このとき、学門脳の人は、実際にやってみて、「えっ!? ホントだ!」ということで驚く、びっくりして「すごい」「なにこれ」という反応をする、これは学門脳特有の「発見」がはたらいているからだ、これまでの思い込みがはがれて新しい発見を得ることによろこびを覚えている。
物を持ち上げるとき、手のひらを上にするほうが、「力が入りやすい」というだけで、強い力が出ているわけではないのだ、腕に力が入ると、「力感」は強く得られるが、それは強い力が出ているということではない、まったく意外な感触だが、手の甲の側へ持ち上げる力のほうが実力としては強いのだ。
このとき、ルール脳の人は、「えっ!? ホントだ!」という驚きがなく、「これって、手の甲の側のほうが強いんですよね」というルールに加工して、そのルールを持ち帰ろうとするのだ、この人は「膝を抜いて動く」というのもルールだと思っているし、全身を「伸ばせばつながる」というのもルールだと思っている、これでは「えっ!? ホントだ!」という驚きの瞬間はいつまでたってもやってこない。

だから、いくら覚えても、自分で説明(説き明かすこと)ができない。

ルール脳の人は、自分がルール脳であるため、他人に対しても「ルールを押しつける」ということしかできない、そしてルール脳は学門脳より格上であるため、どうしても居丈高に、上から目線でモノを言うことになる/「ここに郵便番号を書くの」「二酸化マンガンが触媒なの」「手の甲側のほうが強いの」「とにかく抜けて動くの」「伸ばせばつながるの」というふうに、とにかく押しつけて言うことしかできない。
これはまったく「説き明かす」ということになっていないため、自分自身にも、説き明かしがまったく得られていない状態になる、「とにかくこういうふうにするのが正しいらしい」というルールを自分にもゴリ押しするのだ、それで何かになるのならまだマシなのだが、それは本当に何にもならないので、キツイのだった/この問題は、ルール脳者が「ルールに呪縛されている」ということに気づくことでしか解決しない。

できるオンナだね | comments(0) |
ルール脳と学門脳2

ール脳の人は、「殺人をしたら警察が捕まえにくる」と確信している。
そして、それが「法律だ」と確信している。
しかし正確には、殺人は立件されると「事件」になり、「事件」は「解決」しようと国家(司法)の統治権力がはたらき、その結果警察と検察の捜査権が発動され、逮捕されると刑事裁判になり、判決が下ると「事件解決」になる、というのが法律だが、こう言われるとルール脳の人は「確信」がなくなってしまう。
法律は、学門上、「社会契約をしたとみなされる市民が合意の上で認めたとされる統治制度の権力が法文のとおりに執行・実力行使されること」と捉えてよいと思うが、このことがルール脳の人にとっては「???」なのだ、法律ってそういうものだよという「確信」がまったく得られてこない。

多くの人は、「殺人をしたら警察が捕まえにくる」「刑務所に入れて罪を償わせるために」と思っているが、これは言ってみれば、自分が勝手に自作した「ルール」でしかなく、法律でも何でもない。
実際、刑法に定義されているのは基本的に懲役刑・禁固刑・罰金刑・死刑といった「刑罰」であって、賠償は民法の定義だから、刑務所と「償い」は関係がない。
これは、学門脳の人にとっては脳みそレベルの快感がある話なのだが、ルール脳の人にとっては、逆に脳みそレベルの不快感がある話なのだ、法律という学門が自分のルール脳に反するということが、実はかなり強烈な不快感をもたらす/制度に囚われている人は、制度の背景には遡れないので、制度の背景に学門があるということには強烈な不快感と不可視(見えない)感を覚える。
ルール脳の人は、いわば脳の接続範囲が「制度以上」に限定されているので、「制度」より背後に遡ろうとすると、「キーッ!」という不快感をもよおすのだ、この不快感は脳レベルのものなので非常に耐えがたいものになる/だからルール脳の人は、「なぜ過酸化水素水に二酸化マンガンを加えると酸素が発生しますか」と問われると、ついに「学校でそう習ったから!」と答え、その解答に快感を覚える。

ルール脳は、学門脳より「格上」だ。

ルール脳は、制度「以上」に限定されてはたらくのに対し、学門脳は、制度「以下」にもはたらくので、学門脳のほうに格はなく、ルール脳のほうには格があるということになる、なぜというものではなく、それが「格」というものだ、「格」とは規格や格納といった熟語に表されるように、「その線引きから出ないように区切る」という意味だ。
「殺人をしたら警察が捕まえにくる」という思い込みに対し、「それが法律だ」という人のほうが格が高く、「そういう制度ですな」という人のほうが格がない/単純に考えて、たとえばあなたの母親と僕が対面することを考えたら、そのときはあなたの母親のほうが僕より「格上」の関係になるはずだ、僕のようなルール失格者が誰かの格上になることはまずない、そして脳みそが「キーッ」となる不快感はすべて、格上が格下に理を言われるから「キーッ」となる。

できるオンナだね | comments(0) |
ルール脳と学門脳

便物を送るときには、郵便番号を書き、住所と宛名を書いてポストに入れる。
そのことについては、あなたは「確信」があると思う。
一方で、「過酸化水素水に二酸化マンガンを入れると酸素が発生する」ということについては、「たしかそうだったはず」とは記憶しているが、「確信」はないのじゃないか。
郵便物に郵便番号を書くのは「ルール」で、過酸化水素水に二酸化マンガンを入れたら酸素が出るというのは、「ルール」じゃなくて学門だ/ルール脳で生きている人は、どれだけ学門に触れても、その学門が確信を与えてくれないという状態にある、これは脳の性質を切り替える必要がある。

人の脳は、ルールにだまされるのだ。
「ルール」が、「存在」するものだと思い込まされて、脳みそがルール脳になってしまう。
「過酸化水素水に二酸化マンガンを入れると酸素が発生する」と、記憶はしているのに、なぜか「確信」が持てないのは、「そう解答したら○がついて点数をもらえた」という、学校ルールの記憶が刻まれているからだ。
あなたは、穴埋めの問題として、「過酸化水素水に二酸化マンガンを入れると(  )が発生する」という設問があったとき、そこに「酸素!」と答えることには確信がある、しかし、過酸化水素水から酸素が出るという実際のことについては確信がない/テストで点数がもらえる確信[ルール]はあるのだが、過酸化水素水から酸素がもらえる確信[学門]はないのだ、これは典型的なルール脳の症状で、このままでは学門を身につけることができない。

郵便物に郵便番号を書く確信は、制度であって学門じゃない。

ルール脳の人は、自分が制度に縛られているのに、「制度」のことをよく知らないから、自分が縛られているのがわからないのだ、そして「ルール」がこの世界だと思っているので、過酸化水素水に二酸化マンガンを入れると酸素が出るのも、どこかそういう「ルール」だと思っているのだ、ルールとは関係なくこの世界が存在しているということが根っこのところでわかっていない。
たとえば僕が、「別に二酸化マンガンでなくても、そのへんの砂をブッ込んでも、酸素は出るんじゃない? 過酸化水素水なんだから」と言うと、ルール脳の人にとっては「???」となる、これまでに与えられてきたルールとして、「そのへんの砂をブッ込む」というルールは習ってきていないからだ/しかし当然ながら、本来の学門というのは、「過酸化水素水にそのへんの砂をブッ込んだらどうなるか」ということが理知で推測できるから学門なのだ、それはルールではなく理の知識だ。

できるオンナだね | comments(0) |
池上彰についていけば間違いない

金の余裕がプールされていて、その使い道が特にないなら、池上彰の著作を全部買ってしまえばいい。
今、池上彰氏の知識とその教授が、わかりやすく、正確で、核心を突いており、スリルに満ちている。
なぜ「スリル」に満ちているかは、正しい知識が獲得されていくとわかる、池上氏がどういう境界線でギリギリの中立を保ち、しかし本当には何を企んでいる男なのか、それが見えてくると、本当に見ていてほれぼれする。
池上氏は、本当に頭が良く、賢明で、ウイットに富み、タフで、すさまじい精神力を持ち、かつ熱い男だ、彼は単にわれわれに知識を与えようとしてくれているのではなくて、彼は知性の工作を仕掛けてきている、いわば知性のテロリストというような男だ、このタフガイについていけば基本的に間違いない、あなたは決してバカにはならない。

旧約聖書は、ざっくり言えばモーセが書いたものであり、新約聖書は、キリスト以降の弟子たちが書いたものだ、それぞれ書かれた時期は一五〇〇年以上離れている。
そして、ムハンマドがコーランを預かったことについてもそうだが、中東方面を発端とする宗教は、「奇蹟というものがマジである」ということから始まっている、なんとなく山ごもりしていたムハンマドは、ある日突然、長大な詩文であるコーランを暗唱して帰ってきたのだ、しかしムハンマドは文盲であり、字が読めない男だった、人々は「んなアホな」とびっくりしたことだろう。
人智を超えた事象がマジで目の前に示されるので、「これをどうしよう」「こりゃマジでカミサマがいてはるわ」というところから宗教が始まっている、決して道徳や世間知の集積から宗教が形成されたのではなく、人間のものではないカミサマの言葉を預かってしまう、「なんだこりゃ」に直面して宗教が興っているのだ/そして、こうして興った宗教から、社会が形成されていったのであり、その逆ではないのだ、社会が宗教を生み出したのではない、そして宗教側の本質に触れている立場の人は、人々がこの点を誤解していることについて、「知ったことか、ほっとけ」という考え方なのだ、つまりあなたは誤解したまま放っておかれている。
そしてここにきて、最先端の物理学が、宇宙の成り立ちを解明していくと、どうも物理学の結論が、それぞれの宗教が語っている宇宙の成り立ちと、符合してくるようなのだ、それも含めて「どうやら奇蹟とかカミサマとかいうのは、信仰のモンではなく、マジのモンらしい」と思い知らされる、そういう局面に、今人類のストーリィは来ている、あなたは放っておかれているが/そうした奇蹟と宗教と社会と学門が本質的に「何だったのか」を、総合的に、池上彰はあなたにブチ込もうとしている、しれっと「ジャーナリストです」という顔をしているが、なんとまあ熱い男だと、見ていてほれぼれする。

池上彰があなたの父親でいい。

現在の父親には、ちょっと席を移動していただいてだ、池上彰を私淑し、師父に仰ぐというのは、今もっとも有益でスリリングでバランスがよいと思う、池上彰を指して「この人がわたしの父ですから」というのは、機知に富んで、何もアタマのおかしい話ではない。
池上氏は、本当にスリリングな叡智の活動を、ギリギリのバランスで展開しており、場合によっては本当に暗殺されてもおかしくないような方だ、きっとあの方は、われわれの知らないことを知っている(知ってしまっている)/あなたも人生に一度くらい、「この人の新刊を楽しみにする」という経験を持ったらいい、それはあなたの生きたひとつの時代になるだろう。

できるオンナだね | comments(0) |
今日は「余韻法」をやりま〜す
、今日は東京、19時から雨が降るのか止むのか、本当にビミョーだな。
ううむ、前線は北へ逸れると信じて、とりあえず強行だ、世田谷公園にいこう、どうせ今からでは19時代のスタジオは取れないし、そんなに本格的にやるのも面倒くさい、公園でやりましょ。
小雨なりでも降るかもだから、今回は金魚法だけではなく、余韻法も用意していこう、余韻法は新しいワークだ、まあこれは例によって「で、できね〜」というワークになるが、そうして「できねー」やつほど、実現すべき本質に近くにある(当たり前)。
たとえば手のひらをパンと打ち鳴らすだけでも、フィクションとノンフィクションの分岐点が生まれるのだが、この分岐点で、自分も分離されて並行に機能を続けねばならないのだ、前に言った「魂魄分離論」というやつ、ここが分離並行で機能しないと、一方は「現実〜」に偏り、一方は「空想……」に偏ることになる、この差異は目の前で実演されたら一発でわかる。

思えば、今やっているワーク群は、すべて「分かれ目」にばかり注目していることになる、その分かれ目を「実際に自分でやってみよう!」というやつだ、われながらシンプルでよろしい。
そして、ある意味予想通りのことではあるが、この「分かれ目」を実際にやってみると、多くの人はけっきょく、その分かれ目が「きらい」なのだ、むしろアンチとなって、その「分かれ目」なるものを壊しにかかりたくなるという現象が発生する/この現象については僕は口出ししない、それはワークの問題ではなく人それぞれの選択の問題だからだ。
なぜ「分かれ目」に対するアンチが発生するかというと、いわゆる自己愛があるからだ、人は自分の囚われる「現実」と長年付き合っており、その執着を「わたし」にしている、そして一方で、現実を紛らわす「空想」にも、長年の思い入れを持っている、「分かれ目」の方法はこの両方を同時に消失させてしまうから、いくら正しいにせよ、人々は否定と攻撃に傾くのだ/他人がやっていることについては、その「分かれ目」が正しいと見えるのだが、自分がやるとなると、その「分かれ目」はとってもイヤなのだ、これはむしろワークに取り組む上での大前提といえる。
手のひらをパンと打ち鳴らした直後、ノンフィクション側では「時間が流れ」、フィクション側では「余韻が残る」ことになる、こりゃどちらとも「当たり前」なのだが、この両方に同時につながっていくとき、まったく別のことが起こる/まったく別なことが起こるぶん、これまでにあったいつものこと、つまり「わたし」という吾我が消えてしまう、このことが許しがたいので、多くの人は否定に転じるのだ、それは別に悪い選択ではない(が、僕の指示するワークではない)。

誰でもできるが、「わたし」にはできない。

これは「誰でもできる」ものなので、逆にいうと、あなたがその「誰でもできる」を身につけないといけない、ということになる/「わたし」のやつをやりたい人は、それは「わたし」にしかできないやつなので、「誰にでもできる」のやつではないはずだ、ここを取り違えていると永遠に時間の無駄になってしまう。
これは「誰でもできる」のやつなので、言ってみれば、「みんなのやつ」なのだ、「わたしのやつ」ではなくてね、そして「みんなのやつ」より「わたしのやつ」が好きというか、そちらばかり大事な人は、ワークうんぬんに用事はない/手のひらをパンと鳴らしたとき、「時間が流れる」はみんなのやつだし、「余韻が残る」のもみんなのやつだろう、そこに「どう思うか」「どうイメージするか」などは、「あなたのやつ」だ、この「あなたのやつ」に注目するかぎり僕の話していることは何一つ伝わらないし、また本質的に伝わる必要もない。
できるオンナだね | comments(0) |
やりたいことができている人

「ずっと昔、夢だった、音楽に好きなだけ時間を費やせるということが、いつのまにかできるようになっていた」と、ある人が連絡をくれた。
これは、本当にすばらしいことだと思う。
僕の知るかぎり、自分の「やりたいこと」というのは、環境にかかわらず、「できない」まま終わるのがふつうなのだ。
たとえばあなたが、「絵を描きたい」と言ったとする、そこで即座にアトリエと画材をドカッと用意してあなたに与えたとしよう、するとどうなるかというと、あなたの絵筆はグングン進み、アトリエは夢の場所になる……のではなく、アトリエと画材はずっしりと「負担」になるのだ、アトリエと画材はむしろ、あなたにとって「一番しんどいこと」に変化していく。

あなたは絵筆を持つたびに、なぜかわからないが眠くなり、くらくらして横にならずにはいられなくなるのだ、そしていつしか「絵が描きたい」は「描かなきゃ」になり、自分を鞭打ち、それでも進まず、次第にヒステリックになってゆき、やがて「絵のほうは進んでいるの?」というのはあなたにとっての「タブー」になる。
こういうことは、"典型例"としてあるのだ、たいていこのことは、「カルマでロックされていて、"やらせてもらえない"」というパターンだ/もちろん、だからこそ逆に、絵筆を持ち続ける値打ちがある、なぜか「できなくて倒れちゃう」ということを繰り返して苦しむことになる、その中でようやく自分の償却すべきカルマが見えてくる(これを投げ出すともう未償却のカルマが闇の奥に逃げ込んでしまう)。
たいてい、このカルマロックは、過去に誰かを僻んだとか、尊敬するべき人を尊敬しなかったとか、薄汚い口調で罵ったとか茶化したとかとか、何かを親のせい・家族のせいにしたとか、口先で自分をごまかしたとか、呪いのかたちで施されている、だから自分の「やりたいこと」は、十全に環境を与えられても、「呪われていてできない」ということに気づくのだ。
こうして、自分の「やりたいこと」を目の前にしたときこそ、過去に自分が何を「やらかしてきた」かに直面させられることになる、過去に自分がやらかした何かしらの"インチキ"によって、自分の大切な、自分の一番「やりたいこと」は、やらせてもらえないということに直面する/だから、本当に「やりたいことができている人」というのは、単に幸運でうらやましい人ではなく、どこか清潔で勇敢な人だったのだ。

やりたいことを「させてもらえない」のは、過去にどこかで唾を吐いたからだ。

だから、「よーし、一念発起して……」というのは、通用しない、一念発起したとき、まず正面に立ちはだかるのは、「かつて吐いた唾を掃除しなさい」だ、その吐いた唾はこびりついて深く浸透しているから、自分でやらかしたにせよ、まずはその汚物の掃除を自分でしなくてはならない。
たとえば、過去に異性を罵ったミソジニーやミサンドリーの人は、一念発起しても異性愛に復帰はできないし、かつて学門を茶化した人は、晩年に学門に回帰はさせてもらえないし、ジョークやユーモアを見下した人は、生涯笑いなく過ごさねばならないことになる/自分の「本当にやりたいこと」を急に一念発起したとしても、過去にカルマを積んだ成分が混入している場合、向き合わされるのは「これからやりたいこと」ではなく「これまでにやらかしたこと」なのだ、そして、このカルマに向き合わずやらせてもらえることというと、もう「ルール」に支配されているのみの、将棋やチェスまでを含めた「スポーツ」に限定されることになる、そうしたルール競技に関しては、過去に積み重ねたカルマは関係ない。

できるオンナだね | comments(0) |
自宅でやってみよう! 切る・つなぐ実験!
を閉じて前を見、まっすぐ立ちます。
そのまま、右でも左でもいいので、90度横を向いてみましょう、立ち位置は変えず、その場で軸回転します、わざとらしくせず、ごく当たり前の動作でけっこうです、このとき勢いをつけたりせず、ごくフツーに90度横を向いてください、棒人形がただ横を向く感じです。
この動作を何度か繰り返しながら、なぜかこの動作にも、よくわからない「引っかかり」、ギクシャクする「抵抗」が発生することを発見してください(難しい感覚なので、わからなければ気にしなくてけっこうです)。
また、こんな動作をするだけでも、あなたの顔面が何か真剣で、「すごく考えている」「思いつめている」という感じに変化することに気づいてください/あなたはこんな動作をするだけでも、冷蔵庫を開けるときよりよっぽど大真面目な顔になってしまいます。

次に、まったく同じ動作をするのですが、同じ動作をする前に、まず首を回して、左右のことをよく見てください、何なら後ろの方も見てください、この無関係に思える作業が、実は関係あります。
左右や後ろを見たあと、再び前向きになり、同じ90度横を向くという動作をします、ただしこのとき、視界を広く取って、左右や後ろ、なるべく360度全体に感覚をむけるようにしてください/そして、360度全体に感覚を「向けたまま」、同じ動作で90度横を向きます、自分の動作はほったらかしでいいので、全体に向けている感覚のほうを重視してください。
すると、驚いたことですが、先程より動作に「引っかかり」がなく回れることに気づかれると思います、この「引っかかりの消失」はきわめて重要な現象です、感覚が四方に広がるほど、回転には引っかかりがなくなります(勢いをつけないでください、感覚が消えます)。
これは何が起こっているかというと、実はわれわれは、ただまっすぐ立って前を見ているだけで、その「前方の光景」に執着するのです、実はなめらかに身体が動かないのではなく、「今見ているもの(前方)」から自分を「切れない」のですね、だから動作するときに引っかかりが生じる/つまり、極論すれば、横を向くということに「合意していない」ままなのですね、合意しないまま横に向けるので動作が「力ずく」になります、この馬鹿げたことで心身に負担が掛かって人は粗野になりますから、まず前方の光景に呪縛されないということを体得しましょう、何の理由もなしにわれわれは、今見ている前方の光景に執着して呪縛されます。

新しいものに向き合う、脳が遅いのです。

身体の動作を速くする必要はありません、身体の動作を速くしようとすると、つい力で加速度を稼ごうとしてしまいます、そういうことではなく、90度横を向いたときに新しく目の前に生じる光景、これに向き合う脳みそを速くしてください。
横を向いたときに新しく目の前に生じる光景とバッとつながるためには、先程まで見ていた光景とバッと切れることが必要です、この「つながる」「切れる」の脳みそが、訓練なしではものすごく遅いのです、訓練しないと色んなものに執着で引っ付いたまま、何をするにも「引っかかり」、ギクシャク、「抵抗」があるという状態になります/これは身をもって脳みそを洗練するという訓練ですから、どこにいてもやれますし、何についても同じ訓練ができます(ただし観念的にならず、胴体がバッと新しい方向へつながるということを重視してください)。
できるオンナだね | comments(0) |
やさしさと、その入口のむつかしさ2
の知り合いに、ファッションモデルの女性がいるが、彼女はとてもうつくしい上にやさしい人なので、街に出るとたいていおばちゃんに狙われてナンパされ、いつもあれこれオゴられて帰ってきている。
「やさしい」というのは徳性だが、この徳性があるとないとでは、生きる世界はそれぐらい変わるわけだ、それがこのブログや本サイトで僕が話していることの元々の原点であって、本筋は何も変わっていない。
「やさしい」というのは、キモチや善意の問題ではなく、胴体の具体的な問題だ、そしてその胴体はカルマに縛られていて、このカルマの償却に向かおうとするとき、「言葉」が償却の方向であり、「呪い」が安全装置なのだということまでわかってきた。
安全装置をオンにしたままでは、機構は動くはずがないが、かといって安易に安全装置を取り外すと、その人は楔(くさび)を失い、「偏り」のほうへスーッと吸い込まれていく/たとえばこれまで「我慢」を続けてきた人は、その偏り、「吾我驕慢」のほうへスーッと吸い込まれていく(もともと「我慢」とはそういう意味だ)、安全装置がなければあっさりそんなものだ(自己神格化に吸い込まれる人もあるし、「オバケ」に吸い込まれていく人もある)。

だから、たとえばいわゆる「いい人」というのは、「やさしい人間であろう」というキモチを呪とし、自分をそこにピン留めしてあるような状態だ、だからこのピンを外すとまったく別のところに吸い込まれていってしまう。
すべてのピン留めをぶっこぬいた上で、「笑顔」のところにビターッと重なり、「わっはっは」となっている人と、「笑顔」のところにピン留めして、「うふふっ」となっている人は、まったく別モノなのだ、同じ「笑顔」のところにいるのだが、前者は自由の中にあり、後者は呪縛の中にいる。
カルマの償却というのは、己の学門と行いの蓄積によって、そもそもの土台の「傾き」を消去することだ、傾きが消去されていくと、たとえば目の前に裸の女を置かれても、そちらへスーッと吸い寄せられることがなくなる(傾きがないのだから)、これはピン留めで呪縛されてそちらへ吸い寄せられない、ということとは性質が違う。
そして、「やさしい」というのは、その「土台」(身)を、しっかり触れさせてつないでくれるのではあるのに、「こちらがどれだけ傾いても、この方は傾かないでいてくれるわ、不思議」という状態だ/そして本質的に呪いに与しない人は、この「やさしい人」と接触したとき、決まって「負けたわ」という感動を覚える、一方で本質的に呪いの側に与している人は、まず自分も「やさしい人」と同列にいるのだと満悦し、その幻想が引き剥がされそうになると、なんとかして相手の土台を傾けられないかな? という発想へ爆発的に転じる、以降は自動的にその隙を窺って牙を研ぐようになる。

呪いの人は、すべてが「グサッ!」中を生きている/すべてが「ピン留め」だから。

同じ言語を用いても、それが「グサッ!」という性質を持つとき、それは呪なのだ、「グサッ!」は血に届いている、そしてひずみが起こるたび、ピン留めによって動かずには済むが、そのピン留め部分には痛みが起こっている、その痛みによって僻みが蓄積していく、これが「血と僻み」という安全装置の代償だ、そして全身が「血と僻み」に染まっている人は、言語であれ眼差しであれ、表情であれ振る舞いであれ、人に向けて「グサッ!」しかできなくなる、だからその人は、どうしたって「やさしい」ということにはなれない。
なかなかタチの悪いことだろう? 誰も「グサッ!」なんかしたくないのだ、しかし「偏りがある」ということは「ピン留めするしかない」ということであって、ピン留めするということは「グサッ!」とやるしかないということなのだ/ここまでタチが悪いと、逆にいっそリアリティがある、われわれを支配している仕組みは、これぐらいタチが悪いのがいかにも妥当という感じじゃないか。
できるオンナだね | comments(0) |
やさしさと、その入口のむつかしさ

ういえば先日、完全な赤の他人に、「えっ、何これ、えっ? 何これ、やさしい、超やさしい」と言われた。
「何これ、すっごい居心地いい、何これ、えっ、えっ!?」と、声を上げて驚きっぱなしで、まあ、たまにそうして、その部分の感覚だけ異様に鋭敏な女性がいる、その点は、さすが女性だなあと感心する。
そのようにして、イッパツでわかってもらえると、話が早くていい、そして平和だ、僕はそれ以上のことは何も望んでいない。
「えっ、何これ、何かそういう、プロの方なんですか?」とまで言われて、詰め寄られたので、まあしゃあない、テキトーにそういう能力のセンセーというか、うんたらかんたらのやつですよ、と言ってごまかしておいた。

その方は、ここしばらく、連続で「ちょっとキツい人」にばかり会っていたらしく、そのぶん、「何これ、やさしい」というのが、浮き立って分かったそうな。
平和で、よろしいねえ……彼女は、「もっと楽しんで生きればいいのに、ねえ?」と言っていた。
彼女は、感覚が鋭敏だったので、次々に全身に起こる現象にびっくりして、色んなことを慌てて話していた、その後用事があったのでお互いさっさと離席せねばならなかったが、ぜひこーゆーことが基本の世界であってほしいものだ(願望)。
どこのどなただか、お互い名前も知らないけれど、彼女は去り際、「いい思い出ができちゃった、ありがとう」と言い残していった。

自分が「やさしくない」と認めるのが、まずとてもむつかしい。

誰だって、たいてい善意的に生きているし、特に女性の多くは、自分がやさしい人間でありますようにと、願って生きているものだ、それを「幻想でーす」といって引き剥がすのはとても心苦しい。
でも、一歩踏み込んで、ここをマジにして生きようとするなら、しょーがないのだ、やさしいつもりの笑顔と気配の男性たち・女性たち、残念ながらあなたが「やさしい」というのは幻想です、人当たりがいいのと「やさしい」というのは違うもの、「人当たりがよい」というのは知人を作る能力でしかないから/本当に「やさしい」が実現されたら、赤の他人に三秒で「えっ、えっ!?」と驚かれるよ、でもこんな切実なことに、全員がガチで向き合わねばならない義務があるわけじゃない。

できるオンナだね | comments(0) |
0%の努力
いことに気づいた、僕にはそもそも「不満」がない。
不満がないということは、満足しているということなのだが、100%の「満足」というのは、特別な力を持つのだ。
よく、「満足してしまったら終わり」などと言われるけれども、僕は逆だと思う、「満足してようやく始まり」だ。
「満足してしまったら終わり」と捉えている人は、「不満」という感情と焦燥をエネルギーにして努力しているだろう、僕にはそれは不純な努力に思える、悪いことではないが、努力に不純物が混じるので、得られる結果が変わってくる。

前に、「自由で、かっこよくて、××××」という話をしたけれど、そのワイルドカードには「満足で」を入れればいいな。
不満をバネにして努力している場合は、努力が満足方向に固定されざるをえないので、自由を失う、そして「不満だから頑張っています」というのは根本的にかっこよくない。
僕は常々、努力がニガテだと公言し、生まれてこのかた努力したことがないと嘯(うそぶ)いてきたが、それはマジであって、不満のあてがいに努力させられるという時間の無駄がニガテなのだ、遊ぶこと以外にエネルギーを割きたくない。
うーん、つまり、不満を充足させるのに努力するというやつはアホだ、不満を持っているという時点でアホだ、不満なんか持つ人は極左団体にでも入っちまえよ。

100%の天才と、0%の努力。

つまり僕は、努力で動くと即死する体質で、天才で動くとやれやれでありのびのびなのだ、最近このことの足を引っ張る奴が多すぎるぞ、努力の傷痕を押し付けてくることは法令で禁じられています。
「血の滲むような努力」というけれど、誰も彼も血にばかり反応しすぎだ、ほんとカルマにしか反応しねーんだから/ただし「0%の努力と、100%の天才」は、100%の「満足」の上でのみ成立します。
できるオンナだね | comments(0) |
「出来る」ようになるには2
「出来ない」ということに、強いストレスやコンプレックスを感じる人がけっこういる。
初めは誰だって「出来ない」もので、「出来ない」からこそ努力するのだが、もうこの時点で、ストレスとコンプレックスに殺されている人がいる、この人は残念ながら、金輪際どうにもならない。
なぜなら、この時点でトンチンカンなストレスとコンプレックスを感じている人は、まず自分が「出来ない」ということを根本的に認めないし、「出来る」人を「出来る」とも認めないので、もう初めから錯乱状態なのだ。
この、わけのわからないストレスやコンプレックスがなく、素直に「出来る」という定義に直進できるものなら、誰だって何かを本当に「出来る」ようになる、ただその「直進」が本当に出来る人こそ、実はとても少ないみたいだ。

おそらく、努力を始める以前に、何か「セルフイメージ」みたいなものがあって、この人はこの「セルフイメージ」の内部で努力するので、いつまでたっても「出来る」ようにはならない。
なぜ「出来る」ようにならないかというと、努力前の「セルフイメージ」から、努力後の「セルフイメージ」が変わるわけではないからだ、セルフイメージは変化しない、だから根本的に変化しない/しかも傍目から見たら奇妙なことに、「根本的に変化しないようなやり方で努力をする」のだ、いわばわざわざ「出来ない自分を保存する」ような努力の仕方をすることになる。
それこそ、サルトルが言うように「地獄とは他人のことだ」と感じ、他人の視線を自己への侵犯と感じている人は、侵犯されないように自分自身の「セルフイメージ」を強固に持っているだろう、この強固なセルフイメージが変化しない以上、どう努力しても自己変革は起きない、ひたすら「セルフイメージのディフェンダー」としての自分を続けるしかなくなる。
こうした、「出来ないコンプレックス」の人にとっては、「出来ない」ということはまずダメージになるのだ、だから何を努力するにしても、練習のたびにダメージを負うことになる、するとそのダメージを癒すのはまた「セルフイメージ」の確認だ、出来ないダメージとセルフイメージの恢復、「出来る」ようにならない人はたいていこの循環を繰り返している。

「出来ない」人は、ただいま攻撃を受けて防御中だ。

攻撃を受けているというのは、妄想なのだが、妄想というのは当人が信じているかぎりはどうしようもない/この妄想に陥るともう、「出来る」ということはまったく目的ではなくなり、ただ「攻撃されている状態を抜け出す」ということが目的になってしまう、これではもう何をしているのかわけがわからないテンヤワンヤだ。
「出来る」ようになるためには、まずこの「セルフイメージと被害妄想の合戦ごっこ」を終了させなくてはならない、といって、終了させられるものなら誰だって即座に終了させているだろう、いつか本人が気づくときがくるのか、もしくはそのときはいつまでもこないのかもしれなかった。
できるオンナだね | comments(0) |
「出来る」ようになるには

前、「ちゃんと出来るようになりましょーよー教室」というのをやっていたが……(また再開するかもしれない、お楽しみに)。
何事につけ、本当に「出来る」ようになる人と、いつまでたっても「出来る」ようにはならない人がいる、この差はどこから生まれているのだろうか。
僕の知るかぎり、この差は、そもそも「出来る」ということの定義があるかないか、によって生じている。
「出来る」ようになる人は、「出来る」ということの定義を前提にしてやっているのだ、一方「出来る」ようにならない人は、そもそも「出来る」という定義がなくて、「出来るようになれたらいいなあ」という漠然としたキモチだけで努力している。

「出来る」ということには、無限の段階があるが、基本的に「出来る」というのは、「いつでも」「百発百中」をもって「出来る」という。
こう考えればわかりやすい、たとえば英語の発音で「th」というのは舌を噛んで発音するが、舌を噛んで発音するだけなら誰でも「出来る」。
が、それは舌を噛んで発音するということを意識していればそのときだけ「出来る」ということであって、日常の英会話や英語の歌詞の中では忘れ去られている、それでは「th」の発音が「出来た」とは言わないほうがいい/おじいちゃんが手習いでスマホにフリック入力したからといって、以降「フリック入力が出来ます」ということにはならないように、意識して出来たものを「出来る」とは言わない。
たとえば「膝を抜いて動く」というような技術があったとして、それをエクササイズの中で一応それっぽく出来たとしよう、しかしそれをもって「出来た」ということはないのだ、「出来る」というのは「いつでも」「百発百中」を前提とするので、「いつのまにか、膝を抜いて動くのが当たり前になって、膝を蹴って動くということがなくなったな」というところまで到達してようやく「出来る」だ/それでもなお、技術というのは奥が深いものなので、それが「出来る」の入口でしかないのだ、そこからさらに「本当に厳密に出来ているか」ということを点検すると、いくらでもアラがあるのだった。

「出来る」ようにならない人は、そもそも「出来る」という定義がキライだ。

「出来る」というのはどういうことかを定義すると、その定義は当然ながら厳しいものになるので、一部の人はその定義そのものに向き合うことがキライだ/「出来る」ようにならない人は、実は「出来る」の定義に向き合っているのではなく、内心で自分なりの「努力」という定義に向き合っている、彼らの目的は「出来るようになる」ことではなく「努力している」という自意識を得ることだったりして、この定義違いの混在はしばしばトラブルと不毛をもたらす。
色んな要素があるが、実はスッキリ単純化できて、「出来る」という定義と向き合いたがらない人は、単純に「実はもっと別の優先順位を内心に抱えている」のだ、たとえば「充足したい」とか「仲間という感じを味わいたい」とか「ダサいと思われたくない」とか「他人と一緒でありたい」とかだ、だから表面上はやっていることが同じに見えても、やっている内実はまったく別のことだったりする/ほとんどの人は「出来る」という定義に向き合う前に、何か「感情的」になってその定義を避けようとする、もちろんそんなちゃぶ台返しをしても何の利益もないのだが、実際そんな意味不明を本当にするものだ。

できるオンナだね | comments(0) |
「突破力」は、「異性を愛する度」に比例する2
足と浮き足の使い方にも二種類あって……
僕が想像するに、ヒップホップやジャズダンスの達者な人というのは、異性にキャーキャー言われながら、実はモテるかというとそうでもなく、そもそもリーダーシップを取ることが苦手で、だから「仲良くはいちおうなるんスけど、そこから先が……」という人が意外に多いのではないかと思う。
それはなぜかというと、いわゆるヒップホップやジャズのダンスステップにおける軸足の使い方は、武道やクラシックバレエやボールルームダンスの軸足の使い方と異なるからだ/使い方が異なるというか、動く方向が実際に逆だ。
武道やクラシックバレエやボールルームダンスにおいては、軸足が「リーダー」になり浮き足がフォロワーになるのだが、ヒップホップやジャズにおいては、軸足は浮き足の「パートナー」になるのだ、前者は浮き足が軸足の同方向へ牽引されるのに対し、後者は浮き足と軸足が鏡像で動く/だからそちらのヒップホップやジャズダンスが達者な人は、リーダーシップが苦手でパートナーシップを得意にしていると思う、これはコジツケではなくて、人間の得手・不得手の感覚というのは身体を根源として形成されるのだ。

なぜヒップホップ・ジャズのステップにおいては、軸足と浮き足がパートナーシップを形成するかというと、ヒップホップやジャズのダンスにおいては、ダンスステージにおける「進行方向」がないからだ/「進行方向」がないからリーダーシップが根本的に要らない。
比べると、武道における歩法は敵との間合いという進行方向があり、バレエも舞台上を明らかに「移動」するし、ボールルームもフロア内を「移動」するものだ、こうして「移動」「進行方向」がある歩法には軸足による浮き足へのリーダーシップが生まれる。
……というか、この話、「なるほど!!」と思っている人は一人もいないんじゃないかな!! こんな話、誰がわかるねんとは思うが、まあしょうがないだろう、僕はなるべく何にも迎合せず、今このときの僕が「マジだぜ」と追究していることだけを書くのだった。
とはいえ、さすがに何の訳にも立たない話を続けるわけにもいかないので、「軟派がないと突破はないですよ」ということだけスパッと申し上げておこう、堅気は「継続」「踏破」は得意だが「障壁突破」は不可能だ、軟派がないかぎり軸足は動かない/もちろん軟派ってナンパ行為のこと言っているんじゃないからね、ただの気質のことだよ。

男女平等と男尊女卑は、平行概念であって対概念ではない。

先輩と後輩や、教師と生徒、大人と子供や、店と客もそうだ、これらは主従関係でありながら、同時に平等関係でもありうる、両方の関係は平行に成り立ちうる/うーむやっぱり、こんな話じゃ誰の役にも立たねえよ。
つまり、武術的歩法とポップコーンステップの両方ができたら、男尊女卑とか平等とかで揉めることはないのだった、だからさっさと「進行方向を持つ軟派軸足」と「進行方向を持たない軟派軸足」の両方を獲得しよう(無理っス)。
できるオンナだね | comments(1) |
「突破力」は、「異性を愛する度」に比例する

ても奇妙なことを考えている。
人の「突破力」は、「異性を愛する度」に比例するのではないか、という仮説を考えている。
たとえば僕の場合、僕は女の子ちゃんが大好きなのだが、いくら女の子ちゃんを愛したとしても、僕自身が女の子ちゃんになるわけではないのだ。
とっても愛しているのに、その愛しているものに自分が「ならない」というのはどういうことなのだろう。

このように仮説を考えている/たとえば僕の場合、僕が男性であるということは「軸足」だ、逆に僕にとって女の子ちゃんの存在は、軸足でないほうの足、言うなれば「浮き足」のほうになるだろう。
そして、誰でも片足立ちになってみればわかるが、力ずくのジャンプやダンス的な動きをしないかぎり、軸足というのは体重が乗って「動かない」ものなのだ。
そこでダンスステップなどでは、ポップコーンやスポンジボブに典型的に見られるように、「浮き足のアクションに連動して、軸足もアクションが可能なのでは?」という発想に目を付けている、ふつうは動くはずのない軸足が「動く」から、それは通常の歩行や移動と異なる「ダンス」のステップになる。
軸足に体重を乗せて、軸足をジッと見つめている場合、軸足は決して「動くはずがない」、だから変化もできないし、その硬直は突破されない、軸足が「動く」可能性があるのは、浮き足を愛している者だけだ/浮き足と一緒に遊びたい軸足だけが、軸足のまま動くことを可能にする。

ダンスは堅気ではありえない。

堅気(カタギ)というのは、そのまま「気が堅い」という意味だから、堅気においては軸足はピーンと突っ張ったまま(気が堅い)、ダンスが生じることはありえない、そこに「軟派」が生じないかぎり軸足が動いてダンスが生じることはありえない。
本来は動くはずがない軸足が動くためには、浮き足を愛して付き合いたがる「軟派」が必要なのだ、これまで僕がわけのわからん突破を繰り返し、いくらでも「まったく別の男」になってきたのは、かわいい女の子ちゃんを愛して付き合いたかったからなのだ/別に何かを突破しようと努力してきたわけではまったくなくて、ただ障壁を突破する力は異性を愛する度合いに比例するようだった。

できるオンナだね | comments(0) |
やりとげられないあなたへ2
りとげられない人は、自分に「根性が足りない」と思っている。
その発想しかないものだ、しかし、本当に自然に何でもやりとげる人をじっくり観察すると、そういう人は別に「根性!」という感じでもないというのがわかる。
何が違うかというと、じっくり観察してみればわかる、これは盲点なのだが、本当に自然に何でもやりとげる人は、実は「やさしい」のだ、<<やさしいからやりとげられる>>というのが、実は正しい見方になる。
「やさしい」と言ってもいいし、「やわらかい」と言ってもいい、脳みその態度自体が硬くなくてやわらかいのだ、そうして人にやわらかく当たれるということが「やさしい」ということだ、この「やさしい人」だけが実は「やりとげる」ことができる。

「根性!」でやりとげる人は、途中まではごまかせるけれど、途中で必ず頓挫してしまう、それは根本的に方法が間違っているからだ。
「根性!」でやりとげる人は、よくよく見ると、本当にやりとげているのではない、「やりとげない根性なしの自分を批判する」という痛みで、強制的に自分に「やりとげさせている」だけだ/その方法の本質は「批判」でしかない。
根性なしの自分を批判して、石を投げて、強制的にやりとげさせているだけだ、しかしこのやり方は、やがて投げつける石が大きく硬くなってゆき、いつかは痛みとして限界を迎える、もう本能的に意識が濁って、「根性!」という方法もできなくなるのだ。
やさしいからやりとげられる」ということ、この正しい見方をもって、もう一度自分は誰を尊敬するべきか、誰から学ぶべきか、また本当はどういうところを学ばねばならないのかを、見つめ直すことだ、これはいつだって最後のチャンスで、このチャンスを放棄したとき、われわれは老化の坂を転がり落ちていく。

やりとげる人はおだやかでやさしく、やりとげない人はふきげんだ。

だからこそ、本当に強くなるということは、とても厳しいことだ/人にとって、ふきげんになるということは「ギブアップ」のサインなのだ、ふきげんなまま物事をやりとげられるようには、われわれの脳みそは造られていない。
やさしい人だけがやりとげられて、やさしくない人はやりとげることが一切できなくなっていく、このことでやがてこころが歪んでいくと、今度はやさしい人(やりとげられる人)を批判して、その足を引っ張ることをやり始める、そこまで行いを黒くしてしまった人は、もうほとんどは戻ってこられない。
できるオンナだね | comments(0) |
やりとげられないあなたへ
「やりとげる」という能力は、「批判する」という能力に比例する。
だから、ふだんから批判量の多い人は、何かをやりとげるという能力が急降下していく。
100批判した人は、己が101を為せないと、それを「やりとげる」ということが成り立たない、途中でどうしても投げ出してしまう仕組みだ。
100批判した人が、101を為せることなんてまずなくて、せいぜい為せるのは7〜8ぐらいだ、だから到底「なしとげる」ということはできない。

自分のする批判量が、5とか6とかなら、自分の実力の7〜8ぐらいで、何かをやりとげることができる。
だがふつう、批判がちな人は、内心であれ実際に言うのであれ、100以上の批判を平気でしているものだ。
畑の土になぞらえていうと、「やりとげる」人の土はふかふかで生産用の土なのに、「批判する」人の土はカチカチで投石用の岩場なのだ。
脳みそがそういう状態になっているので、急にふわふわで滋養たっぷりの生産用の脳みそにはなれない、脳みそが「がんばろう」とその土に触れると、その硬さからどうしても「投石」を始めてしまうのだ。

その人にとって「がんばる」ということは、「石を投げつける」ということに変わってしまった。

そういう人は、自分に向けて「よーしがんばろう」と励ましてみても、脳みそが岩場と化しているので、自分に「がんばろう」という石を投げてしまうのだ、これはダメージになるので、どうしてもそんなことを続けることはできない、不可能になる。
やりとげられないあなたが、やりとげられるあなたになろうと本当に思うなら、投石をやめて脳みその岩場が耕地になるまで待たねばならないが、その間はとてもつらい地獄だ、批判して生きてきた人が批判をやめるというのは生き地獄になるのだ、なかなか切り替えられるものじゃない。
できるオンナだね | comments(0) |
エロめの彼女の、夏ペーペーのskirt!
だってバカじゃないので、状況があるのはわかっている。
だが状況は常に正しくはない。
だから僕は、正しいことを取り下げない、たとえ僕一人だけ孤立しても、僕は正しいことを取り下げないだろう。
それは僕が、正義の徒だからではない、僕が生き抜いていくためだ、迎合させられた上に殺されるのはカンベンなのだ。

生まれながらのエロい奴、かわいい奴っているもんだろ、そのエロい奴に、エロいのをよこせって言ってんの。
それは、僕がエロのバケモノだからじゃない、あなたがエロのバケモノになってしまわないためにだ、エロがやがて平和でなくなることを、僕はたいへん厭(いと)っている/エロかわいいは存分に遊ばせないとやがて毒の香水になる。
何をどうこうしろってことじゃない、僕があなたに、エロかわいいからエロをよこせと言いつけている、あなたはただそれを受けて、受けるだけでいい、何をする必要もない/僕がスカートをめくるのを、あなたはかわしてよくて、重要なのは僕があなたのスカートをめくりにかかり、あなたがそれをよろこんでかわすということだ。
あなたはスケベに口説かれるのです、僕はスケベに口説くのです、そこに何も起こらなくていい、あなたが口説かれることが重要で、僕がフラれることが重要だ、それが出会ったっていうことだから/あなたのエロかわいいが不穏な毒になる前に、潮風や太陽に当ててやることが重要です、あなたのエロかわいいは、食いものにされるためにあるのでは決してないから。

ありったけのエロをよこせ、それを重視しないことを約束してやるから。

キケンなことは、エロかわいいをよく遊ばせないうちに、一部の勢力からそのエロかわいいを「重視」されてしまうことなのだ、それを「重視」するのは男だけじゃない、あなたの母親や、苦しみ始めた年増もそうだ/あなたが魅せる夏ペーペーのskirtの前で、そこに「夏」を見ず「エロ」を見るようになったら、もう「重視」が始まってしまったのだ、そんな連中から利益を得るより、僕に向けて大損をしてくれ。
こんな言い分に、何の賛同も得られないことぐらい、僕だってわかっている、この「状況」だ、しかし僕は正しいことが含まれているこのやり方を、けっきょく取り下げないだろう/あなたがまともで僕がバカなのだが、僕がバカでなくなったとき、すべての明るい道は閉ざされるだろう、さあ僕は言ったぞ(聞こえただろう)、ありったけのエロをよこせ。
できるオンナだね | comments(1) |
<< | 2/31PAGES | >>